2018年9月12日 更新

「いつかは住みたい」サンフランシスコでの生活費

アメリカ西海岸の港湾都市として有名なサンフランシスコ。半島に連なる摩天楼、オーシャンビューの高級住宅街、人でにぎわうフィッシャーマンズワーフなど、海と都市が融合した明るい街並みは多くの人に愛されています。

gettyimages (20917)

2018.9.11
季節による温度変化が少なく、穏やかな気候で過ごしやすいことも人気のひとつ。シリコンバレーを中心に世界的なIT企業の本社が集まり、カリフォルニア州屈指の経済都市としても知られています。そんな世界的に有名な街に移住してみたいと思う方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、将来的にサンフランシスコへ移住したいという方のために、移住にかかる費用を試算し、1カ月あたりの生活費を項目ごとにご紹介します。

サンフランシスコの住宅費は全米一高い! ルームシェアが手ごろに住むためのカギ

gettyimages (20923)

サンフランシスコは、全米で最も家賃が高い場所として知られています。
2018年8月現在の全米家賃ランキング(Zumper社調べ)によると、1位のサンフランシスコは、1ベッドルーム(リビング+寝室1つ。日本でいうところの1LDKにあたる)の平均家賃が月々3,500ドル。2ベッドルーム(2LDK)だと4,730ドルにもなります。1ドル111円だとすると、1LDKが月々38万8500円、2LDKが月々52万5,030円にもなります。しかも、この平均家賃は2009年頃から毎年上がり続けているというのです。
こんな高い家賃を払って、暮らしていける人なんているのでしょうか。
そう思い、調べを進めてみると、サンフランシスコでは4人家族で年収11万7,400ドル(約1,300万円)の家庭は「低所得層」に分類されるというのです。さらに年収7万3,300ドル(約810万円)の場合は「非常に低い所得」に分類されるのだとか。日本人の平均年収が約420万円(平成28年度)なので、平均的な日本人家庭は、超低所得層に分類されてしまうことになります。日本の企業がサンフランシスコ支社に人材を派遣する場合、年間約500万円の海外手当を出すところもあると聞きましたが、それでも足りないぐらいなのかもしれません。シリコンバレーに本社をかまえるGoogleやAppleなど世界的IT企業の社員なら、1ベッドルームで約39万円という高額な家賃を払い続けられるのでしょうか。
しかし、これは統計上の話。実際の賃貸情報を見れば、リーズナブルな物件もあるはず……と、サンフランシスコ総合コミュニティサイト「びびなび」(https://sanfrancisco.vivinavi.com/)の不動産情報を見てみました。
しかし、住所が「サンフランシスコ」となっている住宅は、やはり1ベッドルームで月々3,000ドルぐらいしてしまいます。最も安いアパート(1DK)で月々2,500ドル。がんばって探せば掘り出し物もあるかもしれませんが、やはり相当な家賃を覚悟していかなければならなさそうです。
身軽な単身で人との共同生活も気にならないという場合は、ルームシェアが割安です。3ベッドルームの一軒家を3~4人でシェアして月々800ドル(約9万円)から、バスルーム付きの個室(キッチンなどは共用)で月々1,300ドル(約14万円)から……など一気に手が届きそうな家賃が見えてきました。しかも、基本的な家具、水道・ガス・電気・Wi-Fiなどは家賃に含まれていることが多いようです。ただし、個室ではなく、リビングに間借りするタイプのシェアもあるので、条件等はよく調べて応募する必要がありそうです。
したがって、サンフランシスコでの住宅費は、ルームシェアで約9万円~。1LDKを借りると月々約40万円を覚悟しなくてはならないことがわかりました。かなりハードルが高いので企業の駐在員になるなど住宅手当や海外手当をもらえる環境を整えて行った方がよさそうですね。

食費も少しお高め。手に入らない食材はなさそうだけど……

gettyimages (20934)

40 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「いつかは住みたい」コペンハーゲンでの生活費

「いつかは住みたい」コペンハーゲンでの生活費

デンマークは、バルト海に突き出すユトランド半島とその周りを囲む島々からなる、世界有数の海運国家です。例えば、世界最大の海運会社と言われるマークスラインもデンマークに本社を置いています。皆さんが手にしている輸入製品にも、デンマークを通じて運ばれたものが少なからずあることでしょう。
「いつかは住みたい」南アフリカでの生活費

「いつかは住みたい」南アフリカでの生活費

アフリカ大陸最南端に位置する南アフリカは“虹の国”と称され、多彩な魅力に溢れています。「アフリカ」と聞くと野生動物や大自然を想像する方も多いと思いますが、それだけでなく、華やかな街並みや近代都市が共存していることが大きな特徴です。
「いつかは住みたい」マルタ共和国での生活費

「いつかは住みたい」マルタ共和国での生活費

マルタ共和国は、佐渡島の半分の面積しかない地中海に浮かぶ小さな島国です。マルタ島、ゴゾ島、コミノ島の3つの島からなるこの国は、透き通るような美しい海、様々な文化が入り組んだ風光明媚な街並み、街を闊歩する猫など、フォトジェニックなスポットが数多くあり、知る人ぞ知る観光国として人気になっています。
「いつかは住みたい」デリーでの生活費

「いつかは住みたい」デリーでの生活費

インドは、世界2位の13億の人口を抱える国家で、様々な民族・言語・宗教で溢れています。公用語はヒンディー語の他に約20もあり、それを表すものとして「15マイルごとに方言が変わり、25マイルごとにカレーの味が変わる。100マイル行けば言葉が変わる。」ということわざもあります。
「いつかは住みたい」ブータンでの生活費

「いつかは住みたい」ブータンでの生活費

ブータンは、北は中国・南はインドに挟まれる南アジアの国家で、「世界一幸福度が高い国」とも言われています。独特の仏教文化を色濃く残しており、他の国にはない魅力で溢れています。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部