2017年10月4日 更新

豊かな緑に覆われた世界自然遺産の島、屋久島

いつか行きたい憧れの離島。実際に旅した人のリアルレポートを紹介します。時間とお金が節約できるかもしれない(?)耳より情報に出会えるかも!! ふらっとりっぷ〜離島編〜vol.3

 (4596)

2019.9.13
島全体の90%が森林で覆われた、豊かな自然を誇る屋久島。推定樹齢7200年を誇る縄文杉をはじめとしてスケールの大きい風景が人々を魅了しています。日本全国の島旅をリポートするシリーズ第2回は、豊かな緑に覆われた世界自然遺産の島、屋久島を紹介します。

屋久島といえば、縄文杉トレッキング

屋久島へ行くには、鹿児島であれば飛行機か高速船、フェリーで。伊丹空港、福岡空港からの直行便もあります。

屋久島の楽しみ方はいろいろですが、はずせないのが縄文杉トレッキング。往復約22キロという長い道程ですが、富士山登山と並んで一生に一度は挑戦してみたいトレッキングといえるでしょう。

トレッキングは、通常朝6時ごろ出発します。トレッキングに行った4月初旬だと真っ暗です。

起床は朝4時。4時半にホテルに迎えに来てもらい、バスで登山口に移動。登山口に到着してすぐ、ホテルで作ってもらったお弁当(1つ目)を食べ、出発です。
 (4589)

登山口から最初の8.5キロは、トロッコ道
1カ月に35日雨が降ると言われる屋久島。ガイドさんいわく、なかでもこのトロッコ道付近は雨が振りやすい一帯とのことで、傘を差してひたすら線路の上を歩きます。
 (4590)

トロッコ道を抜けると、雨も上がり陽が差してきました。木々の間から光が差し込み、緑がキラキラと光ります
縄文杉トレッキングの登山道は一本道。1日かかるコースなので、この時間帯にすれ違う人はいません。
 (4592)

みんなで隊列を組んで無心で歩いていきます
進むに連れて、樹齢の大きな屋久杉が現れるように。オトナ3〜4人でも囲めないぐらいの太さですが、それでも全然大きくないほうなんだそう。
 (4593)

縄文杉トレッキングのみどころのひとつ、ウィルソン株
大きな大きな切り株の中に入り、空を見上げるとこんなハートが出現!
自然の神秘です。
ちなみに、ウィルソンとは、この切り株の調査に訪れた、アメリカの植物学者の名前なんだとか。
ここまでくれば、縄文杉まではあと約1時間10分!
山頂が近づくに連れ、地面に雪が。すべりやすいのでトレッキングシューズは必須です。登山リュックや登山用の杖、レインコート、山岳ライトなどはすべて予約しておけばレンタル可能なので、しっかりした装備で行くことをおすすめします。
35 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

島そのものが聖地。神々が宿る神秘の離島、久高島

島そのものが聖地。神々が宿る神秘の離島、久高島

いつか行きたい憧れの離島。実際に旅した人のリアルレポートを紹介します。時間とお金が節約できるかもしれない(?)耳より情報に出会えるかも!! ふらっとりっぷ〜離島編〜vol.6
『夏』のすべてがここにある?  夜の江ノ島散策記

『夏』のすべてがここにある? 夜の江ノ島散策記

いつか行きたい憧れの離島。実際に旅した人のリアルレポートを紹介します。時間とお金が節約できるかもしれない(?)耳より情報に出会えるかも!! ふらっとりっぷ〜離島編〜vol.2
大自然に囲まれた北の離島、利尻島・礼文島

大自然に囲まれた北の離島、利尻島・礼文島

いつか行きたい憧れの離島。実際に旅した人のリアルレポートを紹介します。時間とお金が節約できるかもしれない(?)耳より情報に出会えるかも!! ふらっとりっぷ〜離島編〜vol.1
那覇空港から15分でいけるお手軽リゾート、瀬長島

那覇空港から15分でいけるお手軽リゾート、瀬長島

いつか行きたい憧れの離島。実際に旅した人のリアルレポートを紹介します。時間とお金が節約できるかもしれない(?)耳より情報に出会えるかも!! ふらっとりっぷ〜離島編〜vol.5
密林に癒やされるマレーシアの離島ランカウイ島へ

密林に癒やされるマレーシアの離島ランカウイ島へ

熱帯気候に属し、国土の約60%〜65%がジャングルというマレーシア。そんなマレーシアの離島、ランカウイ島にSTAGEの編集が行ってきました。人生にはリセットが必要ですよね。ふらっとりっぷ〜離島編〜vol.4〜

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部