2018年10月26日 更新

米国の長期金利が示す「景気減速の兆候」と「株式市場の調整」

米国の長期金利が9月下旬から上昇基調となり、10月に入るとこれまで壁として跳ね返されてきた3%のラインを突破してきました。その後は3%の壁を明確に突き抜けて3.2%台まで上昇し、2011年5月以来の水準にまで戻ってきています。今の長期金利は「これまでの上限が下限になる」というチャートの理論を体現する形となってきているようです。

gettyimages (24154)

2018.10.26

米国の長期金利が示す「景気減速の兆候」と「株式市場の調整」

gettyimages (24156)

長期金利が3%を明確に超えてくるようになると、低金利に頼ってきた旺盛な米国の個人消費に陰りが見え始めるようになるばかりか、自動車ローンやクレジットカードローンの延滞率が上昇するという悪影響が懸念されます。
現実に、夏場から住宅市場が天井を打ったという感触があるなかで、2018年中には個人消費に弱含みの兆しが見え始め、2019年の前半にはその悪影響が如実になっていくことが予想されます。すなわち、これから1年程度で米国の成長率が急減速する見通しが立てられるというわけです。
それに追い打ちをかけるように、2019年後半にトランプ政権による大型減税の効果が薄れてくることを考えると、今後の長期金利の平均した水準が3.2%前後で推移し続けたとすれば、米国は2019年中に減速傾向が鮮明になっていき、1%~2%台の成長率に落ちていくでしょう。さらに2020年には景気後退(2四半期以上のマイナス成長)が現実味を帯びる展開を想定しておかねばなりません。
当然のことながら、今後の長期金利が3.5%程度まで上昇するようなことがあれば、景気後退が始まる時期はそれよりも少し早まる可能性が高まっていくのはいうまでもありません。米国の景気後退が現実のものとなれば、世界は同時不況に陥ることが避けられないでしょう。
ですから、米国の長期金利の推移には細心の注意を払っていく必要があるというわけです。

そのようなシナリオのもとでは、株式市場も調整入りする可能性が高いといえます。
2019年~2021年の3年間は波乱に備える投資姿勢が重要になってくるのです。株式に積極的に投資するチャンスは、世界的な不況時にやってくるものです。米国が景気後退に陥るだけでなく、中国が景気減速に苦しむようになれば、成長率のマイナス幅がもっとも大きくなる先進国は日本において他はありません。
ですから、2018年末までには現金のポジションをできるかぎり高め、次のチャンスを待つ姿勢が求められています。今のところは積極的な買いの想定時期を2020年前後に設定していますが、その他の偶発的なリスクも含めて、臨機応変に対応していきたいところです。
gettyimages (24243)

最後に、新刊『AI×人口減少 ~これから日本で何が起こるのか』においては、これからの10年~20年を見据えて、私たちの仕事、収入、社会がどのように変化していくか、実証的なデータをもとに解説しています。ご覧いただければ幸いです。
17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

日本人ノーベル賞受賞者が出た「電池」次世代電池の研究開発最前線は?

日本人ノーベル賞受賞者が出た「電池」次世代電池の研究開発最前線は?

11月11日は「電池の日」。10月9日、「リチウムイオン電池」開発の功績で吉野彰博士がノーベル化学賞を受賞しました。「全樹脂電池」「リチウム空気電池」「全固体電池」など次世代電池の開発競争もますます盛んで、最前線では日本人科学者も活躍しています。
経済 |
プチプラの次は?フォーエバー21の破綻に見るファッション業界の行方

プチプラの次は?フォーエバー21の破綻に見るファッション業界の行方

断捨離した後の服の行方を考えたことがありますか。経済的な成長の裏にはほとんど犠牲が伴い、堅調な成長を見せるファストファッション市場もその一例です。しかし今、利益追求を優先しすぎたファストファッション業者のモラルと、消費者の良識が問われる時期がきたようです。
経済 |
欧州経済の「日本化」が進んでいる?今後最も避けたい3つの恐怖

欧州経済の「日本化」が進んでいる?今後最も避けたい3つの恐怖

9月12日に欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が発表した総合的な金融緩和策では、欧州の低成長と低インフレの長期化を阻止するのに不十分であると市場の評価は冷ややかです。いかなる金融政策を講じても経済回復に至らない「低成長」「低インフレ」「デフレスパイラル」という日本化が本当に欧州圏で進んでいるのでしょうか。
今年の秋は10月からスタートする米国企業の業績発表に注目

今年の秋は10月からスタートする米国企業の業績発表に注目

最近では、トランプ大統領の中央銀行への圧力や世界的に広がる貿易戦争などのトピックスに対して反応が鈍くなっているように感じます。一方で、景気の弱さと企業業績の不透明感が徐々に台頭していることについてはニュースとしてあまり取り上げられてないので知られていません。
ウェルネスブームが世界中で止まらない!4兆ドルの経済効果と背景

ウェルネスブームが世界中で止まらない!4兆ドルの経済効果と背景

マインドフルネスをはじめとした、ウェルネス(健康を維持、増進させようとする生活活動)に興味を持つ人が増えつつあります。ウェルネスツーリズム、アプリなど新たな商品が出回り、今やウェルネス産業の市場規模は4.2兆ドル以上。このブームの実態や背景、昨今のトレンドについて解説します。
経済 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部