2019年7月2日 更新

今すぐできる首こり解消法!効果的な集中エクササイズ

肩や首のこりを解消するため、マッサージなどでメンテナンスをしている人は少なくありません。しかし、肩こりは軽減しても、首のこりが取れないケースがあります。そこで今回は、首こりを効果的に解消するための集中エクササイズについて解説していきます。

gettyimages (41233)

2019.7.2

まずは生活習慣を改善

gettyimages (41234)

首こり解消のためには、まず土台となる生活習慣を改善することが重要です。現在は、パソコンを使った仕事で長時間首を動かさなかったり、スマートフォンの普及で下を向く姿勢を続けたりするケースがたいへん多いです。これは、首がこる生活習慣ができてしまっていることを意味します。そのため、長時間首を固定することを避ける、イスに座る時は姿勢を正してまっすぐ前を向く、周囲を見る際は目ではなく頭を動かすなど、普段の生活で首の動きを意識することからはじめましょう。
首こりの悪化は、背骨や骨盤、神経などにも影響が及びます。その結果、姿勢の悪化や冷え、頭痛などの症状が出ることもあります。そのため、生活習慣を改善しながら、次から説明するエクササイズを定期的に行ってみてください。首は多くの筋肉群が様々な向きに集合している部位です。首こり解消のポイントは、これらの方向に沿ってまんべんなくほぐすことです。

首こり解消のための準備運動

gettyimages (41228)

首こり解消のための準備として、首の血流をよくし、こりを解消しやすい環境を作ります。
まず、首の血流改善からはじめましょう。左右の耳たぶを指でつかみ、軽くひっぱってからまわします。前と後ろに5回ずつ交互に、ゆっくりと30秒以上かけてまわしましょう。
次に、首の付け根をほぐしてエクササイズ効果を高めましょう。耳からまっすぐ下、鎖骨の上にある首の付け根に、周辺よりも硬い部分が確認できると思います。この部分を十分にほぐしましょう。首の左側をほぐす際は、右手の指先を使います。頭を右に向け、右手の親指と人差し指、中指で首の硬い部分をよく揉んでください。反対に首の右側は左手を使い、左を向いた状態で行いましょう。左右30秒ずつ行ってください。
最後に、肩まわりをほぐします。両ひじを曲げ、指先を鎖骨の中程に当てた状態で、腕を大きくまわしましょう。前に10回、後ろに10回が目安です。

首の筋肉を伸ばしてこりをほぐす

gettyimages (41222)

準備運動が終わったら、首の筋肉を筋繊維の方向に伸ばします。
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

夏バテ対策には運動がおすすめ!スタミナアップで暑さを乗り切る

夏バテ対策には運動がおすすめ!スタミナアップで暑さを乗り切る

夏は、食欲が落ちる、やる気が出ないなど、夏バテの症状で悩む人が増える季節です。この時期に体を動かすと余計にひどくなると思われがちですが、夏バテ対策には運動がおすすめです。今回は、スタミナアップで夏バテに負けない運動について解説していきます。
筋肉がつきにくい人必見!筋肉をつけるためのトレーニング法と食事法を解説

筋肉がつきにくい人必見!筋肉をつけるためのトレーニング法と食事法を解説

「どんなに筋トレをがんばっても、なかなか筋肉がつかない…」このような悩みを持っている人は少なくありません。そこで今回は、 筋肉がつきにくい人向けにトレーニングのポイントや具体的なやり方、効果的な食事法について解説していきます。
睡眠の質を上げる!ハイパフォーマンス睡眠で寝苦しい夏も快適に

睡眠の質を上げる!ハイパフォーマンス睡眠で寝苦しい夏も快適に

暑い日が続いています。仕事が忙しくてまとまった睡眠が取れない上に、夜も寝苦しいといった悩みを持つ人が多いのではないでしょうか。 山口真由子著『ハイパフォーマンス睡眠』 より、限られた睡眠時間の中で、より良い睡眠をとるための習慣をご紹介します。
大胸筋の上部を分厚くする!自宅で効率的に鍛える筋トレ方法

大胸筋の上部を分厚くする!自宅で効率的に鍛える筋トレ方法

たくましい大胸筋にあこがれて、腕立て伏せを日課にしている人は少なくありません。しかし大胸筋の上部は、自分の体重を利用した筋トレでは高い負荷を与えにくい厄介な部位です。そこで今回は、自宅で効率的に大胸筋上部を鍛える方法を解説していきます。
目の疲れ解消に!空き時間にデスクでできる簡単エクササイズ

目の疲れ解消に!空き時間にデスクでできる簡単エクササイズ

最近はパソコンを使う機会も多いため、目の疲れやドライアイ、ものが見えにくいなどの症状で悩んでいるケースは少なくありません。そこで今回は、 目の疲れを軽減するために空き時間を利用してデスクでもできる簡単エクササイズについて解説していきます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

フィガロ フィガロ
お金の教養講座