2018年10月26日 更新

米国の長期金利が示す「景気減速の兆候」と「株式市場の調整」

米国の長期金利が9月下旬から上昇基調となり、10月に入るとこれまで壁として跳ね返されてきた3%のラインを突破してきました。その後は3%の壁を明確に突き抜けて3.2%台まで上昇し、2011年5月以来の水準にまで戻ってきています。今の長期金利は「これまでの上限が下限になる」というチャートの理論を体現する形となってきているようです。

gettyimages (24154)

2018.10.26

米国の長期金利が示す「景気減速の兆候」と「株式市場の調整」

gettyimages (24156)

長期金利が3%を明確に超えてくるようになると、低金利に頼ってきた旺盛な米国の個人消費に陰りが見え始めるようになるばかりか、自動車ローンやクレジットカードローンの延滞率が上昇するという悪影響が懸念されます。
現実に、夏場から住宅市場が天井を打ったという感触があるなかで、2018年中には個人消費に弱含みの兆しが見え始め、2019年の前半にはその悪影響が如実になっていくことが予想されます。すなわち、これから1年程度で米国の成長率が急減速する見通しが立てられるというわけです。
それに追い打ちをかけるように、2019年後半にトランプ政権による大型減税の効果が薄れてくることを考えると、今後の長期金利の平均した水準が3.2%前後で推移し続けたとすれば、米国は2019年中に減速傾向が鮮明になっていき、1%~2%台の成長率に落ちていくでしょう。さらに2020年には景気後退(2四半期以上のマイナス成長)が現実味を帯びる展開を想定しておかねばなりません。
当然のことながら、今後の長期金利が3.5%程度まで上昇するようなことがあれば、景気後退が始まる時期はそれよりも少し早まる可能性が高まっていくのはいうまでもありません。米国の景気後退が現実のものとなれば、世界は同時不況に陥ることが避けられないでしょう。
ですから、米国の長期金利の推移には細心の注意を払っていく必要があるというわけです。

そのようなシナリオのもとでは、株式市場も調整入りする可能性が高いといえます。
2019年~2021年の3年間は波乱に備える投資姿勢が重要になってくるのです。株式に積極的に投資するチャンスは、世界的な不況時にやってくるものです。米国が景気後退に陥るだけでなく、中国が景気減速に苦しむようになれば、成長率のマイナス幅がもっとも大きくなる先進国は日本において他はありません。
ですから、2018年末までには現金のポジションをできるかぎり高め、次のチャンスを待つ姿勢が求められています。今のところは積極的な買いの想定時期を2020年前後に設定していますが、その他の偶発的なリスクも含めて、臨機応変に対応していきたいところです。
gettyimages (24243)

最後に、新刊『AI×人口減少 ~これから日本で何が起こるのか』においては、これからの10年~20年を見据えて、私たちの仕事、収入、社会がどのように変化していくか、実証的なデータをもとに解説しています。ご覧いただければ幸いです。
17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

日EUのEPAで“高級天然塩”の輸出入が活発化?食文化の交流に期待

日EUのEPAで“高級天然塩”の輸出入が活発化?食文化の交流に期待

今年2月、日本とEUの間のEPA協定が発効しました。ワインが安くなりましたが「天然塩」の関税も撤廃されました。岩塩、海水塩など欧州産高級天然塩の輸入が増えそうですが、海外で日本食が定着しているので、日本産の天然塩にも輸出拡大のチャンスです。
経済 |
米国ハイテク株の動向に注目

米国ハイテク株の動向に注目

サマーバケーションに入り世界の株価と為替相場が乱高下を繰り返しています。乱高下を繰り返しながら徐々に株安、ドル安に水準を切り下げる中、未だ強気派と弱気派の数は拮抗しているようにみえます。私達はどのように考えるべきなのでしょうか。
日本伝統の井戸掘り技術「上総掘り」がアフリカの水問題を救う

日本伝統の井戸掘り技術「上総掘り」がアフリカの水問題を救う

国連も問題視する途上国の「水」問題の解決は「井戸」の建設に託されています。日本の伝統の井戸掘り技術「上総掘り」は、機械を使わないので途上国向き。アジアで、アフリカで、上総掘りで掘った井戸が現地の人たちの生活や社会を変えようとしています。
経済 |
世界のファッション業界が「アフリカ」に向かっている理由

世界のファッション業界が「アフリカ」に向かっている理由

世界のファッション界で「アフリカ」の存在感が増し、富裕層向けラグジュアリー・ファッションでもアフリカンテイストが浸透しています。アフリカ発の優れたデザインもさることながら、ファッションの巨大市場に成長する可能性も、その背景にあります。
経済 |
今回の消費増税はタイミングが悪すぎる

今回の消費増税はタイミングが悪すぎる

私は「消費増税の時期は、その時の世界経済の状況や国内の所得環境によって決めるべきだ」という考えを持っています。そういった意味では、増税の景気に与える悪影響がいつも過大に喧伝されていることはおかしいと思っております。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部