2018年11月15日 更新

美術に「音」をつける作業が実は一番楽しい!

こんにちは。 美術展用映像・コンテンツ企画製作= “美術展のクロコ業”十余年の、かってんともこと申します。あなたは、アートに接して感じたことを人に語ることができますか? 企業にも導入されているアート研修をおひとりさまでも体験してみてください。「ひとり研修」第3回目は、「音」にまつわるお話です。

gettyimages (25314)

2018.11.15
みなさんは、この2つの作品からどんな「音」を感じますか?

美術作品と音は、相性悪?

gettyimages (25311)

「美術作品鑑賞」「音」というと、まず館内の“静寂”を思い浮かべる人が多いかもしれません。
来場者の多い展覧会ではざわめきもありますが、日本の美術館は基本的に音のない空間。私語はNO、という環境での作品鑑賞になります。
しかし学芸員さんのお話を伺うと、本当は友人や親子で連れ立って感想を言いあいながら、もっと自由に見てもらいたいのですが・・という本音も。最近では、親子連れDAYなど“自由な会話OK”の日を設ける館も出てきていますが、やはり通常は不特定多数の来場を考え、「静かに見たい」人に配慮、となるようです。
そんな現状での私の仕事、美術展用映像制作。
ナレーションやBGM入りのものもあります。もちろん作品の鑑賞に配慮し、映像機器を置く場所や音の大きさを考え、そもそも映像自体も最低限の音を控えめに、となるのですが・・・
実は、制作で一番わくわくするのが、「音」を決める工程。画面に、音楽や効果音などを付ける作業なのです。
美術展用ですから、ここでいう「画面」は、多くの場合その美術展で紹介される作品の画像。
ざっくりとつなげた各画面に、こんな感じがいいかな、という候補曲を当てていきます。
これはなんだか重すぎる、これは曲が主張しすぎるな、等々を繰り返し、「これだ!」に出会う・・・その時。
それまで単なる映像の素材として、ディスプレイの中でしんと固まっていた作品の色や形が、突然鮮やかに、動き出すような感覚に陥るのです。

ひとり研修で、自由に、無限に

gettyimages (25315)

単純に言えば、「見る」に「聞く」を足した、というだけなのですが・・・この1+1がもたらす感覚の広がりは無限大。感覚がどう働くか自分でも予想できない、毎回最も快感!な不思議な瞬間です。
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?
〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

2003年、地元への愛と自虐を込めた歌『佐賀県』でブレイク。近年は柔道に奮闘する3兄弟を育てる姿もお茶の間で人気の芸人はなわさん。さらに妻の誕生日に贈った歌『お義父さん』をライブで披露した映像は感動を呼び、公開からわずか20日間で100万回再生を突破。ベストファーザー賞も受賞しました。世間の注目を集め、惹きつける「はなわ家族」を育んだ独特な子育て術とは?
元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部