2018年11月15日 更新

美術に「音」をつける作業が実は一番楽しい!

こんにちは。 美術展用映像・コンテンツ企画製作= “美術展のクロコ業”十余年の、かってんともこと申します。あなたは、アートに接して感じたことを人に語ることができますか? 企業にも導入されているアート研修をおひとりさまでも体験してみてください。「ひとり研修」第3回目は、「音」にまつわるお話です。

gettyimages (25314)

2018.11.15
みなさんは、この2つの作品からどんな「音」を感じますか?

美術作品と音は、相性悪?

gettyimages (25311)

「美術作品鑑賞」「音」というと、まず館内の“静寂”を思い浮かべる人が多いかもしれません。
来場者の多い展覧会ではざわめきもありますが、日本の美術館は基本的に音のない空間。私語はNO、という環境での作品鑑賞になります。
しかし学芸員さんのお話を伺うと、本当は友人や親子で連れ立って感想を言いあいながら、もっと自由に見てもらいたいのですが・・という本音も。最近では、親子連れDAYなど“自由な会話OK”の日を設ける館も出てきていますが、やはり通常は不特定多数の来場を考え、「静かに見たい」人に配慮、となるようです。
そんな現状での私の仕事、美術展用映像制作。
ナレーションやBGM入りのものもあります。もちろん作品の鑑賞に配慮し、映像機器を置く場所や音の大きさを考え、そもそも映像自体も最低限の音を控えめに、となるのですが・・・
実は、制作で一番わくわくするのが、「音」を決める工程。画面に、音楽や効果音などを付ける作業なのです。
美術展用ですから、ここでいう「画面」は、多くの場合その美術展で紹介される作品の画像。
ざっくりとつなげた各画面に、こんな感じがいいかな、という候補曲を当てていきます。
これはなんだか重すぎる、これは曲が主張しすぎるな、等々を繰り返し、「これだ!」に出会う・・・その時。
それまで単なる映像の素材として、ディスプレイの中でしんと固まっていた作品の色や形が、突然鮮やかに、動き出すような感覚に陥るのです。

ひとり研修で、自由に、無限に

gettyimages (25315)

単純に言えば、「見る」に「聞く」を足した、というだけなのですが・・・この1+1がもたらす感覚の広がりは無限大。感覚がどう働くか自分でも予想できない、毎回最も快感!な不思議な瞬間です。
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【旅の名言】今すぐ旅に出たくなる!人生観が変わる偉人の格言7選

【旅の名言】今すぐ旅に出たくなる!人生観が変わる偉人の格言7選

旅にまつわる名言は多くあります。人生を旅に例えれば、生きてきて感じたことや思うことが凝縮されるからです。今回はそんな旅にまつわる名言を7つご紹介します。読めば視野を広げるために旅に出たくなったり、仕事の活力を与えてくれたりすることでしょう。
豪華列車で行くカナディアンロッキー夏の旅|観光スポットをご紹介

豪華列車で行くカナディアンロッキー夏の旅|観光スポットをご紹介

雄大な自然と絶景で知られる「カナディアンロッキー」。今度の夏のお休みに、このカナダの世界遺産に出かけてみるのはどうでしょう。それにはバンクーバーから出発する豪華列車の旅がおすすめです。美しい公園のあるバンクーバーもあわせ、観光の見どころをご紹介します。
結局、幸せとは?今すぐ自分でコントロールできる40%に注目!

結局、幸せとは?今すぐ自分でコントロールできる40%に注目!

結局のところ、幸せとは何なのでしょうか。憧れの企業に就職したり、世間より多い年収を提示されたりすれば、幸せを感じる人がほとんどですね。それでも、その幸せな気持ちは長続きしません。最近の研究では、自分で幸せをコントロール可能なことが分かってきました。
インドの大富豪から教わった「運がいい人」になる習慣のコツ

インドの大富豪から教わった「運がいい人」になる習慣のコツ

成功するためのコツや方法について、誰しも知りたいものです。サチン・チョードリー著『「運がいい人」になるための小さな習慣』 より、ちょっとだけ習慣を変えることで運がいい人になるための思考の方法をご紹介します。
ミッフィーが誘ってくれる“誰といってもそれぞれ楽しい”美術展!

ミッフィーが誘ってくれる“誰といってもそれぞれ楽しい”美術展!

「美術作品を自分の思うままに楽みましょう。」 「美術館で、本物の迫力や繊細さをじっくり味わってみてください」 ・・・と毎回力強くお勧めし、それはもちろん心からの思いではありますが、実際に“美術館に行く”って、結構いろいろな選択ハードルがあるのですよね。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部