2018年10月18日 更新

「いつかは住みたい」ベルリンでの生活費

ドイツは、長らくヨーロッパの政治・経済を牽引し続けている大国として知られています。美味しいビールやソーセージ、サッカーや高級車などで、われわれ日本人にとっても馴染みの深い国です。

gettyimages (23600)

2018.10.18
首都ベルリンは、中世から現代まで、激動の世界の歴史舞台で常に主役の座を占めてきました。経済の中心を担いながら、今でも歴史的な町並みを色濃く残していることが、この地の大きな魅力の1つです。
そこで今回は、いつかベルリンで暮らしてみたいという人のために、実際に暮らす上で必要な生活費などを紹介します。一か月あたり一体どのくらいのお金が必要なのか? 日本の暮らしとどんな点が異なるのか? 今後の人生設計の参考にしてみて下さい。
(※ 記事では、1ユーロ(EUR)=130円として計算しています)

人気ゆえ物件探しは争奪戦

gettyimages (23609)

ヨーロッパの中心地で暮らすとなると、まず気になるのが家賃です。ベルリンは、他のヨーロッパの首都に比べて家賃が安く、地区によっては一カ月あたり300ユーロ台(約39,000円〜)で住める物件を見つけることもできます。
しかし、最近では、その安さに国内の好景気も重なり、世界中から移住者が殺到。物件の供給に対して需要が過多になり、家賃相場はこの5年間で約1.5倍も上昇しているとされています。手頃な物件の見学に100人以上の希望者が殺到した例も見られ、政府も対策を講じることを明らかにしています。
例えば、現在のベルリンの相場を、ドイツのWebサイト「BerlinMorgenpost」の家賃マップで調べてみると…中心地は40㎡あたり600ユーロ(約78,000円)前後で、郊外になると450ユーロ(約58,500円)前後。上昇傾向にあるとはいえ、同じ広さで住むことを考えると、まだ東京に比べて安いと言えるでしょう。
ちなみに、水道・光熱費の支払いに関しては独自のルールがあります。日本の場合は、毎月 使用量に応じて別途で請求がなされますが、ドイツでは年に1回しか行われません。大家さんが予想して設定した年間の費用を月割りで支払い(管理費などに含まれる)、年に1度 実際の使用料との差額分を支払う(払い過ぎだった場合は戻ってくる)システムが一般的です。
水道や電気の料金は少し割高な傾向にあるため、年に1度の支払い時に、予想以上の超過料金を請求されることも…。無駄遣いのないよう、日頃から節水などを心がけて下さい。

電車は“打刻”に注意

日没、ベルリンのフリードリッヒシャイン-クロイツベルク...

日没、ベルリンのフリードリッヒシャイン-クロイツベルク、ドイツで電車でベルリン Oberbaum 橋

28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「いつかは住みたい」モスクワでの生活費

「いつかは住みたい」モスクワでの生活費

日本の約45倍の面積を誇る、世界で最も大きな国・ロシア。広さや気候などに関する知名度はもちろん、近年では盛り上がりを見せるフィギュアスケートの話題でも耳にすることが多いのではないでしょうか。
「いつかは住みたい」ケニアでの生活費

「いつかは住みたい」ケニアでの生活費

アフリカ東部、赤道直下に位置するケニア。広大なサバンナや、ライオンやゾウといった野生動物など、日本では決して味わえない魅力がつまった国です。一方でケニアは、アフリカ経済の中心地としての側面も持っており、近年では首都・ナイロビを筆頭に多くの多国籍企業などが進出しています。少子高齢化の日本とは反対に“若年人口”が圧倒的に多く、将来的な消費・生産力の拡大も一層期待されています。
「いつかは住みたい」ポルトガルでの生活費

「いつかは住みたい」ポルトガルでの生活費

ユーラシア大陸最西端に位置するポルトガルは、日本が古くから交流を持った西洋の国です。その関係は1543年にポルトガル人が種子島に漂着した時にまで遡り、2010年には修好通商条約締結150周年を迎えるなど、友好な関係が続いています。
「いつかは住みたい」チューリッヒの生活費

「いつかは住みたい」チューリッヒの生活費

日本から直行便も出ているスイスのチューリッヒは、銀行や証券会社などが集まる世界有数の金融都市です。さらに、文化・芸術の中心地でもあり、大都市でありながら湖などの豊かな自然が望めることも、大きな魅力として知られています。 この様な点からも「住みたい都市」「生活の質が高い都市」といったランキングでも常に上位に名が挙げられており、憧れを抱いたことがある方も多いのではないでしょうか?
「いつかは住みたい」エストニアでの生活費

「いつかは住みたい」エストニアでの生活費

バルト三国の最北に位置するエストニアは、人口約130万人、国土は日本の約9分の1の小さな国です。以前に、元大関・把瑠都の活躍で国名を耳にした方も多くいらっしゃると思います。 そのエストニアですが、近年“IT先進国”として大きな注目を浴びていることをご存知でしょうか? 実は、あの「Skype」もエストニアから生まれたサービスなのです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部