2018年3月12日 更新

ロジカルシンキングもポジティブシンキングも薄い知性だ

「人工知能に仕事を奪われる」「お金の常識が変わる」――。そんなニュースをみて、自分の生き方に不安や迷いを抱えている方も少なくないでしょう。そこで今回は、これからの社会で人生を切り開いていく武器となる、ある”力”について書かれた本を取り上げます。

なぜなら、小手先の合理性や、世の中をポジティブなものだけで構成しようとする器の小さな思考では、一刻を争うような、”ここ一番”の判断には通用しないから。真の知性とは、ときに矛盾や清濁を併せ呑むような、タフでダイナミックなものなのです。
では一体、どのようにすれば私たちは知性を会得し、磨くことができるのでしょうか。

知性を磨く最善の方法

gettyimages (11397)

著者が推奨する方法は、本を丁寧に読むこと。といっても、本なら何でも良いという訳ではありません。
実際に知性を武器にして、困難な課題に取り組んだ人物が遺した本を読むこと。そして、その人物が、課題に対してどのように考え、どうのように行動したか追体験すること。それを繰り返すことによって、自分が困難に直面したときにも、彼らの経験を手本にしながら、自らの頭で考えられるようになるのだと著者は言います。
本書では、そのロールモデルとして、夏目漱石、福沢諭吉、西郷隆盛ら、近代日本の礎を築いた人物たちが、それぞれの人生や社会の困難に立ち向かっていったエピソードとともに紹介されています。注目すべきは、彼らほどの人物でさえ、一朝一夕にして知性を鍛えたわけではないということです。

馬ではなく、牛になる

gettyimages (11403)

留学先のロンドンの下宿部屋で、精神に変調をきたしながら、膨大な英語文献と格闘した夏目漱石。島流しされた沖永良部島で、肉体と魂に刻みつけるように儒学書を読み込んだ西郷隆盛。後に偉業を為す彼らには、人知れず、読書と思索に没頭した時代があったのです。
夏目漱石は死の直前、弟子の芥川龍之介と久米正雄に宛てた手紙で、次のようなアドバイスを贈っています。
「牛になる事はどうしても必要です。われわれはとかく馬になりたがるが、牛にはなかなかなりきれないです。(…)根気ずくでお出なさい。世の中は根気の前に頭を下げる事を知っていますが、火花の前には一瞬の記憶しか与えてくれません。」(齋藤孝『知性の磨き方』53ページより)
馬の軽快さではなく、牛のように根気強く悪戦苦闘すること。お手軽なノウハウが溢れている現代だからこそ、肝に銘じておきたい言葉です。

セジマタクヤ

広告代理店勤務を経て、大阪でフリーの企画・ライターとして活動中。おもに本の紹介やマーケティング記事を執筆しています。
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

言葉を武器に発信力を高める!「明日のライターゼミ」西島知宏氏インタビュー

言葉を武器に発信力を高める!「明日のライターゼミ」西島知宏氏インタビュー

「言葉」をうまく使えたらビジネスでの発信力も上げられる―。今最も活躍するウェブライターやコピーライターが講師を務めるオンラインサロン「明日のライターゼミ」は、現役ライターやその卵だけでなく、企業のPR担当者や一般の会社員など、幅広い層から注目を集めています。自身も輝かしいクリエイティブの実績を持つゼミ主催者 西島知宏氏がオンラインサロンを開いたのはなぜか。ビジネスとクリエイティブの境界が重なりつつある今、ビジネスパーソンにも注目のライター論をお届けします。
〈藤原美智子〉「お金とは、生き方である」

〈藤原美智子〉「お金とは、生き方である」

さまざまなモデルの新たな魅力を引き出し、常に最前線で活躍するヘア・メイクアップアーティスト藤原美智子さん。自らも美しく歳を重ねていく様を体現されていて、そのライフスタイルは世の女性たちの憧れとなっています。人生を美しく、幸せに生きるために必要なこととは。藤原さんに伺いしました。
〈藤田雄大〉「お金とは、気球のために使うもの」

〈藤田雄大〉「お金とは、気球のために使うもの」

バルーンニストの藤田雄大さん。18歳で熱気球パイロットライセンスを取得。2007年、立教大学在学時に挑んだ日本選手権では、初挑戦ながら2位を獲得。その後も飛躍的な成長を遂げ、そして2014年ブラジルで開催された世界選手権で日本人初となる優勝を果たしました。
人生100年時代に注目される農業✕テクノロジー「アグリテック」とは?

人生100年時代に注目される農業✕テクノロジー「アグリテック」とは?

田舎暮らしに憧れ、いつかリタイアしたら家庭菜園をやってみよう…と思っている人も少なくないようです。 その一方で、既存の農家は存亡の危機です。重労働に加え、収入の不安定さなどの理由から後継者がいなくなり、外国人の労働力に頼る農家が増えています。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座