2018年7月24日 更新

美食の国イタリアは給食もフルコース!親も介入する品質の高い給食とは

美食の国イタリアの給食は、「フードインサイダー」という教師と父兄で形成される組織により、食材や栄養面でランキングが発表されるほど厳しくチェックされています。 肥満が問題となっているイタリアの子供たちですが、美食の国だけに父兄たちの給食に関する意識はとても高いようです。

gettyimages (18318)

2018.7.24

一品ずつ登場するフルコース料理の給食

gettyimages (18144)

イタリア料理というのは本来、前菜、プリモピアットと呼ばれるパスタやリゾットの料理、セコンドピアットと呼ばれる肉や魚料理、そしてデザート、果物と順番に運ばれてきます。自宅での食事も、まずパスタやリゾットなどを食べ終えた後に、肉や魚あるいは野菜を食べるのが習慣。
そのため、給食もそれに準じて一皿ずつ登場します。給食は、教室ではなく専用の食堂で食べます。給食を作り運んでくれるのは、そこで働くシニョーラ(おばさま)たち。
日本と違い、「嫌いなものは無理に食べる必要ない」と考える親が多く、イタリアの親たちの過保護は食生活にも及んでいるのかもしれません。しかしそれは、地中海的な「人間性重視」の食育と言えないこともなく、幼年期には好き嫌いの多かった人が大人になってなんでも食べるということも多いのです。
イタリアらしく、ピッツァが登場したり、アドリア海沿岸の町では魚介類が豊富であったり、美食の町ボローニャではプリモピアットの種類が非常に多い、といった愉しい話題にも事欠きません。

巷にあふれるオーガニック食材

イタリアのオーガニック食材市場

ここ数年、イタリアではオーガニック食材が大ブームです。
かつては高価で庶民には手の届かなかったオーガニック食材は、現在は普通のスーパーにもごく普通にそのコーナーがあります。市場が拡大したせいか、スーパーマーケットも
自社ブランドを展開、価格も一時期に比べると落ち着きました。
この大ブームが、給食にも大きな影響を与え始めました。「フードインサイダー」はもともと、世界保健機関(WHO)が推奨する健康な食生活を基準にポイントを加算します。世界保健機関が「発がん性がある」と公表した加工肉やパーム油が含まれる食材の頻度は少ないか、品質、栄養のバランスなどが調査されます。そして、オーガニック食材の使用頻度も調査対象になるのです。
イタリアにおけるオーガニック業界のデータを網羅する「Biobank」は、イタリアの1311都市の給食について詳細な報告を行いました。
1311都市のうち、給食食材の70%から89%が有機食材という自治体は129団体、90%以上という都市は111都市に及びます。これらの「優秀な」都市は、70%が北イタリアに集中しており、経済的優位は給食事情にも反映されているのです。
31 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ラグビー日本代表が悲願のベスト8入で得たものは

ラグビー日本代表が悲願のベスト8入で得たものは

2019年10月20日という日は、日本ラグビー界にとって間違いなく記憶される日になるでしょう。そうです、この日は、9回目のW杯出場で初の準々決勝。しかも、前回大会で勝利をしている南アフリカ戦。日本中の期待が高まりましたが、結果は善戦したものの3−26で敗れました。しかし、今回のベスト8入りで日本代表BRAVE BLOSSOMSは大きな財産を得ました。その財産とは。
秋旅は京都&小京都で紅葉狩り!一度は行きたい観光スポット5選

秋旅は京都&小京都で紅葉狩り!一度は行きたい観光スポット5選

秋になったら見逃せないのが紅葉狩り。紅葉の美しいところは数ありますが、今年は小京都と呼ばれる京都に似た佇まいを持つ所を訪ね、紅葉を楽しんでみるのはどうでしょう。日本全国から選んだ小京都紅葉スポットと本場京都の紅葉をご紹介します。
欧州経済の「日本化」が進んでいる?今後最も避けたい3つの恐怖

欧州経済の「日本化」が進んでいる?今後最も避けたい3つの恐怖

9月12日に欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が発表した総合的な金融緩和策では、欧州の低成長と低インフレの長期化を阻止するのに不十分であると市場の評価は冷ややかです。いかなる金融政策を講じても経済回復に至らない「低成長」「低インフレ」「デフレスパイラル」という日本化が本当に欧州圏で進んでいるのでしょうか。
富裕層の欲しいものは目に見えない?お金に糸目をつけない「3つのもの」とは

富裕層の欲しいものは目に見えない?お金に糸目をつけない「3つのもの」とは

富裕層が欲しいものと聞いて、何を思い浮かべるでしょうか。都心部の高級マンションやクルーザー、節税対策にもなる高級リゾートホテルの会員権でしょうか。ところが、実際の富裕層が欲しいものは、「目に見えないもの」が大半なのですね。一般層とは発想から異なっています。
クリエイティブな人は「編集」している|新しい価値を見つけ出す方法

クリエイティブな人は「編集」している|新しい価値を見つけ出す方法

どんな業界であっても、新しい物事が常に求められています。そうはいっても、あらかたの題材は出尽くしている現代社会。多くのクリエイターは、どんなスキルを発揮して、日々新鮮なクリエイティブを生み出しているのでしょうか。 松永光弘著『「アタマのやわらかさ」の原理。』 より、編集という視点で新しい物事を見つけ出す考え方をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

井澤 佐知子 井澤 佐知子