2018年11月15日 更新

美術に「音」をつける作業が実は一番楽しい!

こんにちは。 美術展用映像・コンテンツ企画製作= “美術展のクロコ業”十余年の、かってんともこと申します。あなたは、アートに接して感じたことを人に語ることができますか? 企業にも導入されているアート研修をおひとりさまでも体験してみてください。「ひとり研修」第3回目は、「音」にまつわるお話です。

gettyimages (25314)

2018.11.15
みなさんは、この2つの作品からどんな「音」を感じますか?

美術作品と音は、相性悪?

gettyimages (25311)

「美術作品鑑賞」「音」というと、まず館内の“静寂”を思い浮かべる人が多いかもしれません。
来場者の多い展覧会ではざわめきもありますが、日本の美術館は基本的に音のない空間。私語はNO、という環境での作品鑑賞になります。
しかし学芸員さんのお話を伺うと、本当は友人や親子で連れ立って感想を言いあいながら、もっと自由に見てもらいたいのですが・・という本音も。最近では、親子連れDAYなど“自由な会話OK”の日を設ける館も出てきていますが、やはり通常は不特定多数の来場を考え、「静かに見たい」人に配慮、となるようです。
そんな現状での私の仕事、美術展用映像制作。
ナレーションやBGM入りのものもあります。もちろん作品の鑑賞に配慮し、映像機器を置く場所や音の大きさを考え、そもそも映像自体も最低限の音を控えめに、となるのですが・・・
実は、制作で一番わくわくするのが、「音」を決める工程。画面に、音楽や効果音などを付ける作業なのです。
美術展用ですから、ここでいう「画面」は、多くの場合その美術展で紹介される作品の画像。
ざっくりとつなげた各画面に、こんな感じがいいかな、という候補曲を当てていきます。
これはなんだか重すぎる、これは曲が主張しすぎるな、等々を繰り返し、「これだ!」に出会う・・・その時。
それまで単なる映像の素材として、ディスプレイの中でしんと固まっていた作品の色や形が、突然鮮やかに、動き出すような感覚に陥るのです。

ひとり研修で、自由に、無限に

gettyimages (25315)

単純に言えば、「見る」に「聞く」を足した、というだけなのですが・・・この1+1がもたらす感覚の広がりは無限大。感覚がどう働くか自分でも予想できない、毎回最も快感!な不思議な瞬間です。
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

美術展でリフレッシュ。ラウル・デュフィ展で“joie de vivre~生きるよろこび~”を感じて

美術展でリフレッシュ。ラウル・デュフィ展で“joie de vivre~生きるよろこび~”を感じて

開け放たれた窓から見えるのは、抜けるような空と海の青。室内の華やかな黄色。 降り注ぐ陽光に目を細めて大きく深呼吸したくなります。開放感とくつろぎ。幸せだ・・・
香嵐渓は愛知県を代表する紅葉スポット!渋滞を回避するポイントは?

香嵐渓は愛知県を代表する紅葉スポット!渋滞を回避するポイントは?

暑かった夏が過ぎて、ようやく秋の気配が感じられるようになりましたね。お出かけしやすくなって、行楽やレジャーの予定を立てている人も多いのではないでしょうか。 秋の行楽と言えば、やっぱり紅葉。私が住んでいる愛知県では、なんといっても豊田市にある「香嵐渓」が有名です。 今回は前年度の情報をもとに、おすすめの香嵐渓の訪れ方を紹介します。
【ファミリー向け】キャンプ初心者がキャンプ用品一式そろえるといくらになる?

【ファミリー向け】キャンプ初心者がキャンプ用品一式そろえるといくらになる?

手ぶらでキャンプもいいけれど、自分で用品をそろえて楽しむキャンプは、より思い出深いイベントとなりそうです。 初心者がキャンプ用品をそろえると、いくらくらいかかるでしょうか。なお、キャンプ用品には防災用として活躍できるものもあります。キャンプ用品の種類と相場についてご紹介します。
7年ぶりのシンガポール旅行で実感した街の変化|進化続けるマリーナベイサンズ

7年ぶりのシンガポール旅行で実感した街の変化|進化続けるマリーナベイサンズ

面積は小さいながらも、アジア随一の活気があふれる国・シンガポール。ここ数年はマリーナベイ・サンズができたことでさらに観光客が増えています。日本では2019年に公開された映画「名探偵コナン」シリーズの舞台がシンガポールだったことで、注目を集めました。 今回私は7年ぶりに訪れましたが、その発展に驚きました。ここでは旅行記を兼ねてシンガポールの発展ぶりを紹介したいと思います。
ゴールドコーストで豪華旅行を満喫!絶景ビーチ&世界遺産の森を散策

ゴールドコーストで豪華旅行を満喫!絶景ビーチ&世界遺産の森を散策

オーストラリアの東海岸にあるゴールドコースト。白い砂浜が57kmも続く長く美しいビーチで有名な所です。10月はこれから夏に向かうため気温も上がり、からっとした天気が続くベストシーズン。そんなゴールドコーストで豪華バケーションを満喫してみるのはどうでしょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部