2019年9月12日 更新

リーダーシップを勘違いしている上司によくある特徴6つ

リーダーシップとは「部下のお手本になるべき」「先頭に立って皆を引っ張る存在」などと思っている上司は多いです。間違いではないものの、本来のリーダーシップとは一体?ちょっと残念な上司のエピソードを交え、部下があこがれるリーダーシップ像について考えていきます。

gettyimages (46585)

2019.9.12
「上司たるもの、リーダーシップがあって当然!」と勘違いしている上司、まわりにいませんか?
本当のリーダーシップとは一体何なのか。
今回は、リーダーシップを勘違いしている上司に見られる特徴をふまえ、リーダーシップについて考えていきます。

少し強引で皆を引っ張っていく上司、人材育成はできている?

gettyimages (46588)


昭和の時代によく見られた、力で押してガンガン走っていくタイプの上司。熱血漢であり、時には実績アップにつながる場面もあるでしょう。しかし、やり方が一辺倒なのも気になるところ。

さらに、前を見て進んでいくのはいいけれど、その後ろの社員たちの動きに目が行き届いていないことも多々あります。チーム全体での実績は上がったとしても、自分でなかなかうまく消化しきれず、ひとり取り残されてしまう部下の気持ちや行動に寄り添えないケースも少なくありません。
一昔前まではこの方法でなんとかカバーできていたケースもあったでしょうが、これからの時代、チーム全体に目を配れる力がリーダーに欠かせないスキルのひとつです。

リーダーは管理する仕事?机上の空論になっていない?

gettyimages (46604)


元々現場出身ではない上司によくあるのが、現場には顔を出さず、机の前でばかり仕事をしている姿。「忙しいから」「時間がないから」などと理由をつけては、現場へ足を運ぶ回数・時間が減っていきます。

こういう上司は、「現場での仕事は自分の仕事ではない」と勘違いしている場合が少なくありません。上司だからこそ、現場の仕事内容を実際に見聞きし、現実を把握する必要があります。

机の前で数字だけを見ていては、机上の空論になりかねません。

上司としての風格を見せるつもりがただの不機嫌に

gettyimages (46605)


「威厳のある態度を」と思って風格を見せているつもりの上司。実際のところ、偉そうで「ただの不機嫌な人」に見えているなんてこと、よくあります。また、一匹狼のようにマイロードを歩き、それがリーダーシップのように勘違いしていることも。

不機嫌そうに威張っていても、「かっこいい」と思われることはあまりないでしょう。リーダーシップについて今一度、再考すべきときかもしれません。

体裁ばかりで現実が見えていない。理想だけでは具現化できない

Paper Business Achievement - Free photo on Pixabay (46606)

25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

社員のためのAI人事。勘頼みにしない採用と育成

社員のためのAI人事。勘頼みにしない採用と育成

マーケティングや自動運転といったイメージの強いAIですが、人事に活用しようという動きも見られます。採用の効率化だけでなく、社員一人ひとりのスキルや知識から業務とのマッチングも提案可能。人事へのAI導入で、社員をより大切にできるかもしれません。
働き方改革の知られざるブラックボックス

働き方改革の知られざるブラックボックス

働き方改革の目指すすがたに、共感するひとは多いでしょう。「ライフワークバランスの実現」「多様な働き方の実現」「副業・兼業の促進」など、公私充実で私のポテンシャルが引き出され、モチベーションも上げてくれそうです。しかし、現実はどうなのでしょうか。
誤解してない?改めてダイバーシティの本質について考える

誤解してない?改めてダイバーシティの本質について考える

近年、政府が推進する「働き方改革」に関連してよく耳にする「ダイバーシティ」という言葉。あまりにも耳慣れた単語ゆえ、まるですべて知っているかのような気分になっていませんか?今回は、改めて「ダイバーシティ」の本質について考えていきます。
理想の上司像の特徴は3つ|男女で求められるリーダー像は違う?

理想の上司像の特徴は3つ|男女で求められるリーダー像は違う?

この記事をご覧の皆さんの中には、理想の上司像の特徴は、男女で求められるリーダー像は違うのか、という疑問を抱いている人もいると思います。 そこで、今回の記事では、世の中の理想の上司像はどういうものか、男女で求められるリーダー像は違うのか、について説明します。
働き方改革の成功事例にはワクワクがある

働き方改革の成功事例にはワクワクがある

働き方改革関連法が施行されて、はや半年。あなたの会社ではどんな改革が進んでいますか?「ノー残業」や「有給取得の強化」が一般的な最初の取り組みですが、この記事では大胆な改革をおこなった企業を紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

湊音 湊音