2019年1月11日 更新

「いつかは住みたい」モスクワでの生活費

日本の約45倍の面積を誇る、世界で最も大きな国・ロシア。広さや気候などに関する知名度はもちろん、近年では盛り上がりを見せるフィギュアスケートの話題でも耳にすることが多いのではないでしょうか。

特に地下鉄は路線ごとに色分けされており本数も多く、移住して間もない場合でも困る可能性は少ないでしょう。新しい車両には、USB式充電口や無料Wi-Fi、さらには車内モニターでサッカーの試合を観戦できるものもあります。

料金は非常に安く、移動距離に問わず1回55ルーブル(約88円)。回数券や定期券などを選択すれば、さらに割安で乗車することが可能です。30日乗り放題券を購入したとしても2,000ルーブル(約3,200円)であることを考えると、月々の交通費は3,000円〜4,000円で十分済むと計算できます。
(※ 運賃は今後 値上がりする場合がありますが、それでも極端に上がる可能性は少ないとされています)
市内のタクシーは、平均すると200ルーブル(約320円)程度から乗車可能です。利用する場合は「配車アプリ」を使用することをお勧めします。現地でも人気のアプリが「ヤンデックスタクシー」で、運賃の基準も一律に設定されています。運転手を評価するシステムも入っているため、高い料金をふっかけられ“ボッタクリ”される心配もありません。

野菜は特に夏が安い

gettyimages (28514)

飲料・食料品に関しては日本よりも安く手に入るものも多いです。
例えば、ミネラルウォーター500mlは1本20ルーブル(約32円)程度で、ジャガイモは1kgあたり30ルーブル(約48円)ほど。名物・ボルシチに使われることで有名なビーツも1kgあたり25ルーブル(約40円)で購入することができます。
野菜は、収穫期の夏に安く豊富で、反対に冬に高くなります。国内では、夏に採れた野菜を、塩や酢漬けにしておく習慣があります。冬場に食費を抑えたり、保存食としたりするのに便利なので、移住した際にはぜひ試して下さい。
市内には、大手外食チェーン店も数多く立ち並んでいます。有名ハンバーガーチェーン店のセットは200ルーブル(320円)あれば大体買えるとされており、日本よりも安い傾向にあります。また、昨今のモスクワは空前の日本食ブーム。市内にはスシ・天プラ・うどんなどの日本食店が数100店舗存在します。
以上、モスクワで生活するための目安をご紹介しました。
それぞれの収入やライフスタイルによって差もありますが、モスクワで暮らす場合、諸経費を含めて50,000ルーブル(約80,000円)程度が必要となります。特に通信費・交通費が安い点が、日本の都心部で暮らす生活費よりも安くなる一因だと言えます。

たけやま

理工学部出身のライター。趣味はガジェット収集。
29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「いつかは住みたい」コペンハーゲンでの生活費

「いつかは住みたい」コペンハーゲンでの生活費

デンマークは、バルト海に突き出すユトランド半島とその周りを囲む島々からなる、世界有数の海運国家です。例えば、世界最大の海運会社と言われるマークスラインもデンマークに本社を置いています。皆さんが手にしている輸入製品にも、デンマークを通じて運ばれたものが少なからずあることでしょう。
「いつかは住みたい」南アフリカでの生活費

「いつかは住みたい」南アフリカでの生活費

アフリカ大陸最南端に位置する南アフリカは“虹の国”と称され、多彩な魅力に溢れています。「アフリカ」と聞くと野生動物や大自然を想像する方も多いと思いますが、それだけでなく、華やかな街並みや近代都市が共存していることが大きな特徴です。
「いつかは住みたい」マルタ共和国での生活費

「いつかは住みたい」マルタ共和国での生活費

マルタ共和国は、佐渡島の半分の面積しかない地中海に浮かぶ小さな島国です。マルタ島、ゴゾ島、コミノ島の3つの島からなるこの国は、透き通るような美しい海、様々な文化が入り組んだ風光明媚な街並み、街を闊歩する猫など、フォトジェニックなスポットが数多くあり、知る人ぞ知る観光国として人気になっています。
「いつかは住みたい」デリーでの生活費

「いつかは住みたい」デリーでの生活費

インドは、世界2位の13億の人口を抱える国家で、様々な民族・言語・宗教で溢れています。公用語はヒンディー語の他に約20もあり、それを表すものとして「15マイルごとに方言が変わり、25マイルごとにカレーの味が変わる。100マイル行けば言葉が変わる。」ということわざもあります。
「いつかは住みたい」ブータンでの生活費

「いつかは住みたい」ブータンでの生活費

ブータンは、北は中国・南はインドに挟まれる南アジアの国家で、「世界一幸福度が高い国」とも言われています。独特の仏教文化を色濃く残しており、他の国にはない魅力で溢れています。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部