2018年12月18日 更新

忙しい人向け。注目すべき2019年の経済ポイント

年末になると多くの雑誌や新聞紙面を来年度の経済見通しで賑わってきます。本日は、忙しい人向けに最低限でも気にしてほしい2019年度にポイントとなるであろう経済指標をご紹介します。

gettyimages (27056)

2018.12.18

FRBによる利上げ回数をチェックしよう

gettyimages (27060)

2019年の一番の注目は、米国経済の減速が起こるのか起こらないのか。これを手っ取り早く確認するには、米連邦公開市場委員会(FOMC)にて決定される政策金利、フェデラルファンド金利(FF金利)の誘導目標が引き上がれるのか、そして、どこまで引き上がれるのかに注目しましょう。
まずは、FOMCの開催日程を現地時間で確認しましょう。
2019年(※ パウエルFRB議長の記者会見が予定されていますのでコメントに注意)
1月29日~ 1月30日
3月19日~ 3月20日※
4月30日~ 5月 1日
6月18日~ 6月19日※
7月30日~ 7月31日
9月17日~ 9月18日※
10月29日~10月30日
12月10日~12月11日※
さて、ある調査機関の予想によると2019年利上げ回数の中央予想値は2回、2020年利上げ回数の中央予想値は1回となっており、エコノミスト予想のFF金利の中央値は2019末時点が2.89%、20年半ばが2.93%、20年末が2.9%。21年末には2.82%になっています。現時点の2.00%〜2.25%から緩やかな上昇に収まることを予想されています。この予想内でFF金利が収まれば景気に配慮した経済運営ということいえます。一方で、経済に対する自信がないことを示してもいることから、市場がどちらに反応するのかに注目が集まります。
また、このような政策金利を見たあとに、せっかくなので3カ月金利と米国の10年金利のイールドカーブを確認してみてはいかがでしょうか。もし、年に8回開催される時にこのイールドカーブを確認して3カ月金利>10年金利のように3カ月金利の方が高ければ逆イールドと言われる状態になります。これは、景気後退を示唆している可能性が高まることから市場では警戒感が高まることでしょう。
このようにまずは世界のGDPのうち約24%程度を占める米国経済から目を離さないようにしましょう。

英国下院でブレグジットの合意はなされるのか

gettyimages (27063)

ブレグジットに対してはこの1つの言葉に注目してください。
「合意なき離脱」
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

日本人ノーベル賞受賞者が出た「電池」次世代電池の研究開発最前線は?

日本人ノーベル賞受賞者が出た「電池」次世代電池の研究開発最前線は?

11月11日は「電池の日」。10月9日、「リチウムイオン電池」開発の功績で吉野彰博士がノーベル化学賞を受賞しました。「全樹脂電池」「リチウム空気電池」「全固体電池」など次世代電池の開発競争もますます盛んで、最前線では日本人科学者も活躍しています。
経済 |
プチプラの次は?フォーエバー21の破綻に見るファッション業界の行方

プチプラの次は?フォーエバー21の破綻に見るファッション業界の行方

断捨離した後の服の行方を考えたことがありますか。経済的な成長の裏にはほとんど犠牲が伴い、堅調な成長を見せるファストファッション市場もその一例です。しかし今、利益追求を優先しすぎたファストファッション業者のモラルと、消費者の良識が問われる時期がきたようです。
経済 |
欧州経済の「日本化」が進んでいる?今後最も避けたい3つの恐怖

欧州経済の「日本化」が進んでいる?今後最も避けたい3つの恐怖

9月12日に欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が発表した総合的な金融緩和策では、欧州の低成長と低インフレの長期化を阻止するのに不十分であると市場の評価は冷ややかです。いかなる金融政策を講じても経済回復に至らない「低成長」「低インフレ」「デフレスパイラル」という日本化が本当に欧州圏で進んでいるのでしょうか。
今年の秋は10月からスタートする米国企業の業績発表に注目

今年の秋は10月からスタートする米国企業の業績発表に注目

最近では、トランプ大統領の中央銀行への圧力や世界的に広がる貿易戦争などのトピックスに対して反応が鈍くなっているように感じます。一方で、景気の弱さと企業業績の不透明感が徐々に台頭していることについてはニュースとしてあまり取り上げられてないので知られていません。
ウェルネスブームが世界中で止まらない!4兆ドルの経済効果と背景

ウェルネスブームが世界中で止まらない!4兆ドルの経済効果と背景

マインドフルネスをはじめとした、ウェルネス(健康を維持、増進させようとする生活活動)に興味を持つ人が増えつつあります。ウェルネスツーリズム、アプリなど新たな商品が出回り、今やウェルネス産業の市場規模は4.2兆ドル以上。このブームの実態や背景、昨今のトレンドについて解説します。
経済 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

渋谷 豊 渋谷 豊