2018年11月15日 更新

美術に「音」をつける作業が実は一番楽しい!

こんにちは。 美術展用映像・コンテンツ企画製作= “美術展のクロコ業”十余年の、かってんともこと申します。あなたは、アートに接して感じたことを人に語ることができますか? 企業にも導入されているアート研修をおひとりさまでも体験してみてください。「ひとり研修」第3回目は、「音」にまつわるお話です。

gettyimages (25314)

2018.11.15
みなさんは、この2つの作品からどんな「音」を感じますか?

美術作品と音は、相性悪?

gettyimages (25311)

「美術作品鑑賞」「音」というと、まず館内の“静寂”を思い浮かべる人が多いかもしれません。
来場者の多い展覧会ではざわめきもありますが、日本の美術館は基本的に音のない空間。私語はNO、という環境での作品鑑賞になります。
しかし学芸員さんのお話を伺うと、本当は友人や親子で連れ立って感想を言いあいながら、もっと自由に見てもらいたいのですが・・という本音も。最近では、親子連れDAYなど“自由な会話OK”の日を設ける館も出てきていますが、やはり通常は不特定多数の来場を考え、「静かに見たい」人に配慮、となるようです。
そんな現状での私の仕事、美術展用映像制作。
ナレーションやBGM入りのものもあります。もちろん作品の鑑賞に配慮し、映像機器を置く場所や音の大きさを考え、そもそも映像自体も最低限の音を控えめに、となるのですが・・・
実は、制作で一番わくわくするのが、「音」を決める工程。画面に、音楽や効果音などを付ける作業なのです。
美術展用ですから、ここでいう「画面」は、多くの場合その美術展で紹介される作品の画像。
ざっくりとつなげた各画面に、こんな感じがいいかな、という候補曲を当てていきます。
これはなんだか重すぎる、これは曲が主張しすぎるな、等々を繰り返し、「これだ!」に出会う・・・その時。
それまで単なる映像の素材として、ディスプレイの中でしんと固まっていた作品の色や形が、突然鮮やかに、動き出すような感覚に陥るのです。

ひとり研修で、自由に、無限に

gettyimages (25315)

単純に言えば、「見る」に「聞く」を足した、というだけなのですが・・・この1+1がもたらす感覚の広がりは無限大。感覚がどう働くか自分でも予想できない、毎回最も快感!な不思議な瞬間です。
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

参加型アートで誰もがアーティスト!全国に広がるアートプロジェクト

参加型アートで誰もがアーティスト!全国に広がるアートプロジェクト

アートは、見るだけでなく参加もできる時代です。鑑賞者が作品制作に関わった参加型アート作品が全国のアートプロジェクトで増えています。国際的な公募展では一般審査とは別に、お金を払ってインターネット投票で審査に参加できる「賞」が新設されました。
富裕層予備軍の特徴は?日常生活の中で分かる3つの習慣

富裕層予備軍の特徴は?日常生活の中で分かる3つの習慣

将来お金持ちになる若き富裕層予備軍。彼らの特徴を、ビジネスシーン以外で3つあげてみます。オーラやカリスマ性といった曖昧な特徴は省き、日常的で分かりやすい事例に絞りました。あなたやあなたの周囲の人に当てはめてみてはいかがでしょう?
ショッピングで心身ともに健康になる科学的な理由とは

ショッピングで心身ともに健康になる科学的な理由とは

ショッピングは気分を高揚させてくれる一方で、散財してしまったという罪悪感にも悩まされるもの。 ところが、科学的にもショッピングには健康に寄与するさまざまな効能があることが証明されました。なぜ、ショッピングが健康に良いのでしょうか
サブスクリプション300%の急成長!人気の理由と利用者のデメリット

サブスクリプション300%の急成長!人気の理由と利用者のデメリット

最近、よく聞くサブスクリプションサービス、これは定額制サービスのことです。 毎月決まった金額を支払い、一定のサービスが受けられるこのサブスクリプションサービスが急成長しています。
ペット医療はもはや人間並み?高度な医療体制で起こる問題とは

ペット医療はもはや人間並み?高度な医療体制で起こる問題とは

世界第2位のペット大国日本には、ペットのための総合医療機関も、救急車もドクターカーも救急救命センターもあります。ペット用のサプリメントやコンタクトレンズの商戦も盛んです。しかしその陰で飼い主は、ペットの命に向き合う重大な選択にも迫られます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部