2019年4月9日 更新

「令和」というポスト平成の時代をどう生き抜いていくか

新しい元号「令和」が発表されました。いよいよ5月からは新時代が始まります。どの世代も、今までの常識や考え方をアップデートする必要があるでしょう。 塩野誠・佐々木紀彦著『ポスト平成のキャリア戦略』 より、20代〜40代のビジネスパーソンがポスト平成という時代をどう生き抜いていくか、軸となる考え方をご紹介します。

gettyimages (35196)

2019.4.9

ポスト平成の時代にはすべてが陳腐化する

そんな塩野さんと私が今、キャリア戦略を語るのは、日本、日本企業、日本人が明らかに大転換期を迎えようとしているからです。
4ページより引用
本著は、著者である佐々木紀彦氏と、もう一人の著者である塩野誠が対談する形で書かれています。
佐々木氏は、慶應義塾大学やスタンフォード大学大学院を経て、東洋経済新報社で自動車、IT業界などを担当。東洋経済オンライン編集長やNewsPicks編集長を歴任しています。多くのメデイアでその姿を目にした人は多いのではないでしょうか。
塩野氏は、慶應義塾大学やワシントン大学ロースクールを経て、現在は戦略コンサルティング、M&Aアドバイザリー各国政府ファンドとの協調投資に従事。その間には、さまざまな企業と携わってきました。
ポスト平成の時代に向けて、20代、30代、40代に向けて、世代別にキャリア戦略について語った一冊です。今という時が日本にとって大転換期に当たっているからこそ、読むべき一冊であるといえるでしょう。
ポスト平成の時代には、今以上に昭和・平成のキャリア戦略は完全に陳腐化しているといいます。
それにもかかわらず、世の中に溢れるキャリア論の多くは、リアリティに欠けているのだとか。著者が属するメディア業界でいえば、40代以上のメディア人が語るキャリア戦略は99%役に立たないと言い切っています。
先輩や会社のいうことを従順に聞いていたら、10年後、20年後に地獄をみる。それはあらゆる業界で言えることなのかもしれません。
それにしては、昨今の若者は危機感が薄すぎる。危機感があったとしてもどこに進んでいいかわからない人材が多いようです。
この本は、そんな若い人たちに向けて、著者の知恵と経験を率直に伝えたいという願いが込められています。
gettyimages (35177)

キーワードは「ハングリー&ノーブル」

ハングリーさがないと事を成せないですし、何でも貪欲に吸収し、決断する度胸も持てません。その一方で、ノーブルさがないと、悪い事をしてしまう。そこのバランスの難しさだと思っています。
38ページより引用
32 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

普通の人が幸せにも豊かにもなれない5つの理由

普通の人が幸せにも豊かにもなれない5つの理由

『 ユダヤ人大富豪の教え 』の著者の本田健さんの書籍『スイス人銀行家の教え―お金と幸せの知恵を学ぶ12のレッスン』を知っていますか? 幸せなお金持ちになるためにはどうすればいいのか?そんなことをスイス人銀行家のおじいちゃんと著者とのやりとりから学んでいくという内容の本です。
会社を休みたいのに休めない。心のメカニズムの真相を究明する

会社を休みたいのに休めない。心のメカニズムの真相を究明する

定時で帰るということがテーマになったドラマが話題になっています。しかし、会社を休みたいのに休めないという人は、まだまだ多くいるのではないでしょうか。 志村和久著『頑張りすぎるあなたのための 会社を休む練習』 より、「休めない」を解決するための考え方をご紹介します。
他者把握 自分よりすぐれている人の能力を見つけて見極める

他者把握 自分よりすぐれている人の能力を見つけて見極める

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。
リーダーシップを発揮するには?自分らしさの活かし方

リーダーシップを発揮するには?自分らしさの活かし方

近年、女性活躍推進の波に乗って管理職になることを会社から打診される女性が多いようです。しかし、土壌が整っていない現実に対して昇進に尻込みしてしまう女性が多いということもよく聞く話です。男女関係なく働く人にとってリーダーシップについては、常に悩まされる課題でしょう。 有冬典子著『リーダーシップに出会う瞬間』 より、自分固有のリーダーシップを作るための考え方をご紹介します。
【夏の和歌】心に癒しを。爽やかな初夏に詠みたい万葉集

【夏の和歌】心に癒しを。爽やかな初夏に詠みたい万葉集

日本では古くから四季折々の情景を和歌で表現してきました。日本最古の和歌集として知られる「万葉集」は、身分の上下関係なく約4,500首以上もの歌が編纂されています。なかでも今回は、「夏の歌」をピックアップしてお届けします。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ナカセコ エミコ ナカセコ エミコ