2018年4月13日 更新

世界幸福度No.1デンマークに伝わる魔法の言葉 『ヒュッゲ』とは⁉

デンマークと言えば、国連の世界幸福度調査で何度もNo.1になってきた常連国で、世界最高レベルの社会保障が受けられることで有名な国。しかし、その分税金は世界最高レベル、天候は雨や曇りが多くどんよりした気候。他の欧州の国々と比べて環境面で優れているとは言えないのです。そこで、研究者たちが注目したのがデンマーク独自の価値観『ヒュッゲ』だったのです。

thinkstock (13114)

2018.4.13
北欧デンマークに伝わる“ある言葉”が世界的に注目されているのをご存知でしょうか? その言葉とは『HYGGE』。これで『ヒュッゲ』と読むのですが、日本語や英語では簡単には訳すことができない概念で
・心地よさ
・人と一緒にいるときに感じるぬくもり
・不安のない状態
などなど、様々なニュアンスを含む言葉なのだそうです。この言葉がタイトルの『ヒュッゲ 365日シンプルな幸せの作り方』が出版されると、ヨーロッパを中心に世界30か国以上で重版!ついに日本にも上陸を果たしました。
今回は、知られているようで知らない国デンマークの人々の「幸せの価値観=ヒュッゲ」について学んでみましょう!

「ヒュッゲ!」と言わずにいられないデンマークの人々

gettyimages (13124)

デンマークに伝わる「ヒュッゲ」という言葉。その言葉が簡単には言い表せないことは紹介しましたが、実際人々は日常でどのように使っているのでしょうか?その一例が紹介されていました。それによると、
「なんてヒュッゲな部屋なの!」「あなたに会えるなんてヒュッゲだわ!」「ヒュッゲな時間を過ごしてね!」――と、こんな感じ。
なんだか日本の「ヤバい」のような最近の流行語にも思えてきますが、実はデンマークでは1800年代初頭から使われる歴史ある言葉。幸せの価値観として深く浸透しているのだそうです。さて、なんとなくヒュッゲの使い方は分かったところで、次は彼らが「これぞ最高のヒュッゲだ!」と感じることを紹介しつつ、我々日本人も幸せに近づくコツを学んで行きましょう。

モノへのこだわり。「キャンドルを灯せばヒュッゲがやってくる」

gettyimages (13140)

デンマークの人々に、「ヒュッゲと聞いて思い浮かべるものは?」と聞くと、実に85%の人が「キャンドル」と答えるそうで、なんと1人当たりのキャンドル消費量は年間6キログラム!これは世界で断トツNo.1の数字なのだとか!それだけデンマークの人々は照明で部屋の雰囲気を演出することに幸せを感じ、重要視しています。さらに、世界的にも有名な照明デザインがいくつも生まれており、学生の質素な部屋でも照明だけは良い品を使っていることも多いのだとか。
さらに、毎日過ごす部屋のインテリアは木製の物やヴィンテージのアイテム、触り心地の良い物をチョイス。これらも「ヒュッゲなもの」の代表格。職人の手仕事や素材の良さを大切にする日本の美的感覚にも通じるものがありますが、これは北欧インテリアが日本で流行していることにも関係があるのかもしれません。
つぎに、デンマークの人々が大切にする「ヒュッゲな時間の使い方」について。
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

アクティブ・ラーニングって具体的になに? 家庭で実践するコツは?

アクティブ・ラーニングって具体的になに? 家庭で実践するコツは?

アクティブ・ラーニングという言葉を耳にしたことはあるでしょうか。これは、生徒自らが能動的に学ぶことであり、教育現場では、学習者が能動的に学べるような授業を行ったり課題に取り組んだりすることを言います。典型的には、グループ・ディスカッションや体験学習、夏休みの自由研究などです。
ワインを愛する富裕層のバカンススタイル「エノツーリズモ」

ワインを愛する富裕層のバカンススタイル「エノツーリズモ」

古代ローマ時代の富裕層が愛した「ワイン」と「閑暇」。 この奥の深いふたつのキーワードを体現したのが、「エノツーリズモ」といわれる観光です。世界各地にあるワイナリーは、豊かな自然に囲まれているという立地条件により、すでにそれだけで閑雅な閑暇を過ごすには絶好のシチュエーション。これを利用した観光業が、昨今のブームとなりつつあるのです。
ブロックチェーンやビットコインは世界をどう変えるのか 〜ミス・ビットコインが語る「未来のお金のつくり方」前編〜

ブロックチェーンやビットコインは世界をどう変えるのか 〜ミス・ビットコインが語る「未来のお金のつくり方」前編〜

「未来のお金のつくり方」をテーマとして2018年2月17日に開催された、「お金の教養フェスティバル」。そこで"ミス・ビットコイン"藤本真衣さんが1,000人を前に語った、ブロックチェーンやビットコインの未来とは。
エンジニア出身のホリエモンがIT起業家からも一目置かれる理由

エンジニア出身のホリエモンがIT起業家からも一目置かれる理由

堀江貴文氏を世に知らしめたのは2004年の仙台新球団参入失敗。 彼の生き方は注目を浴び、メルマガや動画チャンネルも登録者多数、彼のコメントも影響力があります。 実は起業当時、堀江氏はプログラマーだったのです。 あまり知られていないプログラマーとしての堀江貴文をまとめてみます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部