2019年12月26日 更新

発想×テクノロジー進化で生み出す「まだない仕事」で稼ぐ考え方

AIに仕事を奪われるという話題は、相変わらず尽きないものです。しかし、うまくテクノロジーを利用することで、かつては実現できないとされていた、夢のような物事が叶いつつあります。新しい仕事の生み出し方も、大きく変化してきている昨今。吉角裕一朗著『「まだない仕事」で稼ぐ方法』 より、新しいビジネスモデルを作り出すための考え方をご紹介します。

gettyimages (50446)

2019.12.18

最先端テクノロジーをビジネスで使う

私はIT革命より大きなビッグバンを作り出すこの時代のことを「テック革命時代」と呼んでいます。
7ページより引用
株式会社吉角代表取締役を務めている著者ですが、高校卒業と同時に上京して、格闘技の高田延彦道場の門を叩いたという異色の経歴の持ち主です。
しかし、怪我のため格闘家の道を断念。さまざまな経緯を経て、テックをヒントにしたビジネスである、自動車の再生バッテリーのインターネット通販事業を開始。
その後は、蓄電システムや工場現場用バッテリーのレンタル事業などを行い、次々と成功させていきました。
現在では、ビジネスのフィールドを海外にも拡張しているのだとか。本書は、新しいテクノロジーを開発する本ではなく、誰かが開発したテクノロジーを使って、新しいビジネスを作り出すための考え方がまとめられています。
世の中には、大きく分けて否定から入る人と肯定から入る人の2種類があるものです。たとえば、ドラえもんに出てくるひみつ道具も、人類のテクノロジーの進化とともに、毎日のように実現しつつあるのだとか。
日進月歩で進化する最先端テクノロジーを、ビジネスで使わない手はありません。
テクノロジーを使って、新しいビジネスモデルを作り出す。私たちは、時代の波に乗っていく必要がありそうです。
gettyimages (50455)

働く人ではなく発想できる人になる

では、どういう人が新たな価値を生み出せるのか。それは言われたことを言われた通りに行う人ではなく、“発想できる人”です。
37ページより引用
テクノロジーが進化することによって、人の価値観はどんどん変わってきています。今ある価値観は、テクノロジーが進化していくことで変化し、その状況は次第に当たり前になっていくものです。
新しい価値観を、いかに早く見つけ出していくのかが鍵になってくるでしょう。
夢はテクノロジーとセンス、価値観の組み合わせで、いかようにでも達成できると著者はいいます。大事なのは、働く人ではなく発想できる人になること。そして、テクノロジーを上手に活用できる人が、これから10倍の価値を生み出せるようになるのだとか。
そして、まだない仕事で稼ぐための方法、新しいビジネスが生まれる要件は2つあるといいます。
1つ目は、今ある不便を何とかしたい、という視点。2つ目は、「もっと楽しくなるよ」から生まれるビジネスがあるというのです。まだない仕事は、今ある不便の改善と、もっと楽しくしたいという2つの要件に隠されているようです。原理原則は、至極シンプルであるといえるでしょう。
これまでにないまったく新しい仕事というものは、突然に生まれるのではなく、必ず今あるものが、他のものと組み合わされて生まれる。それをふまえて、発想していくことが大事なようです。
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

地味な起業の始め方|普通の人だから選べる史上最強のキャリア戦略

地味な起業の始め方|普通の人だから選べる史上最強のキャリア戦略

会社に入りさえすれば安泰であるという時代は、終わりを告げたといわれています。だからといって、ただ転職・副業・独立すればいいのかといえばそうではありません。すべてがリスクになり得る時代に、私たちはどう生き残っていけばいいのでしょうか。 田中祐一著『僕たちは地味な起業で食っていく。』 より、経済的に自立できるすごい働き方「地味な起業」という道をご紹介します。
キャリアビジョンとは?2020年「なりたい自分」を考える

キャリアビジョンとは?2020年「なりたい自分」を考える

あなたには、将来の夢や目標はありますか?目指す方向性をはっきりさせておくことが成功への近道となります。あなたの考える「なりたい自分」を明確にするため、キャリアビジョンの必要性や描き方について解説します。
新時代の起業アイデア発想法|起業前に知りたい成功のコツ

新時代の起業アイデア発想法|起業前に知りたい成功のコツ

モノが溢れて変化が早い時代において、常に新しい起業アイデアを創出していく必要があります。生まれ持った才能やセンスに頼らない方法は、どこかにあるものなのでしょうか。村田茂雄著『起業アイデア3.0』 より、新しいビジネスの発想法をご紹介します。
「巻き込み力」はデキる人の必須条件!職場の完璧超人はもう時代遅れ?

「巻き込み力」はデキる人の必須条件!職場の完璧超人はもう時代遅れ?

かつて「仕事がデキる人」といえば、自分の仕事を一人でこなす「完璧超人」のようなイメージだったかと思います。しかし、最近は働き方の変化により、仕事がデキる人の定義が少しずつ変わってきているのです。 今回は今の時代にこそ必要とされる「仕事の巻き込み力」について紹介していきたいと思います。
良い会議は「30分、少人数、資料は1枚」段取りとネクストステップが重要

良い会議は「30分、少人数、資料は1枚」段取りとネクストステップが重要

『最高品質の会議術』を著した前田鎌利氏は会議の生産性をアップさせるためには、「30分以内に終える」「参加者は少人数に絞る」「主要資料は1枚だけ」「段取りに手間と時間をかける」「報告にネクストステップを加える」という5つのポイントがあるといいます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ナカセコ エミコ ナカセコ エミコ
お金の教養講座
お金と投資のセミナー情報(無料)

お金の教養講座

おすすめ

お金の教養講座

⼤⼈として知っておきたいお⾦の知識。
⼈⽣そのものを充実させるためのお⾦の基礎講座

コロナショックに負けない
「今&未来の家計防衛術」セミナー

コロナショックに負けない家計になるための
お⾦の知識を学べる講座

「ビギ卒」株式投資セミナー

どんな株価相場でも、チャンスに変えて
安定した利益が出せる投資家になるための講座

お金の教養講座 for woman

ランチ時間にサクッと気軽に学べる⼥性のための
マネー⼊⾨講座です。


ファイナンシャルアカデミー公式SNS