〈辻 庸介〉「お金とは、夢を実現できるツール。」

〈辻 庸介〉「お金とは、夢を実現できるツール。」

ソニーの経理部門からキャリアをスタートし、証券会社勤務や米国留学を経て起業。自動家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード」や、ビジネス向けクラウドサービス「MFクラウドシリーズ」など様々なお金のサービスを世に提供する株式会社マネーフォワードの代表取締役社長CEO・辻 庸介氏。
〈森本 正治〉「お金とは、使うもの。」

〈森本 正治〉「お金とは、使うもの。」

アメリカでは、その名を知らない人はいない。かつて一世を風靡したテレビ番組「料理の鉄人」や、そのアメリカ版 「Iron Chef America」にも登場し、日米ともに“鉄人”として名を馳せているのが、シェフの森本正治だ。
〈杉山知之〉「お金とは、自分らしく生きるためのシステム。」

〈杉山知之〉「お金とは、自分らしく生きるためのシステム。」

ますますデジタルが発展する未来に、コンピュータと共存しながら、私たちが人間らしく生きるには、どうすればいいのか――。デジタルと人間のあり方の変遷を40年以上にわたって世界の最前線で見てきた、デジタルハリウッド大学学長の杉山知之氏。2015年10月12日(祝)に開催された「お金の教養フェスティバル2015」での講演から、21世紀の「人間らしい生き方」のヒントを学ぶ。
〈高澤義明〉「お金とは、安心。」

〈高澤義明〉「お金とは、安心。」

「日本の良き風土・人・食材、伝統的な世界を再構築してモダンに供する」というテーマを掲げ、世界のありとあらゆる要素を盛り込んだ最先端の料理を生み出し続ける高澤。その情熱は一体どこからくるのか。そして、何に支えられているのか。世界中の富裕層や美食家をうならせている高澤の原動力に迫る。
話題の経営者、佐藤航陽氏が考える「未来の経済のカタチ」!

話題の経営者、佐藤航陽氏が考える「未来の経済のカタチ」!

みなさんは起業家、佐藤航陽(かつあき)氏をご存じでしょうか? 手数料ゼロパーセントのインターネット決済サービス「SPIKE(スパイク)」や、時間を売買できるアプリ「タイムバンク」と言った画期的な仕組みを持つサービスの生みの親であり、今やアジア全域、世界をまたにかけて事業を展開するITベンチャー企業の代表です。1986年生まれながら、フォーブス誌が選ぶ「日本を救う起業家ベスト10」に選出。「次世代を牽引する日本人起業家」との呼び声高い起業家です。
〈大江千里〉「お金とは、トランプみたいなもの。」

〈大江千里〉「お金とは、トランプみたいなもの。」

幼いころから抱いていた新たな夢である「ジャズ」を追い求めるため、国民的シンガーソングライターとして日本で築き上げた実績を捨てて単身ニューヨークへと渡った大江千里さん。大江さんにゼロから新たなステージへと向かうものを決意させたものは何だったのか、インタビューしました。
〈渡部 建〉「お金とは、通知表のようなもの。」

〈渡部 建〉「お金とは、通知表のようなもの。」

お笑いコンビ、アンジャッシュの渡部建。「王様のブランチ」の新MCに決定するなど、MCにゲストにテレビで見ない日はないほどの活躍ぶり。またグルメ、高校野球など多趣味でも知られ、その趣味を仕事にしてしまう天才でもある。果たして渡部建は生き馬の目を抜く芸人の世界で、いかにして今のポジションを築き上げてきたのか? その道程を紐解いていく。
〈パンツェッタ・ジローラモ〉「お金とは、幸せと不幸を表すもの。」

〈パンツェッタ・ジローラモ〉「お金とは、幸せと不幸を表すもの。」

雑誌『LEON』では”ちょい不良(わる)オヤジ”の体現者として表紙を飾り、テレビでは陽気な話術とキャラクターで誰もが笑顔になる存在、パンツェッタ・ジローラモ。実はモデルやタレントの他に、レストラン経営やコンサルティング、コーディネーターなども手掛け、実業家としての顔も持つ。業種職種問わずかろやかに、そして自由に色とりどりの人生のSTAGEで活躍するイタリアーノの根幹に迫ってみた──。
〈沼畑直樹〉「お金とは、嫌いな人が見当たらないモノ。」

〈沼畑直樹〉「お金とは、嫌いな人が見当たらないモノ。」

ウェブサイトや著書などで、“ミニマリズム”という生き方とその哲学を発信する沼畑直樹さん。日本各地で暮らし、旅してきた経験から少しずつ研ぎ澄まされてきたミニマムな生活が確立したのは、4年前の片付けがきっかけだったとか。心地よい人生を送るためのプライオリティやお金の使い方、これから見据える暮らしについて聞きました。
〈石田純一〉「お金とは、価値に対する対価。」

〈石田純一〉「お金とは、価値に対する対価。」

1978年に劇団の研究生としてキャリアをスタートし、やがて時代を代表する俳優に。華やかなプライベートがいつでも世間の注目を集め、何度となく仕事や収入の大波を被りながらも、現在もバラエティ番組やイベントを中心に第一線で活躍をし続けている石田純一さん。成功の秘訣は、石田さんの本質を追う思考。芸能界でも指折りのモテ男が貫く生き方とは──。
お金持ちになりたいなら、銀行員やFPでなく「成功者」の話を信じよう

お金持ちになりたいなら、銀行員やFPでなく「成功者」の話を信じよう

お金がもっと欲しいと思って取った行動が、実は、お金を遠ざける結果になっているかもしれません。NG行動に気づき、 “発想"を少し切り替えることで「お金持ち体質」が手に入ります。泉正人の最新刊『お父さんの「こづかい」は減らすな』より特別編集編をお届けします。
〈出口最一〉「お金とは、自信。」

〈出口最一〉「お金とは、自信。」

最高峰のエンターテインメントが結集し、大小さまざまな劇場がひしめくニューヨーク・ブロードウェイ。42丁目に演劇プロデューサー・出口最一(でぐちまこと)のSTAGE(舞台)がある。
〈遠山正道〉「お金とは、払うためにあるもの、と思いたいw」

〈遠山正道〉「お金とは、払うためにあるもの、と思いたいw」

食べるスープの専門店『Soup Stock Tokyo』、卓越した見立てと世界観のあるセレクトリサイクルショップ『PASS THE BATON』、世界一キュートなネクタイ屋さん『giraffe』といった、誰も思いつかなかったけれど多くの人が「これを望んでいた!」という気持ちになる事業を展開する、 株式会社スマイルズ代表の遠山正道さん。その類まれな感性で時代の流れを読み、それまでになかった価値を生みだすオリジナルのビジネスモデルは、人々に新鮮な驚きを与え、時間をかけながらも着実に受け入れられてきました。
〈岸田周三〉「お金とは、食材のようなもの。」

〈岸田周三〉「お金とは、食材のようなもの。」

ミシュランの三ツ星を獲得し、国内外の食通を魅了し続けている「カンテサンス」のオーナーシェフ・岸田周三。“華麗な芸術美”とも称される打ち上げ花火が繊細かつ高度な職人技に支えられているように、岸田の生み出す芸術的な料理もまた、その一瞬のために全神経を集中させる、ひたむきな努力の結晶だ。
〈川島永嗣〉「お金とは、人生観。」

〈川島永嗣〉「お金とは、人生観。」

今では、世界で活躍し、日本の守護神と呼ばれている、サッカー日本代表の川島永嗣。 でも昔から今の状態だったわけではない。 川島永嗣が自分自身を育ててきた秘訣を、聞いてみた。 ビジネスにも、そして人生にも、大きなヒントを見つけるために。
106 件