2019年4月1日 更新

スキマ時間にキープするだけトレーニングで簡単ボディメイク

ダイエットしたくても、運動が苦手で取り組めない人は少なくありません。そのような場合は、軽い負荷をかけながら「キープ」するトレーニングがおすすめです。そこで今回は、ソファーに座りながらできるキープトレーニングについて解説します。

gettyimages (34175)

2019.3.25

下腹のキープトレーニング

下腹を引き締めるキープトレーニングから説明します。下腹のぽっこりお腹で悩んでいる人におすすめです。足を少し上げるだけのたいへん簡単な方法です。
gettyimages (34173)

やり方は、まずソファーに座り、背もたれに体を預けて全身をリラックスさせましょう。そして、両足を少しだけ床から離してください。足の裏が床に接していなければよいです。足を1~2cm浮かせるだけで十分でしょう。これだけで、腹直筋の下部に刺激を与えることができます。実際に、へその周辺を触ってみると腹筋が硬くなっていることがわかると思います。
足を浮かせた状態で、できるだけ長い時間キープしてください。負荷自体は弱いため、短時間では筋肉に十分な刺激が伝わりません。そのため1分以上はキープしましょう。
腹筋運動の多くは、上体を起こしたり足を上げ下げしたりするなど「動き」をともなうやり方が一般的です。しかし、同じトレーニングを続けると、筋肉の成長が鈍くなり、代謝が増えないこともあります。筋肉は、常に新しい刺激を受けることで成長するためです。そのため、キープトレーニングによって別の刺激を筋肉に与えることは、ボディメイクにたいへん効果的です。

太もものキープトレーニング

太ももの引き締めに効果的なエクササイズに移りましょう。筋肉の大きい太もものトレーニングは、基礎代謝アップにも効果的なためダイエットにもおすすめです。
gettyimages (34165)

やり方は、ソファーに座った状態から両脚を真っすぐ前に伸ばしてキープするだけです。太ももの前部を触ってみると、筋肉が硬くなっているのがわかるでしょう。なお、ここでも狙った部位以外はリラックスすることが大切です。そのため、上半身やふくらはぎから先の部分は力を入れないようにしてください。太もものキープトレーニングも、両脚を伸ばした状態で1分以上キープしましょう。

二の腕のキープトレーニング

二の腕の脂肪やセルライトが気になっている人におすすめのエクササイズを説明します。このエクササイズは、ソファーには直接座らずに行います。
gettyimages (34160)

31 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

目的別タバタ式トレーニングメニュー!ダイエットや筋力アップに効果的

目的別タバタ式トレーニングメニュー!ダイエットや筋力アップに効果的

短時間で高いトレーニング効果を出せるタバタ式トレーニング。種目の組み合わせ方によっては、ダイエットや筋力アップ、腹筋引き締めなど、目的に応じたやり方ができます。そこで今回は、 目的別のタバタ式トレーニング法について解説していきます。
夏バテ対策には運動がおすすめ!スタミナアップで暑さを乗り切る

夏バテ対策には運動がおすすめ!スタミナアップで暑さを乗り切る

夏は、食欲が落ちる、やる気が出ないなど、夏バテの症状で悩む人が増える季節です。この時期に体を動かすと余計にひどくなると思われがちですが、夏バテ対策には運動がおすすめです。今回は、スタミナアップで夏バテに負けない運動について解説していきます。
筋肉がつきにくい人必見!筋肉をつけるためのトレーニング法と食事法を解説

筋肉がつきにくい人必見!筋肉をつけるためのトレーニング法と食事法を解説

「どんなに筋トレをがんばっても、なかなか筋肉がつかない…」このような悩みを持っている人は少なくありません。そこで今回は、 筋肉がつきにくい人向けにトレーニングのポイントや具体的なやり方、効果的な食事法について解説していきます。
睡眠の質を上げる!ハイパフォーマンス睡眠で寝苦しい夏も快適に

睡眠の質を上げる!ハイパフォーマンス睡眠で寝苦しい夏も快適に

暑い日が続いています。仕事が忙しくてまとまった睡眠が取れない上に、夜も寝苦しいといった悩みを持つ人が多いのではないでしょうか。 山口真由子著『ハイパフォーマンス睡眠』 より、限られた睡眠時間の中で、より良い睡眠をとるための習慣をご紹介します。
大胸筋の上部を分厚くする!自宅で効率的に鍛える筋トレ方法

大胸筋の上部を分厚くする!自宅で効率的に鍛える筋トレ方法

たくましい大胸筋にあこがれて、腕立て伏せを日課にしている人は少なくありません。しかし大胸筋の上部は、自分の体重を利用した筋トレでは高い負荷を与えにくい厄介な部位です。そこで今回は、自宅で効率的に大胸筋上部を鍛える方法を解説していきます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

フィガロ フィガロ
お金の教養講座