2018年12月18日 更新

忙しい人向け。注目すべき2019年の経済ポイント

年末になると多くの雑誌や新聞紙面を来年度の経済見通しで賑わってきます。本日は、忙しい人向けに最低限でも気にしてほしい2019年度にポイントとなるであろう経済指標をご紹介します。

gettyimages (27056)

2018.12.18

FRBによる利上げ回数をチェックしよう

gettyimages (27060)

2019年の一番の注目は、米国経済の減速が起こるのか起こらないのか。これを手っ取り早く確認するには、米連邦公開市場委員会(FOMC)にて決定される政策金利、フェデラルファンド金利(FF金利)の誘導目標が引き上がれるのか、そして、どこまで引き上がれるのかに注目しましょう。
まずは、FOMCの開催日程を現地時間で確認しましょう。
2019年(※ パウエルFRB議長の記者会見が予定されていますのでコメントに注意)
1月29日~ 1月30日
3月19日~ 3月20日※
4月30日~ 5月 1日
6月18日~ 6月19日※
7月30日~ 7月31日
9月17日~ 9月18日※
10月29日~10月30日
12月10日~12月11日※
さて、ある調査機関の予想によると2019年利上げ回数の中央予想値は2回、2020年利上げ回数の中央予想値は1回となっており、エコノミスト予想のFF金利の中央値は2019末時点が2.89%、20年半ばが2.93%、20年末が2.9%。21年末には2.82%になっています。現時点の2.00%〜2.25%から緩やかな上昇に収まることを予想されています。この予想内でFF金利が収まれば景気に配慮した経済運営ということいえます。一方で、経済に対する自信がないことを示してもいることから、市場がどちらに反応するのかに注目が集まります。
また、このような政策金利を見たあとに、せっかくなので3カ月金利と米国の10年金利のイールドカーブを確認してみてはいかがでしょうか。もし、年に8回開催される時にこのイールドカーブを確認して3カ月金利>10年金利のように3カ月金利の方が高ければ逆イールドと言われる状態になります。これは、景気後退を示唆している可能性が高まることから市場では警戒感が高まることでしょう。
このようにまずは世界のGDPのうち約24%程度を占める米国経済から目を離さないようにしましょう。

英国下院でブレグジットの合意はなされるのか

gettyimages (27063)

ブレグジットに対してはこの1つの言葉に注目してください。
「合意なき離脱」
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

世界経済の大きな流れを俯瞰する(後編)

世界経済の大きな流れを俯瞰する(後編)

さらに世界経済の先行きを不透明にしているのは、米国が金融引き締め路線の修正を明確にしたということです。2019年に入ってFRBは利上げの停止と保有資産縮小の計画見直しを表明し、利上げに関しては早ければ2019年のうちに終了するかもしれません。FRBは十分な緩和余地をつくるため、政策金利の3.5%までの引き上げを目指していましたが、足元では2.25~2.50%にとどまっています。
成功したIT起業家の親子関係(ザッカーバーク・孫正義・堀江貴文)

成功したIT起業家の親子関係(ザッカーバーク・孫正義・堀江貴文)

親になったら、子どもにたくさん愛情を注いで才能を開花させたい。すべての親がそう思うでしょうが、現実にはそう上手くはいきません。「毒親離れ」「育てなおし」など、まず自分の生い立ちの穴埋めが必要な場合も。天才的なIT起業家達の親子関係はどうだったのか調べてみました。
アマゾン社ニューヨーク進出断念 地元民・政治家の反対理由は?

アマゾン社ニューヨーク進出断念 地元民・政治家の反対理由は?

なぜ、米アマゾン社は第2本社にニューヨークを選び、そして、3カ月後その計画を撤回することになったのか。資本主義の象徴、米アマゾン対ニューヨーク労働者階級層の戦いは、アメリカの政治、経済、社会問題、それぞれの現状の縮図として全米で注目の的となりました。
経済 |
世界経済の大きな流れを俯瞰する(前編)

世界経済の大きな流れを俯瞰する(前編)

私が当初から考えていたメインのシナリオは、米国の景気が2019年から大幅に減速し、2020年には後退にまで至る結果として、世界経済は1年程度の同時不況に陥るというものです。ですから、次の世界的な景気後退ではリーマン・ショックのような危機は起こらないだろうと、メディアの取材や講演などで再三にわたって申し上げてきました。
モチベーションを上げる行動経済学 すぐ実践できる3つの方法

モチベーションを上げる行動経済学 すぐ実践できる3つの方法

仕事や勉強をしなければならないのにモチベーションが上がらないという経験は誰でもあるはずです。モチベーションが上がれば、仕事もスムーズにこなせ、夢への目標にも近づけるのではないでしょうか。今回は行動経済学の観点から、モチベーションの効果的な上げ方を考えます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

渋谷 豊 渋谷 豊