2019年11月27日 更新

ビジネスで「面白い」を作り出す!今すぐできる5つの方法

ビジネスの場で、何か今までにない「面白い」ことを作り出すというミッションを受けることがあります。そもそも、「面白い」とは、いったいどうやって作り出すものなのでしょうか。 岩下智著『「面白い!」のつくり方』 より、面白い表現をするための考え方をご紹介します。

gettyimages (49957)

2019.11.27

日々の生活はすべて表現である

ここでいう「表現」とは、何もクリエイターだけが行うものではありません。クリエイターではない人でも、実は普段から創造的な表現活動をしているのです。
002ページより引用
著者は、筑波大学藝術専門学群視覚伝達デザイン専攻を卒業後、電通に入社。その後は、アートディレクターとして、グラフィック広告、TVCM、Webサイト、プロダクトデザインなどのさまざまな仕事に携わってきました。国内海外の広告賞を、多数受賞した実績も持っています。
本著は、数々のプロジェクトを成功させてきた電通アートディレクターである著者が、面白いということは何なのかを考え、一見すると捉えどころのない面白さのつくり方を深掘りした一冊です。
何かと、「面白い表現」などという言い方をすることがあります。
表現というとアーティスティックな印象があり、一般的な生活をしている人にとっては、少し縁遠い印象を受けます。
しかし、表現は芸術に携わるクリエイターだけのものではありません。たとえばSNSで撮った写真をシェアするといったことも、一つの表現活動に値するでしょう。
毎朝、何を着ようか、晩御飯のメニューを何にしようかといったことにも、何らかの自己表現があり、私たちが無意識に行っている一つ一つが小さな表現活動であるといえそうです。
ここに、少し面白さをプラスすることができたら、もっと毎日が楽しくなりそうです。
gettyimages (49963)

面白い表現の基本はコミュニケーション

広告表現においては特に、「コミュニケーション」が重要なカギになります。ここでいうコミュニケーションとは、いわゆる人と人との間で行われるコミュニケーション(=意思の疎通)と、基本的には一緒です。
016ページより引用
自分がどんなに面白いと思ったとしても、どういう表現が人に面白いと思ってもらえるかということは悩みどころです。
著者は、とにかくたくさんの経験を積むことが一番であるとシンプルに語っています。
たとえば、SNSでも、どういうものがいいねと言われやすいのか、シェアされやすいのかということを知るためには、やはりたくさん投稿してみることも大事であるといえるでしょう。
他人の評価に振り回されるのではなく、何らかの理由があるかを冷静にコツコツと分析する。時間がかかるようですが、必要不可欠なステップであることが理解できます。
伝えるためには、自分本位ではなく、見る人の気持ちをとことん考えることも大事でしょう。表現とは、見る人がいるからこそ成り立つもので、基本はコミュニケーションであるといいます。
広告の世界でも、コミュニケーションが重要なカギになると語っている著者。人とモノの間にある関係性をデザインするという考え方が、デザインの真髄であるのだとか。
それは、どんな仕事にも共通する概念であるといえそうです。
gettyimages (49969)

25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

新時代の起業アイデア発想法|起業前に知りたい成功のコツ

新時代の起業アイデア発想法|起業前に知りたい成功のコツ

モノが溢れて変化が早い時代において、常に新しい起業アイデアを創出していく必要があります。生まれ持った才能やセンスに頼らない方法は、どこかにあるものなのでしょうか。村田茂雄著『起業アイデア3.0』 より、新しいビジネスの発想法をご紹介します。
インド人大富豪が教えるビリオネア思考「ジュガール」7つの概念とは?

インド人大富豪が教えるビリオネア思考「ジュガール」7つの概念とは?

時代の変化に応じて、急速なグローバル化に対応しなくてはならなかったり、上司や部下との折り合いがどうにもつけられなかったり。さまざまな壁にぶつかったとき、現代を生きる私たちは、どんな気構えを持って乗り越えていけばいいのでしょうか。 サチン・チョードリー著『大富豪インド人のビリオネア思考』 より、古来からインドに伝わるジュガールという考え方をご紹介します。
なぜ勤務時間外メールで生産性が低下するのか

なぜ勤務時間外メールで生産性が低下するのか

働き方改革が進められるも勤務時間外メールへの対応を迫られる人はまだ多く、健康被害に至るケースも見られます。勤務時間外メールには「つながらない権利」の侵害や生産性低下という問題があります。メールで疲弊しないために、適切な仕事メールの扱い方を確認しましょう。
なぜ、世界のビジネスエリートは「禅(Zen)」に知的な関心を寄せるのか?

なぜ、世界のビジネスエリートは「禅(Zen)」に知的な関心を寄せるのか?

「禅」に強い関心を持つ世界のビジネスリーダーは少なくありません。世界中で多くの人が座禅を組み瞑想をしています。なぜなのでしょうか? 鈴木大拙という優れた紹介者の存在、60年代のヒッピー、昨今のマインドフルネスの隆盛などがからみあっています。
内向的な人だからできる深くて熱い「スタンフォード流人脈術」

内向的な人だからできる深くて熱い「スタンフォード流人脈術」

招待された決婚式に行くのが億劫、一人で部屋にいる方が好き…。そんな内向的な人は、無理をして外交的になって、人嫌いを直さなくてはいけないのでしょうか 竹下隆一郎著『内向的な人のためのスタンフォード流ピンポイント人脈術』 より、内向的だからこそ作っていける深い人脈づくりについてご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ナカセコ エミコ ナカセコ エミコ