2019年4月9日 更新

「令和」というポスト平成の時代をどう生き抜いていくか

新しい元号「令和」が発表されました。いよいよ5月からは新時代が始まります。どの世代も、今までの常識や考え方をアップデートする必要があるでしょう。 塩野誠・佐々木紀彦著『ポスト平成のキャリア戦略』 より、20代〜40代のビジネスパーソンがポスト平成という時代をどう生き抜いていくか、軸となる考え方をご紹介します。

gettyimages (35196)

2019.4.9

ポスト平成の時代にはすべてが陳腐化する

そんな塩野さんと私が今、キャリア戦略を語るのは、日本、日本企業、日本人が明らかに大転換期を迎えようとしているからです。
4ページより引用
本著は、著者である佐々木紀彦氏と、もう一人の著者である塩野誠が対談する形で書かれています。
佐々木氏は、慶應義塾大学やスタンフォード大学大学院を経て、東洋経済新報社で自動車、IT業界などを担当。東洋経済オンライン編集長やNewsPicks編集長を歴任しています。多くのメデイアでその姿を目にした人は多いのではないでしょうか。
塩野氏は、慶應義塾大学やワシントン大学ロースクールを経て、現在は戦略コンサルティング、M&Aアドバイザリー各国政府ファンドとの協調投資に従事。その間には、さまざまな企業と携わってきました。
ポスト平成の時代に向けて、20代、30代、40代に向けて、世代別にキャリア戦略について語った一冊です。今という時が日本にとって大転換期に当たっているからこそ、読むべき一冊であるといえるでしょう。
ポスト平成の時代には、今以上に昭和・平成のキャリア戦略は完全に陳腐化しているといいます。
それにもかかわらず、世の中に溢れるキャリア論の多くは、リアリティに欠けているのだとか。著者が属するメディア業界でいえば、40代以上のメディア人が語るキャリア戦略は99%役に立たないと言い切っています。
先輩や会社のいうことを従順に聞いていたら、10年後、20年後に地獄をみる。それはあらゆる業界で言えることなのかもしれません。
それにしては、昨今の若者は危機感が薄すぎる。危機感があったとしてもどこに進んでいいかわからない人材が多いようです。
この本は、そんな若い人たちに向けて、著者の知恵と経験を率直に伝えたいという願いが込められています。
gettyimages (35177)

キーワードは「ハングリー&ノーブル」

ハングリーさがないと事を成せないですし、何でも貪欲に吸収し、決断する度胸も持てません。その一方で、ノーブルさがないと、悪い事をしてしまう。そこのバランスの難しさだと思っています。
38ページより引用
32 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

スマホメモで仕事と人生が変わる!思考のメモ習慣のすすめ

スマホメモで仕事と人生が変わる!思考のメモ習慣のすすめ

「メモを取る」という行動が、何かと注目されている昨今です。しかし、実際のところ、紙のノートやメモを常に持ち歩くとのはなかなか大変なことです。 須藤亮著『スマホメモ|仕事と人生の質を上げるすごいメモ術 』より、いつも手元にあるスマホを使った新時代のメモ術をご紹介します。
思考信託のフレームワークを実践する

思考信託のフレームワークを実践する

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。
自分にとって本当に必要なモノを選び取るための考え方とは

自分にとって本当に必要なモノを選び取るための考え方とは

衣食住において、モノを選ぶ機会は多くあるものです。しかし、人からどう見られるかに基準を置いていると、見極めが分からなくなってしまいます。一田憲子著『暮らしに必要なものは、自分で決めていい。』 より、必要なモノを選ぶ考え方をご紹介します。
トラスティを引き寄せる人になろう

トラスティを引き寄せる人になろう

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。
 思考を深め人間力を高めるための読書方法とは

思考を深め人間力を高めるための読書方法とは

ネットで情報が溢れる時代に、本を読む意義はどこにあるのでしょうか。思考力を深めつつ、豊かに人生観を身につけることができる読書の仕方を知りたいものです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ナカセコ エミコ ナカセコ エミコ