2019年11月19日 更新

世間一般の考えに同調しない「逆張り思考」で人生が変わる理由

どれだけ一生懸命働いても、節約に励んでいても思うような生活を実現できないと思うことはありませんか。人は無意識に、世間一般の考えに同調し生活をしています。節約もそのひとつですが、今回は投資、しかも“逆張り思考”をおすすめする理由を説明します。

gettyimages (24585)

2018.11.6(2019.11.19更新)

世間一般の考えは本当に正しいのか?株式相場に例えると

gettyimages (24555)

世の中は人の考えや行動で動いています。それが正しいのかどうかは自分たちで判断できませんし、コントロールもできません。流行り廃りがあるのも、大勢の考えが波のように移り変わることが原因であるとも考えられます。

これはまるで、株価の上下動に似ています。株価は常に変動し、上下動を繰り返しています。そして上昇の流れに乗って売買するのを順張り、逆に下落を利用して売買することを株式用語で「逆張り」と呼びます。株価が上昇している時に株式を買えば、さらなる上昇で利益を得ることができます。これが順張りです。
ただし上昇はいつか下落に転じますし、順張りは時に高値掴みをすることがあります。そこで株価上昇時に“逆張り”で売りポジションを作り、下落に備えることも必要です。人生も同様に、世間の流れに逆らう“逆張り思考”をすることで、一歩先を歩むことができます。

景気の良さが実感できないデフレ経済

gettyimages (24554)

日経平均株価は2019年11月に2万3000円を超える高値を記録しました。しかし景気のよさを実感できない人も多いと思います。これは日本でデフレが長く続いているためです。デフレとは物価が下落することですが、その結果給料が下がり消費を抑えるためにさらに物価が下がるスパイラルが続きます。
このような状況でモノを売るためには、コスト削減が不可欠です。しかしコスト削減で対応できないとなれば偽装や不正なども発生しやすくなります。 このような経済状況から抜け出すためには、デフレ脱却が必要です。しかし消費者としては同じ商品で価格が違う店舗があれば、どうしても安い方を買うことになるでしょう。では、そこをあえて高い価格で買う“逆張り”をすると考えるとどうでしょう。

逆張り思考で生まれるもの

gettyimages (24567)

同じ商品をわざわざ高く買う意味がわからない、そんな声も聞こえてきそうです。もちろん、そう思うのが普通ですし間違ってはいません。しかし、あえてここは高く購入するためにはどうすればよいのか考えてみましょう。
あえて余計なお金を払うのですから、それなりの価値があるお店を選ぶことが必要です。では、わざわざ高いお金を払う価値のあるお店とはどのようなものでしょうか。
高値で販売するお店は何かしらの価値を提供していると考えるのが自然です。例えば有料会員限定の商品やセール、ポイント優待などの仕組みを持っていて一般会員が割高になるのかもしれませんし、安い手数料で宅配サービスをしているのかもしれません。あるいは品質のよいものを揃えて、安心感を与えている場合もありますし、余裕のある店員のサービスが良い場合もあります。さらに安売りをすることでどんな弊害があるのかがわかるかもしれません。
毎回苦労して安売りをしている店の情報を集めるより、1つのお店の有料会員になればもっと得だ、という事実に行き当たるかもしれません。「高く売っている店を利用してみよう」という逆張り発想の結果、単に安売りのお店を探しているよりも物事を観察する力、洞察力が鍛えられるようになります。
22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

大人の常識ープラスチックの海洋汚染、無関心ではいられない!

大人の常識ープラスチックの海洋汚染、無関心ではいられない!

最近、エコバッグを持って買い物に行く人がとても多くなりました。それでも、プラスチックゴミは増え続け、海洋汚染はますます深刻な問題となっています。環境問題の1つとして、もはや他人事ではない状況になっているプラスチックゴミについて考えます。
相手に良い印象を与える方法とは?今すぐ見た目を変えるテクニック

相手に良い印象を与える方法とは?今すぐ見た目を変えるテクニック

ビジネスをしていくうえで、性別を問わず見た目は大事であるといえるでしょう。若々しさを無理に取り繕うのではなく、年齢にあわせたいい印象をうまく作り出したいものです。 山口遊子著『見た目はすぐに変えられる』 より、いますぐできる見た目をいい印象に変える方法をご紹介します。
ハイテクを活用する「スマート介護」とその「資格」が、介護の人手不足を解消させる?

ハイテクを活用する「スマート介護」とその「資格」が、介護の人手不足を解消させる?

介護業界の人手不足は深刻ですが、それを解決する突破口として期待されるのがロボットや情報通信技術で介護職員の身体的、精神的負担を軽減する「スマート介護」です。導入するだけでなく、その専門資格を設けることでも、人手不足の緩和につながりそうです。
「いつかは住みたい」トロントでの生活費

「いつかは住みたい」トロントでの生活費

カナダの南部、アメリカとの国境付近に位置するトロント。カナダでは最も人口が多く、金融の中心として発展してきました。市制が敷かれたのは19世紀に入ってからですが、それ以降、移民の移住も多く、今ではコスモポリタンの街と言われています。そんなトロントの生活についてお伝えします。
企画・常設・巡回展・・・「基礎用語」を知って美術展をより身近に、自由に!

企画・常設・巡回展・・・「基礎用語」を知って美術展をより身近に、自由に!

草花が日に日に色づき、頃は春。春の展覧会開幕シーズンです。 ・・・と明るく始めたいところですが、今年に限っては、“陽気に誘われて外出”もままならなくなってしまいましたね。こんな機を利用して、今回は春以降開催予定の美術展情報を例に、美術展情報の「基本用語」見直してみましょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座

ファイナンシャルアカデミー公式SNS