2019年2月6日 更新

【特別講演】竹中平蔵と考える私たちのお金の未来

⽵中平蔵⽒は、経済財政計画担当⼤⾂、⾦融担当⼤⾂、郵政⺠営化担当⼤⾂、総務⼤⾂を歴任し、⼩泉内閣を⽀えました。現在も政策アドバイザリーを務める⽵中⽒が、キャッシュレスが導く私たちの未来について提⾔します。(「お⾦の教養フェスティバル2019」基調講演より)

2019.2.5

キャッシュレスが導くもの

今⽇のフェスティバルのテーマが「キャッシュレス」だと伺いました。⽇本はまだまだ現⾦主義ですが、実はキャッシュを使っていると、ビッグデータがたまらないわけです。このビッグデータをためていくためには実はキャッシュレスというのはどうしても通らなければいけない道です。キャッシュレスは便利ですが、便利かどうかということを超えて、第4次産業⾰命のインフラとして、このキャッシュレス化が⼤変重要になっているのです。
AI、ロボット、ビッグデータ、そういうものが寄り集まって今までとは全く違う産業や社会を作る、今、そういう時代になりつつあります。私たちは積極的にこの第4次産業⾰命の中で勝者になっていかなければいけない、ということだと思います。

平成を振り返る。30 年で⽇本はどう変わったか

平成30年間をまとめると、世界も⽇本も実はものすごく変化をしました。⽇本の⼈⼝は、途中まで少しずつ増えて、途中から少しずつ減って、平成元年と今とでは、⽇本の⼈⼝はほぼ同じです。⼀⽅でアメリカの⼈⼝は、過去30年で30%増えました。イギリスの⼈⼝でさえ15%増えました。⼀⾔で⾔うならば、この30年間、世界は⼈材の取り込み競争をやってきた、ということです。それに対して⽇本はこれに背を向けてきた。この差は極めて⼤きいです。1⼈当たりの⽣産性が全く同じでも、⼈⼝が3割増えればGDPは3割増えます。⽇本はデフレを放置して、⼈⼝の取り込み競争に背を向けてきたということです。
アメリカにはGAFA(ガーファ)という巨⼤な企業があります。グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン。ここで働いている主要メンバーの多くが、移⺠か、移⺠の⼦どもだという⾵に⾔われています。例えばスティーブ・ジョブズ。スティーブ・ジョブズは2011 年に亡くなりましたが、iPhone やiPad をお持ちの⽅も多くいらっしゃると思います。これらは全部スティーブ・ジョブズがアップルCEOの時に作ったものです。彼はお⽗さんがシリアから来た⼈で、アメリカはそういった⼈材の取り込み競争をやってきましたが、⽇本はそういうことをしてこなかったわけです。
この30年間で私たち⽇本⼈の平均労働時間は15%減りました。⼀部では、過労死に象徴されるような企業があることも事実でそれはしっかり取り締まらなくてはいけませんが、⽇本⼈が働き過ぎだなんて世界中の⼈は思っていません。⽇本の製造業の⼈の平均労働時間は、ドイツやヨーロッパよりは⻑いですが、今はアメリカより短い、韓国と⽐べると3割も短い。決して働き過ぎではありません。
そして、この30年間で⽇本の貯蓄率は⼤きく変わりました。平成元年、⽇本の家庭の貯蓄率は20%近くありました。先進⼯業国の中で最も⾼かったのです。今は⽇本の家庭の平均貯蓄率は、年によって変動しますが3〜4%で、スペインと並んで最も低い国の1つになりました。貯蓄率が下がったのは実は⾼齢化です。⾼齢者というのは、所得は少ししかありませんが、⽣活するための消費はします。この場合の貯蓄率はマイナスです。ですからリタイアした⼈の数、⾼齢者の数が増えると、マイナスの貯蓄率の⼈が増え、⽇本全体でみると貯蓄率は下がってくるわけです。
これがこの30年間に起きた結果です。「⽇本⼈は⻑時間働いて、そしてすごくお⾦を貯めている」。そんなことはもう決してありません。

ビッグデータを制するものが世界の覇者となる

このヒントになるのが、昨年1⽉のダボス会議でのメルケル⾸相のスピーチです。
「これからの経済競争は1にも2にもビッグデータの競争である」と。
29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?
〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

2003年、地元への愛と自虐を込めた歌『佐賀県』でブレイク。近年は柔道に奮闘する3兄弟を育てる姿もお茶の間で人気の芸人はなわさん。さらに妻の誕生日に贈った歌『お義父さん』をライブで披露した映像は感動を呼び、公開からわずか20日間で100万回再生を突破。ベストファーザー賞も受賞しました。世間の注目を集め、惹きつける「はなわ家族」を育んだ独特な子育て術とは?
元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部