2018年3月12日 更新

ロジカルシンキングもポジティブシンキングも薄い知性だ

「人工知能に仕事を奪われる」「お金の常識が変わる」――。そんなニュースをみて、自分の生き方に不安や迷いを抱えている方も少なくないでしょう。そこで今回は、これからの社会で人生を切り開いていく武器となる、ある”力”について書かれた本を取り上げます。

なぜなら、小手先の合理性や、世の中をポジティブなものだけで構成しようとする器の小さな思考では、一刻を争うような、”ここ一番”の判断には通用しないから。真の知性とは、ときに矛盾や清濁を併せ呑むような、タフでダイナミックなものなのです。
では一体、どのようにすれば私たちは知性を会得し、磨くことができるのでしょうか。

知性を磨く最善の方法

gettyimages (11397)

著者が推奨する方法は、本を丁寧に読むこと。といっても、本なら何でも良いという訳ではありません。
実際に知性を武器にして、困難な課題に取り組んだ人物が遺した本を読むこと。そして、その人物が、課題に対してどのように考え、どうのように行動したか追体験すること。それを繰り返すことによって、自分が困難に直面したときにも、彼らの経験を手本にしながら、自らの頭で考えられるようになるのだと著者は言います。
本書では、そのロールモデルとして、夏目漱石、福沢諭吉、西郷隆盛ら、近代日本の礎を築いた人物たちが、それぞれの人生や社会の困難に立ち向かっていったエピソードとともに紹介されています。注目すべきは、彼らほどの人物でさえ、一朝一夕にして知性を鍛えたわけではないということです。

馬ではなく、牛になる

gettyimages (11403)

留学先のロンドンの下宿部屋で、精神に変調をきたしながら、膨大な英語文献と格闘した夏目漱石。島流しされた沖永良部島で、肉体と魂に刻みつけるように儒学書を読み込んだ西郷隆盛。後に偉業を為す彼らには、人知れず、読書と思索に没頭した時代があったのです。
夏目漱石は死の直前、弟子の芥川龍之介と久米正雄に宛てた手紙で、次のようなアドバイスを贈っています。
「牛になる事はどうしても必要です。われわれはとかく馬になりたがるが、牛にはなかなかなりきれないです。(…)根気ずくでお出なさい。世の中は根気の前に頭を下げる事を知っていますが、火花の前には一瞬の記憶しか与えてくれません。」(齋藤孝『知性の磨き方』53ページより)
馬の軽快さではなく、牛のように根気強く悪戦苦闘すること。お手軽なノウハウが溢れている現代だからこそ、肝に銘じておきたい言葉です。

セジマタクヤ

広告代理店勤務を経て、大阪でフリーの企画・ライターとして活動中。おもに本の紹介やマーケティング記事を執筆しています。
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?
〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

2003年、地元への愛と自虐を込めた歌『佐賀県』でブレイク。近年は柔道に奮闘する3兄弟を育てる姿もお茶の間で人気の芸人はなわさん。さらに妻の誕生日に贈った歌『お義父さん』をライブで披露した映像は感動を呼び、公開からわずか20日間で100万回再生を突破。ベストファーザー賞も受賞しました。世間の注目を集め、惹きつける「はなわ家族」を育んだ独特な子育て術とは?
元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部