2018年11月15日 更新

富裕層のライフスタイルに共通する3つの特徴

一見して分かる派手な成金と違い、本物のお金持ちは何事も控えめだといわれます。たしかに私が親しくしている富裕層たちの見た目やライフスタイルは、拍子抜けするほど控えめです。しかし、なぜか3つの特徴だけは共通しています。

Wine Glass Alcohol Of · Free photo on Pixabay (24240)

2018.11.15

マナーとしての持ち物の使い分け

John Work Garrett Library · Free photo on Pixabay (24082)

20代の頃、老舗の高級クラブに勤めたことがあります。半年だけでしたが、バーテンダーとスナックのホステスしか経験がなかった私にとっては新鮮な体験でした。
クラブのお客様は3種類に分かれます。富裕層と富裕層予備軍、そしていわゆる成金といわれるタイプです。
ここでいう富裕層予備軍は、単純に富裕層が連れてくる人、その紹介で訪れる人を指します。後継ぎだったり出世候補だったりしますが、初めて訪れたのに最初から「場慣れ」しているのが特徴です。
成金といわれるタイプには悪いイメージが浮かびますか?実際は、虚勢を張るけれど人なつっこく、一番親しみやすかったように思います。ただ、見事に持ち物とファッションがいつも同じテイストで、キラキラあるいはギラギラしていました。
富裕層の時計やかばんは基本的に国産品で、ロレックスよりグランドセイコーですし、かばんとスーツも国内のオーダー品です。世代のせいかと思いましたが、私服で奥さまとデート帰りに寄るときは、おそろいでオメガの時計を着けています。
そうか、グランドセイコーはビジネス用なのか。今夜はセリーヌの新作を持っている奥さまも、普段は皇室御用達ハマノのバッグかもしれない。そういえば、この店のママもパーティーではクジャクみたいなのに、結婚式と祝賀会だけは地味だな。
そんな考えをめぐらせながら、若かった私はTPOで持ち物を使い分けるというマナーを学びました。

経済を「回す」という意識が強い

gettyimages (24067)

近所の商店(としか言いようのない食品や日用品を売っている店)が100円ショップになりました。ゴミ出しのついでに近所の主婦と喜んでいたら、70代のAさんだけが浮かない顔でつぶやきました。
「あの店の子どもたち、まだ小さいのにフランチャイズなんて大丈夫かねえ」
「たまのバーゲンはいいけど、いつでも安いのは景気を悪くするんだよ」
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

富裕層予備軍の特徴は?日常生活の中で分かる3つの習慣

富裕層予備軍の特徴は?日常生活の中で分かる3つの習慣

将来お金持ちになる若き富裕層予備軍。彼らの特徴を、ビジネスシーン以外で3つあげてみます。オーラやカリスマ性といった曖昧な特徴は省き、日常的で分かりやすい事例に絞りました。あなたやあなたの周囲の人に当てはめてみてはいかがでしょう?
お金持ち彼氏との結婚は難しい?長く愛される女性には共通点が

お金持ち彼氏との結婚は難しい?長く愛される女性には共通点が

お金持ち彼氏と出会い、結婚したいと考える女性は多くいます。ところが、お金持ちの男性との出会いまでは何とかなっても、結婚して長く幸せになることはハードルが高いのが現実です。お金持ち男性との結婚については、世間では勘違いされていることが多いのですね。
成功者の睡眠時間に法則性はない?自分に合うパターンこそ大切

成功者の睡眠時間に法則性はない?自分に合うパターンこそ大切

成功者の睡眠時間を眺めてみると、ロングスリーパー、ショートスリーパー、分割型など様々です。もちろん、一般的な睡眠時間の成功者もいます。性別や業界、専門領域もバラバラで、成功者と睡眠時間との間には法則性はないようです。自分に合う睡眠パターンこそが大切です。
知っていますか? 富裕層の年間スケジュールの立て方

知っていますか? 富裕層の年間スケジュールの立て方

最近、ゴールデンウィークの10連休をどのように過ごすかという話題を多く見かけるようになりましたが、富裕層と呼ばれるような人たちはどのようにスケジュールを立てているのでしょうか。当然、バタバタしながら予定を立てるわけはなく年間単位でスケジュールを立てています。
富裕層が集う街ドバイでラグジュアリーな旅 おすすめ観光5選

富裕層が集う街ドバイでラグジュアリーな旅 おすすめ観光5選

ドバイは今や、ニューヨークや東京よりも訪れる人が多いと言われる、アラブ首長国連邦の最大都市です。亜熱帯に位置するドバイは、冬でも20度以上の温かい日が続きます。その中でもベストシーズンは遊泳ができるようになる3月。注目のドバイ観光の魅力に迫ります。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

しらとはる しらとはる