2018年9月29日 更新

いつでも返ることができる 美しい人生のよりどころを作る生き方

年齢というものは、過ぎてみないとわからないことがあるものです。

生き方の指針になるようなモノや経験も、後になって人生のよりどころになっていることもあります。たとえ迷いや寂しさを感じたとしても、支えになる物事があれば、人は本来の自分に立ち返ることができるでしょう。

光野桃著『これからの私をつくる29の美しいこと』 より、六十代を迎えた著者がこれまでを振り返って、自身が心のよりどころとしている美しいことをご紹介します。

掃除は命への礼儀

ふと出会った、言葉。決して大仰なものでも、大きな声で発されたものでもないけれど、本のなかで、あるいは仕事の場で、またあるときは思いがけない会話から、深くなにかを感じ、強い印象が残ることがあります。中略
「掃除は命への礼儀」陶仏を制作するアーティスト、二見光宇馬さんの言葉です。
<158ページより引用>

エッセイストである著者は、女性誌編集者を経てイタリア・ミラノに在住。帰国後に文筆活動をはじめたという経歴を持っています。ファッション題材を中心とした美しい文章の数々は、まさに著者ならではといえるでしょう。

六十代を迎えた著者は、生きていく上でいつでも返っていくことができて、心の拠り所としている29の美しい物事を本著で紹介しています。

たとえばアクセサリーであったり、考え方そのものであったり。その中の一つとして、陶仏を制作するアーティストである二見氏が語ったという言葉があります。

「死んだ後に身の回りの物がそのひとを語る。だから毎日が死ぬ準備というか、その瞬間を整えておくことはとても大事だと思います」。

掃除と死が結びつけられた話を聴くのは、生まれて初めてであったと語る著者。「掃除は命に対する礼儀」、その言葉が忘れられなかったため、自身も雑巾がけをするようになったといいます。水拭きをすることで感じた瞑想に近い清々しさを通して、清めるということはこういう気持ちよさを作り出すことなのかと実感。

ふと耳にした人の言葉を、できる範囲でライフスタイルに取り込んでいくということは、豊かに生きる知恵を得るということにつながるようです。

90分で学べる、定年後の不安を解消したい方必見!

六十歳になると華やかで自由な時間が待っている

そして、だからこそ、仕事や日々の雑事に追われながらも、家族をはじめとする他者のために生きる四十代から五十代が大切な要なのです。私のその時期は、子育てが終わり、一息つく暇もなく介護に突入、なかなか過酷でした。しかし、それを乗り切って還暦を迎えてみると、なんだか気持ちがこざっぱりしているのです。
<168ページより引用>

四十代の頃の著者は、平均睡眠時間3時間で、月40本近い締め切り原稿をこなしていたのだといいます。

しかし、結局はからだも心も疲れ果てて壊してしまったのだとか。「ひとりモーレツ社員」であったと当時を振り返る著者は、それ以降も無理をし続けてしまったようです。

それから二十年が経った今、四十歳から先の人生のすべての土台は、この時期に作られていたと感じているといいます。能力や秘めている力を知ると同時に限界も知る時期。それを経て、それまでの人生にはなかった「諦める」ということを知るに至っていく。

六十代になった著者は、「六十歳になったら想像もつかない華やかで自由な時間が待っている!」と語っています。家族や暮らしの環境が変わり、自分自身の内面も変わっていく。いろいろなことが手離れして、身が軽くなる。

だからこそ、四十代から五十代が大切な要であると著者はいいます。

六十歳になってから先、二、三十年あるとしても、これまでの歳月は人生を俯瞰して見ることを可能にする時間になるのだと。やがて振り返ったときに、そんな風に思える時間を精いっぱい過ごしたいものです。

歳を重ねて似合うようになるものもある

五十歳を過ぎて、ファッションアイテムに新しく和籠が加わった著者。籠は昔から好きだったけれど、和籠は渋すぎて、長い間どんな風に持てば良いのかわからなかったのだとか。

また、美しい翡翠は、三十代では似合わなかったけれど、六十代を迎えてやっと少しだけ距離が縮まったのだといいます。頬や首が痩せて陰影が出ることで似合うようになっていく持ち物やジュエリーがあるということ。おしゃれそのものだけではなく、人生は実に奥深いものです。

心のよりどころとなる大切なモノや事を、長い年月をかけて自分なりにじっくりと作っていきたいものです。

タイトル: これからの私をつくる29の美しいこと
著者:光野 桃
発行:講談社
定価: 1,296円(税込)

【前回の記事はこちら】
90歳の現役モデルが語る、人生の現役として輝き続ける素敵な生き方
『玲子さんののんびり老い支度』から学ぶ 素敵だけれど気取らない生き方
『魔女の宅急便』の著者・角野栄子に学ぶ 色鮮やかな人生とは

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

2 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

名画を観てひとりアート研修。「黒」に近づいて、感じる心を深めてみる

名画を観てひとりアート研修。「黒」に近づいて、感じる心を深めてみる

こんにちは。芸術の秋ですね。美術展用映像・コンテンツ企画製作= “美術展のクロコ業”十余年の、かってんともこと申します。あなたは、アートに接して感じたことを人に語ることができますか? 企業にも導入されているアート研修をおひとりさまでも。美術「ひとり研修」第2回目は、「黒」にまつわるお話です。
仕事がはかどる!集中力を高める成功者の習慣3選

仕事がはかどる!集中力を高める成功者の習慣3選

社会に出て成功したいと野心を抱いているものの、いったい何をすればいいのか悩んでいませんか。今すぐできることが思いつかないなら、成功している人が取り入れている習慣を真似してみることから始めてみませんか。
「いつかは住みたい」ロンドンでの生活費

「いつかは住みたい」ロンドンでの生活費

「いつかは住みたい」ロンドン篇。伝統や格式がありつつ、流行を先取りした文化などが発達し、世界中にその強い影響を発揮する街・ロンドン。
外国人労働者受け入れ拡大 外国人労働者と良好な関係を築く方法とは

外国人労働者受け入れ拡大 外国人労働者と良好な関係を築く方法とは

「高度外国人材」の予備軍の外国人留学生と受け入れ企業への意識調査では、お互いの意識に食い違いがありました。同僚として心がけたいのは、会社の同化圧力から彼らを守る防波堤になり、相談に乗りながら彼らの優れた部分を引き出すような姿勢でしょう。
下重暁子『極上の孤独』より 本当の孤独とは何なのかを知る

下重暁子『極上の孤独』より 本当の孤独とは何なのかを知る

一人で過ごすことが好きな人、意外といるはずです。しかし、世の中的には「孤独=悪」。年を重ねたときに一人でいることは、寂しくて憐れ。そんな偏った見方を、他人にも自分にもしてしまう傾向があるものです。そもそも、孤独でいるということは、成熟した人間だけが到達できる境地。下重暁子著『極上の孤独』 は、一人でいることをこよなく愛している著者が、本当の孤独とは何なのか、そして、孤独の効用について語った一冊です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部