2017年10月26日 更新

その選択がすべて、自分の未来につながっている

当たり前のように毎日使っているお金。でも、それは「何にお金を使うのか」「いつ使うのか」「いくら使うのか」という選択の繰り返しともいえます。そして、その選択はすべて、自分の未来につながっているのです。──『美しく生きる女のお金の作法』特別編集[第4回]

gettyimages (4419)

2017.9.5

二者択一で迷ったら「未来」から逆算する

gettyimages (4422)

私たちはお金を使おうとするたびに、自分の意志で“選択”をしています。

食事のために買う野菜は、食べた人の体をつくる大事な栄養となって、将来の健康や美しさに直結します。週末に映画を観たとしたら、心に残った情景やヒロインの印象的なセリフが、観た人の美意識を磨き、その後の生き方に何らかの影響を与えるかもしれません。その選択はすべて、自分自身の未来につながっています。
だから、何にお金を使うかというのはとても大切。二者択一で迷ったとしたら、「未来の自分の成長につながる」と考えられるほうにお金をかけていきましょう。

つまり、目先の得ではなく、未来から逆算したときに得があるほうを選択する、ということ。
istockphoto (4423)

例えば、スポーツクラブへの入会を検討していたとします。会費は1ヶ月7,500円。「将来のためにお金を貯めたいのに、毎月7,500円の出費は避けたいなぁ」と思った時に、いったん立ち止まって、未来から逆算して考えてみるのです。確かに、目先を考えると7,500円の会費はマイナスかもしれません。

でも、毎月スポーツクラブに通うことで、体質が改善して病気が予防できるかもしれない。この7,500円をムダにしないために仕事の効率を上げる方法を本気で考えるかもしれない。新しい出会いが生まれて、起業したいという夢の実現に近づくかもしれない。そういった可能性を探ってみて、支払った金額以上の価値があると判断したら、それはお金をかけたほうが「得」と判断するのです。

お金の使い方には浪費・消費・投資の3つがある

thinkstock (4424)

お金の使い方には浪費・消費・投資の3つがあります。支払った金額より得られた価値が少なかったら、それは「浪費」。支払った金額と得られた価値が同じだったら「消費」。支払った金額以上の価値があったら「投資」。
いかに「浪費」を減らし、いかに「投資」を増やせるか。これが、お金を使うときの極意です。
投資とは、未来に向けて続けていく屈伸運動のようなもの。すぐに効果を感じられるものではないですし、時にちょっと痛みを感じることもあるかもしれません。ですが、確実にあなたの筋肉を鍛え、いざ飛躍したいというその時にあなたを高く飛ばしてくれる準備運動。それが投資なのです。
例えば、旅行の行き先をプラニングする時に、何度か行ったことのあるハワイか、行ったことのない北欧の国を旅するか。もしも迷ったら、「5年後、10年後の私を高めてくれるほう」をチョイスしましょう。同じハワイでも、ツアーガイドや日本の代理店に頼らずに、すべて現地で自分でコミュニケーションをとることに挑戦するのであれば、限りなく投資に近づいていけるかもしれません。
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「完成するまでは本当に試行錯誤の連続だった」第11章[第21話]

「完成するまでは本当に試行錯誤の連続だった」第11章[第21話]

元銀行員の男が起業をして、一時は成功の夢をつかみかけたが失敗する。男はなぜ自分が失敗したのか、その理由を、ジョーカーと名乗る怪しげな老人から教わっていく。"ファイナンシャルアカデミー代表"泉正人が贈る、お金と人間の再生の物語。
お金が貯まらない人の悪しき生活習慣~『お金原論』[第10回]〜

お金が貯まらない人の悪しき生活習慣~『お金原論』[第10回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。
幸せとは何なのか!?  『幸福の資本論』に学ぶ

幸せとは何なのか!? 『幸福の資本論』に学ぶ

みなさんはインターネットの検索窓に「幸せ」と打ち込んだ経験はありますか? ちょっと恥ずかしいですが、私はあります。そして結果的に、ネットで自由に手軽に幸せを見つけることなどできませんでしたが、ひとつ発見もありました。それは「幸せ とは」で検索している人がかなりの割合でいるという事実。同じ疑問を持つ人は少なくないのです。
預金通帳は社会人としてのお金の「履歴書」〜『お金原論』[第9回]〜

預金通帳は社会人としてのお金の「履歴書」〜『お金原論』[第9回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。
実は浪費家ではなかった?  マリー・アントワネットのお金の真実

実は浪費家ではなかった? マリー・アントワネットのお金の真実

なぜか、誤解ばかり受ける女性がいる。フランス王妃マリー・アントワネットは、生きている間もそうだったが、死んでからも自分が言ったセリフではない「パンがなければ、ケーキ(orブリオッシュ)を食べればいいじゃない」という自由奔放な言葉が一人歩きをして、彼女の評判を死後も貶められていました。ようやく近年になって、このセリフの出典が彼女ではないという事実が一般層にも広まってきています。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

大竹のり子 大竹のり子