2019年4月26日 更新

ロボットAIと人間が一体化する「自在化身体」で未来はどうなる?

「人間拡張工学」という分野で研究されている「自在化身体」は、装置を装着すれば人間の能力を拡張して「超人」になれる技術です。それは未来の産業、ビジネスをどう変えるのでしょうか? 人間と技術の進歩との関係には、光の部分もあれば闇の部分もあります。

2019.4.26

人間拡張工学が生み出す「自在化身体」とは

いま、ロボットやAI(人工知能)の分野は研究が急速に進んでいて、介護ロボットや手術ロボット、AIを利用した自動運転や自動翻訳など、さまざまな形で実用化されています。そんな研究の一分野として「人間拡張工学(Human Augmentation)」というテーマがあります。
人間拡張工学とは、人間の能力の拡張(Augmentation)を目指す工学技術で、それを利用して拡張された能力を実装した人間の身体を、「自在化身体(Jizai Body)」と名付けたのは、東京大学先端科学研究センターの稲見昌彦教授です。稲見教授は国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)の「自在化身体プロジェクト」で研究総括を務めています。
能力を拡張するとは、わかりやすく言えばそのへんにいる普通の人が、陸上の100メートル走をジャマイカのウサイン・ボルト選手の世界記録9秒58よりも速く走れるようになれるようなことです。ちなみに稲見教授は一般社団法人「超人スポーツ協会」の共同代表も務めていて、2020年の東京五輪に合わせて「超人オリンピック」のようなスポーツイベントを開催することも考えています。

人間がロボットやAIを着る「自在化身体」

gettyimages (37217)

能力の拡張としてはその他に、世界的な名ピアニストでも難しいとされている曲を自分の指でたやすく弾けるようになるとか、数キロ先を歩いている人の顔を識別できるとか、イヌ並みの嗅覚を持てるとか、そんなことも考えられています。
まさにそれは「人間の能力を超えた人間」つまり「超人」になるということですが、ロボットやAI、バーチャルリアリティ(VR)、人間工学に基づいたウエアラブル技術、情報通信などのテクノロジーを結集させ、統合させることで、それを可能にしようとしているのが人間拡張工学です。SFの世界の話のようですが、人間拡張工学はいま、世界各国の大学や研究機関で研究が進められています。
人間の能力を拡張する自在化身体は、単体のロボットやサイボーグとは異なります。ロボットは動く時、原則としてロボット自身が動きを制御しますが、自在化身体は人間の脳が制御します。SFのサイボーグは人間の骨格や筋肉などの器官を機械に入れ替えてしまいますが、自在化身体は原則として人間の身体には手を加えません。
人間は、ロボットやAIなどを搭載した「装置」を“着る”ことで自在化身体を手に入れます。そうやって「超人」になっても、服を脱ぐように「装置」を外したら、「普通の人」の生活に戻ることができます。

「自在化身体」は産業、ビジネスを変える?

gettyimages (37220)

23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

アウトプットで試されるリベラルアーツ力|企業が期待する教養

アウトプットで試されるリベラルアーツ力|企業が期待する教養

クリティカル・シンキングの力や国際性が重視されるビジネス環境となった今、リベラル・アーツ研修や講習に参加する社会人が増えています。リベラル・アーツの知識を深めることも大切ですがその知識をアウトプットする力が重要です。
タスク管理が必要な理由とは?業務を効率化するメリットと方法

タスク管理が必要な理由とは?業務を効率化するメリットと方法

業務を効率化できるタスク管理。その名前は知っているけれども、実践の方法がわからないという方は少なくないかと思います。そこで今回はタスク管理のメリットと、その方法を説明します。業務を効率化すれば、プライベートを充実させることもできるでしょう。
ビジネスでプロジェクトを成功させるには「生産的な対立」が必須

ビジネスでプロジェクトを成功させるには「生産的な対立」が必須

ビジネスにおいて「対立」が避けられないことはよくある話です。しかし、同僚や上司との「討論」は生産性を高めるには必須であると語るのは「手ごわい問題は、対話で解決する」の著者であり、数々の紛争を分析してきたアダム・カヘン氏です。カヘン氏の主張を交え「生産的な討論」について考えます。
マルチタスクができなくても仕事の処理能力は上げられる!3つの方法

マルチタスクができなくても仕事の処理能力は上げられる!3つの方法

仕事は効率良く行うためには、短時間に複数の仕事を進めるマルチタスクができればよいのでしょうか。実はそのようなマルチタスクは逆に仕事の効率を下げることが知られています。 そこでマルチタスクに頼らない仕事の処理能力を上げる方法を説明します。
カレンダー形式でToDo管理できるツール「Asana」が優秀!

カレンダー形式でToDo管理できるツール「Asana」が優秀!

一日二日では終わらない仕事。たとえば、原稿を締め切りまでに仕上げるといった中長期の仕事を管理するツールで思い浮かぶのは、カレンダーという人が多いのではないでしょうか。 今回は、タスク管理ツールでは珍しい、カレンダー表示機能のタスク管理ツール「Asana(アサナ)」をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部