2018年9月12日 更新

「いつかは住みたい」サンフランシスコでの生活費

アメリカ西海岸の港湾都市として有名なサンフランシスコ。半島に連なる摩天楼、オーシャンビューの高級住宅街、人でにぎわうフィッシャーマンズワーフなど、海と都市が融合した明るい街並みは多くの人に愛されています。

gettyimages (20917)

2018.9.11
季節による温度変化が少なく、穏やかな気候で過ごしやすいことも人気のひとつ。シリコンバレーを中心に世界的なIT企業の本社が集まり、カリフォルニア州屈指の経済都市としても知られています。そんな世界的に有名な街に移住してみたいと思う方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、将来的にサンフランシスコへ移住したいという方のために、移住にかかる費用を試算し、1カ月あたりの生活費を項目ごとにご紹介します。

サンフランシスコの住宅費は全米一高い! ルームシェアが手ごろに住むためのカギ

gettyimages (20923)

サンフランシスコは、全米で最も家賃が高い場所として知られています。
2018年8月現在の全米家賃ランキング(Zumper社調べ)によると、1位のサンフランシスコは、1ベッドルーム(リビング+寝室1つ。日本でいうところの1LDKにあたる)の平均家賃が月々3,500ドル。2ベッドルーム(2LDK)だと4,730ドルにもなります。1ドル111円だとすると、1LDKが月々38万8500円、2LDKが月々52万5,030円にもなります。しかも、この平均家賃は2009年頃から毎年上がり続けているというのです。
こんな高い家賃を払って、暮らしていける人なんているのでしょうか。
そう思い、調べを進めてみると、サンフランシスコでは4人家族で年収11万7,400ドル(約1,300万円)の家庭は「低所得層」に分類されるというのです。さらに年収7万3,300ドル(約810万円)の場合は「非常に低い所得」に分類されるのだとか。日本人の平均年収が約420万円(平成28年度)なので、平均的な日本人家庭は、超低所得層に分類されてしまうことになります。日本の企業がサンフランシスコ支社に人材を派遣する場合、年間約500万円の海外手当を出すところもあると聞きましたが、それでも足りないぐらいなのかもしれません。シリコンバレーに本社をかまえるGoogleやAppleなど世界的IT企業の社員なら、1ベッドルームで約39万円という高額な家賃を払い続けられるのでしょうか。
しかし、これは統計上の話。実際の賃貸情報を見れば、リーズナブルな物件もあるはず……と、サンフランシスコ総合コミュニティサイト「びびなび」(https://sanfrancisco.vivinavi.com/)の不動産情報を見てみました。
しかし、住所が「サンフランシスコ」となっている住宅は、やはり1ベッドルームで月々3,000ドルぐらいしてしまいます。最も安いアパート(1DK)で月々2,500ドル。がんばって探せば掘り出し物もあるかもしれませんが、やはり相当な家賃を覚悟していかなければならなさそうです。
身軽な単身で人との共同生活も気にならないという場合は、ルームシェアが割安です。3ベッドルームの一軒家を3~4人でシェアして月々800ドル(約9万円)から、バスルーム付きの個室(キッチンなどは共用)で月々1,300ドル(約14万円)から……など一気に手が届きそうな家賃が見えてきました。しかも、基本的な家具、水道・ガス・電気・Wi-Fiなどは家賃に含まれていることが多いようです。ただし、個室ではなく、リビングに間借りするタイプのシェアもあるので、条件等はよく調べて応募する必要がありそうです。
したがって、サンフランシスコでの住宅費は、ルームシェアで約9万円~。1LDKを借りると月々約40万円を覚悟しなくてはならないことがわかりました。かなりハードルが高いので企業の駐在員になるなど住宅手当や海外手当をもらえる環境を整えて行った方がよさそうですね。

食費も少しお高め。手に入らない食材はなさそうだけど……

gettyimages (20934)

40 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「いつかは住みたい」エストニアでの生活費

「いつかは住みたい」エストニアでの生活費

バルト三国の最北に位置するエストニアは、人口約130万人、国土は日本の約9分の1の小さな国です。以前に、元大関・把瑠都の活躍で国名を耳にした方も多くいらっしゃると思います。 そのエストニアですが、近年“IT先進国”として大きな注目を浴びていることをご存知でしょうか? 実は、あの「Skype」もエストニアから生まれたサービスなのです。
<おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表・高橋晋平> 生まれながらの弱々しさが起業に役立った。

<おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表・高橋晋平> 生まれながらの弱々しさが起業に役立った。

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?
海外で暮らしてみたい!そんな時に知っておきたいお金のこと

海外で暮らしてみたい!そんな時に知っておきたいお金のこと

一度は海外で暮らしてみたい……なんて考えたことはありませんか? いまではリタイア後の移住の選択肢として海外も入っているくらですから、決して夢物語ではありません。 実際に暮らすとなると、移住費はもちろん生活まわりのお金のことをなど考えておくべきことがたくさんあります。そこで、リタイアまで待てる人も待てない人も、海外暮らしを検討する前に、知っておきたい大切なポイントを説明します。
「いつかは住みたい」アムステルダムでの生活費

「いつかは住みたい」アムステルダムでの生活費

風車やチューリップなどで有名なオランダは、四季を通じて美しい景観が楽しめる国です。首都として発展するアムステルダムでは、それ以外にも、中世時代の趣を残す街並みも楽しむことができ、国内外から多くの人々が行き来しています。
〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

2003年、地元への愛と自虐を込めた歌『佐賀県』でブレイク。近年は柔道に奮闘する3兄弟を育てる姿もお茶の間で人気の芸人はなわさん。さらに妻の誕生日に贈った歌『お義父さん』をライブで披露した映像は感動を呼び、公開からわずか20日間で100万回再生を突破。ベストファーザー賞も受賞しました。世間の注目を集め、惹きつける「はなわ家族」を育んだ独特な子育て術とは?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部