2019年2月9日 更新

自己啓発が将来のキャリア形成に役立つ理由

ビジネスシーンにおいて、自分のスキルを高めるためには日ごろからの努力が大切です。自己啓発に力を注ぐことで、これまでになかった新しい発想・新しいジャンルへの探求心も高まることでしょう。今回は、自己啓発がキャリア形成に役立つ理由についてご紹介します。

自己啓発は、自分の心の成長を促すとともに、実務面でも大きな効果が期待できます。一方で、注意したいポイントも。ここで大きく3つの注意点をあげてみました。

・なんでも手を出しすぎて器用貧乏にならない
・自分にとって必要な自己啓発に時間・お金・力を注ぐ
・ピンポイントに注力しすぎると、視野を狭める恐れあり
自己啓発に積極的な方のなかには、多様なジャンルに手を出す傾向があることも。どんなジャンルでもなんでも学んでみたい探求心は、素晴らしいことです。一方で、自己啓発している自分の姿に陶酔してしまっている可能性も少なくありません。

人の人生には限りがあります。時間・お金・労力は有限であることを認識し、自分にとって何が必要なのかを理解したうえで自己啓発に努めましょう。自分が目指す方向性にフィットしていないと、遠回りばかりを繰り返すことにもなりかねません。
また、ピンポイントのジャンル・専門家に意識を集中させてしまうと、その考えばかりにとらわれてしまう場合があります。いくつかの視点から考え方・やり方を探り、適した自己啓発が行えるといいですね。

キャリアコンサルティングを受ける人も増加

Office Business Colleagues · Free photo on Pixabay (30517)

自分でキャリア形成を考えるのはもちろんですが、どうしたらいいかわからない、という人が多いのも事実です。多様な働き方が増えることで、政府もキャリアコンサルティングの有用性について発言しており、実際に受けている人も少しずつ増えています。

今後は職場などでもキャリアコンサルティングを受けられる環境が少しずつ整備されていくことが想定されるでしょう。
(参考:厚生労働省|キャリアコンサルティング・キャリアコンサルタント
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/jinzaikaihatsu/career_consulting.html

湊音

元総務・人事キャリアを持つフリーライター。これまでの経験を活かし、「仕事」「働き方」などのテーマを中心に執筆活動中。女性がのびのびと多様な働き方を実現できるべく、常に新しい情報をキャッチしています。
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

廃校スペースが起業オフィスに生まれ変わる!メリットや事例は?

廃校スペースが起業オフィスに生まれ変わる!メリットや事例は?

全国でいま年間約500校のペースで「廃校」が生まれています。それを利用し、起業家やスタートアップ企業にシェアオフィスを格安で貸す施設が増えています。その最大のメリットは月々1万円台から安く借りられ、起業の初期費用を抑えられることでしょう。
キャッシュレス化で補助金も!?クレジットカード決済未導入は不利?

キャッシュレス化で補助金も!?クレジットカード決済未導入は不利?

キャッシュレス化社会を進めるために補助金を行政が用意している、というお話を耳にされた方は少なくないでしょう。既に起業された方も、これから起業を検討されている方も、クレジットカード決済を導入しない場合、ビジネスで損をする可能性が大きいことは知っておいた方が良いですね。
2020年に向けて働き方改革「テレワーク」のメリットとは

2020年に向けて働き方改革「テレワーク」のメリットとは

世紀の一大イベントである東京オリンピックが2020年に行われます。開催期間中の都内への出勤など、交通機関の混雑が予想されます。 森本登志男著『あなたのいるところが仕事場になる』 より、今知っておきたい、テレワークという働き方についてご紹介します。
成長する人・しない人の違いはたった1つだけ?質問力の考え方

成長する人・しない人の違いはたった1つだけ?質問力の考え方

成長する人・しない人の違いは、突き詰めればたった1つしかありません。一向に成長しない部下や後輩を眺めて、日々悩んでいる方も少なくないのではないでしょうか。仕事で成長する人・しない人の違いがどこから来るのかを解き明かし、どのように捉えれば良いのかを考えてみます。
近代日本の財政破綻の危機を救った蔵相・高橋是清は、転職魔だった

近代日本の財政破綻の危機を救った蔵相・高橋是清は、転職魔だった

江戸末期にアメリカ・オークランドで牧童をしていた高橋是清は、職業を転々とした三十年余の年月を経て、明治三十二年には日銀副総裁に栄進し、日露戦争や世界恐慌の勃発により日本が財政破綻の危機的状況に陥ったなか、戦費調達や金融・財政政策に辣腕を振るい国家の破綻を救いました。 この間の転職歴は十数回におよび、ときには遊びで身を持ち崩したり、事業の失敗で失業するなど人生の辛酸をなめましたが、その生き様の中でどのような軌跡を描き人生の成功者となっていったのでしょうか?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

湊音 湊音