2019年8月30日 更新

【書評】ビジネススキルはスポーツと同じ、日々練習することで鍛えることができる

本書は前作『たった一人で勝つ方法 稼げるフリーランスの仕事術~仕事編・メンタル編~』の続編であり、人間関係に特化したものである。

gettyimages (44028)

本書は前作『たった一人で勝つ方法 稼げるフリーランスの仕事術~仕事編・メンタル編~』の続編であり、人間関係に特化したものである。

著者は営業マン、営業コンサルタントとして約20年以上の経験があるそうだが、そのうち7年もの間は、ダメ営業マンだったという。しかし、8年目にして突然トップセールスマンになったそうだ。なぜ突然トップになれたのか。その秘訣についてまとめられている。

会社員と違いフリーランスになるには、自分で仕事をとってくる営業が重要である。相手の困っていること、また面倒だと思っているような悩みを理解し、解決する方法を提示できるかが、鍵なのだ。そのため常日頃からどのような人が、どのような悩みを持っているのかを知ることが大切だ。

さらに、仕事をする上で第一印象を良くすることも大切だ。初対面の人を短時間で見抜く人事担当者も「見た目」で採用を決めているという企業は非常に多い。評者も仕事で定期的に面接官を行っているが、その際も同じく「見た目」で判断している。

それはもちろん、顔の作りやスタイルがいいかということではなく「見た目」でその人が誠実な人なのか、または、いい加減な人なのか、仕事ができる人かなど、その人の「見た目」や雰囲気にすべてが表れているということだ。それほど印象は大事なのだ。

しかし、中には面接で不採用になったことが納得できず「あんな短い時間で何がわかるのか」「不採用の理由を教えろ」とクレーム電話をしてくる人が度々いるが、ある意味そういうことをしそうな人ということが、事前にわかったから不採用にしたのだ。それは、判断が間違っていなかったという証明にもなった。

また、ビジネスにおいては「雑談力」も不可欠なスキルだという。特に会社の名前や後ろ楯のないフリーランスは、初めて仕事をする相手から警戒心を持たれやすいため、雑談が緊張感を緩和させることになる。

さらに、相手が興味を持っていることや相手にメリットがある情報を提供し、いい距離感でコミュニケーションがとれれば「雑談から仕事が生まれる」こともあると著者はいう。

著者自身は理系出身で、意外にもコミュニケーション能力が低いそうだ。人前に出て話したり、懇親会などで知らない人と雑談するのも緊張するという。仕事のできる人や営業、コンサルタントの仕事を選ぶ人は、ある意味コミュニケーション能力に長けている人がほとんどだと思っていたが、苦手意識を持っているとは非常に驚いた。

本書では著者の経験から成功例や失敗談、うまくいく人、いかない人の具体例が書かれているため、とてもわかりやすい。また、ビジネススキルはスポーツなどと同じように、日々練習することで鍛えることができるという。そのため本書を読むことで、誰でも今からスキルアップすることが可能なのだ。

HIU公式書評ブログ

堀江貴文イノベーション大学校(通称HIU)公式の書評ブログです。様々なHIUメンバーの書評を毎日更新中。 http://bookrev.horiemon.com
3 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

20代がビジネス書を読んでいる!キーワードは「多様性」〈読者が選ぶビジネス書グランプリ2020授賞式〉

20代がビジネス書を読んでいる!キーワードは「多様性」〈読者が選ぶビジネス書グランプリ2020授賞式〉

読者が選ぶビジネス書グランプリ2020の授賞式がさる2020年2月18日に行われました。2020年に読まれたビジネス書はどんなものだったのか? 受賞作を見て、今年のビジネスパーソンの意識のあり方を探ってみたいと思います。キーワードは「多様性の理解」です。
究極の2択で思考を磨く実験とは|あなたは多数派?少数派?

究極の2択で思考を磨く実験とは|あなたは多数派?少数派?

ビジネスの場だけではなく日々の生活においても、人は何らかの選択を迫られているものです。それは、明らかな正解と不正解が提示されているとは限りません。どちらの選択肢も選び難いというシチュエーションであることもしばしばです。しかし、人まかせにしないで、何かを決断していかなくては前に進んでいくことはできません。 北村良子著『究極の思考実験』 より、究極の2択を自分で考えて答えを導き出すための思考実験をご紹介します。
インド人大富豪が教えるビリオネア思考「ジュガール」7つの概念とは?

インド人大富豪が教えるビリオネア思考「ジュガール」7つの概念とは?

時代の変化に応じて、急速なグローバル化に対応しなくてはならなかったり、上司や部下との折り合いがどうにもつけられなかったり。さまざまな壁にぶつかったとき、現代を生きる私たちは、どんな気構えを持って乗り越えていけばいいのでしょうか。 サチン・チョードリー著『大富豪インド人のビリオネア思考』 より、古来からインドに伝わるジュガールという考え方をご紹介します。
内向的な人だからできる深くて熱い「スタンフォード流人脈術」

内向的な人だからできる深くて熱い「スタンフォード流人脈術」

招待された決婚式に行くのが億劫、一人で部屋にいる方が好き…。そんな内向的な人は、無理をして外交的になって、人嫌いを直さなくてはいけないのでしょうか 竹下隆一郎著『内向的な人のためのスタンフォード流ピンポイント人脈術』 より、内向的だからこそ作っていける深い人脈づくりについてご紹介します。
幸せな生き方をする億万長者の習慣とは?成功の秘密にせまる

幸せな生き方をする億万長者の習慣とは?成功の秘密にせまる

億万長者というと、自分とは関係がないような気がしてしまいます。さらに、幸せとは言い難い人生を送っている印象が強いものです。しかし、世の中には、知名度は高くなくても、幸せな生き方をしている億万長者もいるようです。 岡崎太郎著『億万長者のすごい習慣』 より、上品で素敵な人生を送る億万長者の習慣をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部