2018年6月19日 更新

人生100年時代に注目される農業✕テクノロジー「アグリテック」とは?

田舎暮らしに憧れ、いつかリタイアしたら家庭菜園をやってみよう…と思っている人も少なくないようです。 その一方で、既存の農家は存亡の危機です。重労働に加え、収入の不安定さなどの理由から後継者がいなくなり、外国人の労働力に頼る農家が増えています。

2018.6.19
いざ「農業」を仕事にしようとすると、
農地を持っていない、ノウハウがない、収支の設計ができない、規制により企業が参入できない…
などのハードルがあり、難しいと思いませんか?
しかし、それは一昔前の話になりつつあります。
廃業する農家が増え、休閑地が増えている問題も表面化したため、規制緩和が進みました。
そして、ITとの融合した農業はアグリテックとして新たな成長産業として注目され始めています。
日本の農業は次世代を担う方の減少や規模の縮小により技術やノウハウの伝達が厳しい状況になりました。
深刻な後継者不足や高齢化を懸念し、日本政府は官民一体となって農業改革とも言える新たな方向性を見出したのです。
今回は最先端技術と農業のコラボ、アグリテックについてご紹介します。

IoTやAIを利用して農業のデータ化や共有を可能に

普段食べている野菜がどのように作られているのかを知っていそうで知らない方も多いでしょう。
四季に合わせて畑を耕し、種まきをして、収穫する。一見すると単純に見えますが、そう簡単なものでもありません。
また、農家さんごとにノウハウや作業手順があり、マニュアル化されていない部分も非常に多い分野であるとも言えます。
アグリテックはIoTやAIを利用して、農業のデータ化をしたり、ノウハウや作業手順を共有化することで知識や経験、技術の伝承を推し進めることで、農業の生産性を向上させるのがアグリテックの目的でもあります。

ドローンや耕作機械の自動化・データの可視化

農作業のイメージとして、一つ一つは単純であり、同じことの繰り返しだと感じる部分があります。
41 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

日EUのEPAで“高級天然塩”の輸出入が活発化?食文化の交流に期待

日EUのEPAで“高級天然塩”の輸出入が活発化?食文化の交流に期待

今年2月、日本とEUの間のEPA協定が発効しました。ワインが安くなりましたが「天然塩」の関税も撤廃されました。岩塩、海水塩など欧州産高級天然塩の輸入が増えそうですが、海外で日本食が定着しているので、日本産の天然塩にも輸出拡大のチャンスです。
経済 |
米国ハイテク株の動向に注目

米国ハイテク株の動向に注目

サマーバケーションに入り世界の株価と為替相場が乱高下を繰り返しています。乱高下を繰り返しながら徐々に株安、ドル安に水準を切り下げる中、未だ強気派と弱気派の数は拮抗しているようにみえます。私達はどのように考えるべきなのでしょうか。
日本伝統の井戸掘り技術「上総掘り」がアフリカの水問題を救う

日本伝統の井戸掘り技術「上総掘り」がアフリカの水問題を救う

国連も問題視する途上国の「水」問題の解決は「井戸」の建設に託されています。日本の伝統の井戸掘り技術「上総掘り」は、機械を使わないので途上国向き。アジアで、アフリカで、上総掘りで掘った井戸が現地の人たちの生活や社会を変えようとしています。
経済 |
世界のファッション業界が「アフリカ」に向かっている理由

世界のファッション業界が「アフリカ」に向かっている理由

世界のファッション界で「アフリカ」の存在感が増し、富裕層向けラグジュアリー・ファッションでもアフリカンテイストが浸透しています。アフリカ発の優れたデザインもさることながら、ファッションの巨大市場に成長する可能性も、その背景にあります。
経済 |
今回の消費増税はタイミングが悪すぎる

今回の消費増税はタイミングが悪すぎる

私は「消費増税の時期は、その時の世界経済の状況や国内の所得環境によって決めるべきだ」という考えを持っています。そういった意味では、増税の景気に与える悪影響がいつも過大に喧伝されていることはおかしいと思っております。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部