2018年7月24日 更新

美食の国イタリアは給食もフルコース!親も介入する品質の高い給食とは

美食の国イタリアの給食は、「フードインサイダー」という教師と父兄で形成される組織により、食材や栄養面でランキングが発表されるほど厳しくチェックされています。 肥満が問題となっているイタリアの子供たちですが、美食の国だけに父兄たちの給食に関する意識はとても高いようです。

gettyimages (18318)

2018.7.24

一品ずつ登場するフルコース料理の給食

gettyimages (18144)

イタリア料理というのは本来、前菜、プリモピアットと呼ばれるパスタやリゾットの料理、セコンドピアットと呼ばれる肉や魚料理、そしてデザート、果物と順番に運ばれてきます。自宅での食事も、まずパスタやリゾットなどを食べ終えた後に、肉や魚あるいは野菜を食べるのが習慣。
そのため、給食もそれに準じて一皿ずつ登場します。給食は、教室ではなく専用の食堂で食べます。給食を作り運んでくれるのは、そこで働くシニョーラ(おばさま)たち。
日本と違い、「嫌いなものは無理に食べる必要ない」と考える親が多く、イタリアの親たちの過保護は食生活にも及んでいるのかもしれません。しかしそれは、地中海的な「人間性重視」の食育と言えないこともなく、幼年期には好き嫌いの多かった人が大人になってなんでも食べるということも多いのです。
イタリアらしく、ピッツァが登場したり、アドリア海沿岸の町では魚介類が豊富であったり、美食の町ボローニャではプリモピアットの種類が非常に多い、といった愉しい話題にも事欠きません。

巷にあふれるオーガニック食材

イタリアのオーガニック食材市場

ここ数年、イタリアではオーガニック食材が大ブームです。
かつては高価で庶民には手の届かなかったオーガニック食材は、現在は普通のスーパーにもごく普通にそのコーナーがあります。市場が拡大したせいか、スーパーマーケットも
自社ブランドを展開、価格も一時期に比べると落ち着きました。
この大ブームが、給食にも大きな影響を与え始めました。「フードインサイダー」はもともと、世界保健機関(WHO)が推奨する健康な食生活を基準にポイントを加算します。世界保健機関が「発がん性がある」と公表した加工肉やパーム油が含まれる食材の頻度は少ないか、品質、栄養のバランスなどが調査されます。そして、オーガニック食材の使用頻度も調査対象になるのです。
イタリアにおけるオーガニック業界のデータを網羅する「Biobank」は、イタリアの1311都市の給食について詳細な報告を行いました。
1311都市のうち、給食食材の70%から89%が有機食材という自治体は129団体、90%以上という都市は111都市に及びます。これらの「優秀な」都市は、70%が北イタリアに集中しており、経済的優位は給食事情にも反映されているのです。
31 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

堀江貴文×西野亮廣の痛烈アドバイス!「バカと付き合うな」

堀江貴文×西野亮廣の痛烈アドバイス!「バカと付き合うな」

実業家・堀江貴文氏と芸人・西野亮廣氏の共著『バカと付き合うな』。2人とも日頃からいろんな発言が議論を呼び、もはや日本の炎上ツートップなのでは? と個人的に思っているのですが、彼らの炎上発言の特徴は「必ず賛否両論になる」こと。突飛なことを言い過ぎても興味を持たれないし、ただ悪口を言ったのでは叩かれるだけ。その炎上商法はいずれ通用しなくなるでしょう。
廃校スペースが起業オフィスに生まれ変わる!メリットや事例は?

廃校スペースが起業オフィスに生まれ変わる!メリットや事例は?

全国でいま年間約500校のペースで「廃校」が生まれています。それを利用し、起業家やスタートアップ企業にシェアオフィスを格安で貸す施設が増えています。その最大のメリットは月々1万円台から安く借りられ、起業の初期費用を抑えられることでしょう。
「いつかは住みたい」ブータンでの生活費

「いつかは住みたい」ブータンでの生活費

ブータンは、北は中国・南はインドに挟まれる南アジアの国家で、「世界一幸福度が高い国」とも言われています。独特の仏教文化を色濃く残しており、他の国にはない魅力で溢れています。
未来創造 「自分がどうなりたいか」のイメージを明確にする

未来創造 「自分がどうなりたいか」のイメージを明確にする

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。
富裕層の資産運用の世界的トレンドは?仮想通貨投資とIT活用に注目

富裕層の資産運用の世界的トレンドは?仮想通貨投資とIT活用に注目

富裕層による資産運用の世界的トレンドは、現在どのようになっているのでしょうか。日本では超低金利が続き、資産運用のポートフォリオにも頭を悩ませる方が少なくないはずです。今、世界の富裕層が何に注目して資産運用を行い、高いパフォーマンスを叩き出しているのか、参考になることもありそうです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

井澤 佐知子 井澤 佐知子