2019年4月23日 更新

スマホメモで仕事と人生が変わる!思考のメモ習慣のすすめ

「メモを取る」という行動が、何かと注目されている昨今です。しかし、実際のところ、紙のノートやメモを常に持ち歩くとのはなかなか大変なことです。 須藤亮著『スマホメモ|仕事と人生の質を上げるすごいメモ術 』より、いつも手元にあるスマホを使った新時代のメモ術をご紹介します。

とはいえ、いつもメモすることを忘れずに何かを探している状況は、なんとなく気が休まらないような印象を受けます。しかし、スマホメモは、「いつでもどこでも気づきをメモるだけでいい」「しかも〝ゆるゆるだらだら〟でいい」のだというから気になるところです。
スマホメモは、クセになると楽しくなるようです。SNSに通じる一種の自己発信であり、だからこそ発散に通じると同時に、なんとなくスキッとするのだと著者はいいます。
人間の心の健康は、インプットとアウトプットのバランスで成り立っている。スマホメモによる脳からの吐き出しをゆるだらで行うことによって、自分だけのアウトプットにつながるのかもしれません。
そして、すぐメモるだけではなく、「いつでもリマインド」することも大事なポイント。
人は、一度考えたことを忘れ、また同じことを考える動物。考えていたことをリマインドすることで、さまざまな物事に対する効率アップも見込めそうです。
gettyimages (35764)

自分の思考のビッグデータをつくる

実際にメモをするにあたって、まず格納場所を用意して分類します。著者は、iPhoneに最初からセットされているメモ(アプリ)を使っているのだとか。iCloudに同期させているので、容量が気にならず、良いのだといいます。
そして、「仕事」「趣味やボランティア」などの大分類から、さらにいくつかに分類していきます。緻密でなくても、後で自分が引き出しやすい状況を作ることがコツであるといえそうです。
実際に始めてみると、何をメモすればいいのか、とまどってしまいそうですが、結局のところ何でもいいのだと著者はいいます。大事なのは、自分の意見を書こうとするのではなく、その時々に浮かんだ考えを、素直に脳から引き出すこと。
さらに、「世の中と自分」という関係式を意識。たとえば、何かの記事を見れば必ず自分の感想があるものですが、最もシンプルなものでいえば、「いい/悪い」という感情です。最初はそういうことをメモしておけば良いのだといいます。後でメモを見返したときに、そのときに脳が感じていたことが伝わる書き方が大事でしょう。
そして、書いたメモをリマインド。見返しつつ、メモが溜まってきたら全体を俯瞰で検証してみます。すると、別々の問題が一つに繋がっていることに気が付いたり、それがきっかけで新しいアイデアやテーマにたどり着くのだと著者は語ります。
スマホメモは、自分の思考のビッグデータになりうるのだとしたら、今から早速始めてみたいものです。
タイトル: スマホメモ|仕事と人生の質を上げるすごいメモ術
著者: 須藤亮
発行: CCCメディアハウス
定価: 1,620円(税込)
32 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

令和時代のライフハックとは?自分自身をアップデートして時代を乗り切る

令和時代のライフハックとは?自分自身をアップデートして時代を乗り切る

令和という新時代を迎え、働き方の変化を少しずつ肌で感じる昨今です。取り残されないためにも、私たちはもっと意識的に自身をアップデートしていかなくてはなりません。 小山龍介著『仕事のスピードを上げながら質を高める 最強のライフハック100』 より、今すぐにでもできそうなライフハックをご紹介します。
突然辞める若者たち マネジメント層が知っておくべき考え方

突然辞める若者たち マネジメント層が知っておくべき考え方

入社したばかりの若者が早々に退職してしまい、困り果てているという話を耳にする時期です。少し注意しただけなのにパワハラだと言われたり、頑張っているように見えたのに突然会社に来なくなったり。 平賀充記著『なぜ最近の若者は突然辞めるのか』 より、現代の若者に対して無駄に気を使うことなく、円滑にマネジメントするための考え方をご紹介します。
働かなくても生きていくために 新たな価値を見出す考え方

働かなくても生きていくために 新たな価値を見出す考え方

働き方についてのあり方が問われている現代。私たちはどういう思考を持って、労働やお金と向き合っていけば良いのでしょうか。遠藤洋著『働きたくないけどお金は欲しい』より、変化する時代において新たな価値を見出していく考え方をご紹介します。
利害関係のある人に流されてはダメ

利害関係のある人に流されてはダメ

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。
問題解決力を高めるために必要な「問題設定力」とは

問題解決力を高めるために必要な「問題設定力」とは

私たちを取り巻く環境は、ますます複雑になってきています。さまざまな現象が起きたときに、その問題の本質を正しく見抜いて、解決に向かう一番効果的な方法を見つけ出す力は、必須スキルであるといえるでしょう。 苅野進著『考える力とは、問題をシンプルにすることである。』 より、問題設定力を高めるために大事な考え方をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ナカセコ エミコ ナカセコ エミコ