2018年6月19日 更新

人生100年時代に注目される農業✕テクノロジー「アグリテック」とは?

田舎暮らしに憧れ、いつかリタイアしたら家庭菜園をやってみよう…と思っている人も少なくないようです。 その一方で、既存の農家は存亡の危機です。重労働に加え、収入の不安定さなどの理由から後継者がいなくなり、外国人の労働力に頼る農家が増えています。

2018.6.19
いざ「農業」を仕事にしようとすると、
農地を持っていない、ノウハウがない、収支の設計ができない、規制により企業が参入できない…
などのハードルがあり、難しいと思いませんか?
しかし、それは一昔前の話になりつつあります。
廃業する農家が増え、休閑地が増えている問題も表面化したため、規制緩和が進みました。
そして、ITとの融合した農業はアグリテックとして新たな成長産業として注目され始めています。
日本の農業は次世代を担う方の減少や規模の縮小により技術やノウハウの伝達が厳しい状況になりました。
深刻な後継者不足や高齢化を懸念し、日本政府は官民一体となって農業改革とも言える新たな方向性を見出したのです。
今回は最先端技術と農業のコラボ、アグリテックについてご紹介します。

IoTやAIを利用して農業のデータ化や共有を可能に

普段食べている野菜がどのように作られているのかを知っていそうで知らない方も多いでしょう。
四季に合わせて畑を耕し、種まきをして、収穫する。一見すると単純に見えますが、そう簡単なものでもありません。
また、農家さんごとにノウハウや作業手順があり、マニュアル化されていない部分も非常に多い分野であるとも言えます。
アグリテックはIoTやAIを利用して、農業のデータ化をしたり、ノウハウや作業手順を共有化することで知識や経験、技術の伝承を推し進めることで、農業の生産性を向上させるのがアグリテックの目的でもあります。

ドローンや耕作機械の自動化・データの可視化

農作業のイメージとして、一つ一つは単純であり、同じことの繰り返しだと感じる部分があります。
41 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

今、世界の投資家は一番何に気をつけているのか

今、世界の投資家は一番何に気をつけているのか

7月10日にパウエルFRB議長が議会証言を行いました。その内容が「7月利下げ」を強く示唆したことで、FRBが次回の7月末FOMCで利下げを行うと織り込んでいます。これを踏まえ代行業平均は2万7,000ドルの大台を超えました。決して危うく見えない市況において世界の投資家はどのようなことに気をつけているのでしょうか。
実店舗がない「ゴーストレストラン」が外食ビジネスの常識を変える?

実店舗がない「ゴーストレストラン」が外食ビジネスの常識を変える?

実店舗がないゴーストレストラン、シェアキッチン、クラウドキッチンのような「アウトソーシング系外食業態」のような、自分の腕やアイデアを試したい人が低コスト、低リスクで独立・起業できます。アメリカ・ニューヨーク発のトレンドですが、日本にも上陸しました。
経済 |
チャート分析や経済指標では見抜けない「投資家の心理」とは

チャート分析や経済指標では見抜けない「投資家の心理」とは

FXや株式投資をしていると、相場が意に反した動きをして驚くことばかりですよね。相場の動きが読めるようになるためチャートを読むテクニカル分析を学んだり、経済指標を読むファンダメンタル分析を学んだりしている人も多いはずです。
経済 |
孤独が人を滅ぼす?

孤独が人を滅ぼす?

経済コラムニストの大江英樹氏は、著書「定年楽園」で、定年後の最大の不安は、孤独になること、と書かれています。 その本を初めて読んだ時、僕は老後を乗り切るのはやっぱりお金でしょ、なんて考えていたので、孤独?と多少疑問に思いました。
経済 |
米中貿易摩擦は最終的には沈静化する

米中貿易摩擦は最終的には沈静化する

20カ国・地域首脳会議(G20)における米中首脳会談では、米国は中国に対する制裁関税・第4段を先送りし、米中は貿易交渉を継続することが決定されました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部