2018年3月3日 更新

「天下が取れるお金のケチり方」を稀代のケチ男!? 徳川家康に学ぶ

あなたは徳川家康という人物を知っているでしょうか? 江戸幕府を開いたとして授業で習いましたが、近年それだけではなくその経済政策やお金に対する考え方などが、話題になっているのです。

istockphoto (11066)

2018.3.3

徳川家康とは何をした人物?

gettyimages (11069)

徳川家康は戦国時代をコツコツと生き抜いた人物です。天文11年12月26日(1543年1月31日)に生まれ、織田信長や豊臣秀吉といったトップとかかわりました。のちに戦国の世を終わらせたことで知られています。
慶長5年9月15日(1600年10月21日)に行われた関が原の戦いに勝利したことでその功績を認められ朝廷から征夷大将軍の地位を得たのち、慶長8年(1603年)に江戸幕府を開き数々の経済政策を行ったのです。

何かと落ち着きのない幼少期

thinkstock (11074)

幼少期の家康(竹千代)が生まれた三河国は、敵国からの総攻撃を危惧していました。三河国は織田と今川に挟まれる形で存在していて、いつ攻撃されてもおかしくなかったからです。
そんなおり織田からの総攻撃の知らせを受けた父弘忠は、今川に協力してもらう代わりに当時6歳であった家康を人質として差し出します。
その後仲間の裏切りによって織田に売り飛ばされ今川にて再び人質になるなど、波乱万丈の幼少期を送るのです。大名たちの家で人質になることで、それぞれの家の事情を垣間見た家康。
このときの経験がのちに、彼の生き方に大きく影響したのではないでしょうか。

徳川家康は徹底した倹約家

gettyimages (11078)

あまり知られていない家康の特徴として、倹約家ぶりが挙げられます。人質生活の中で人生はいつどうなるか分からないと学んだであろう家康が、お金のことにシビアになるのはある意味当然といえるでしょう。
43 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

地方銀行の相次ぐ合併|変わっていく銀行の役割とは

地方銀行の相次ぐ合併|変わっていく銀行の役割とは

ここ数年、合併のニュースが相次ぐ地方銀行。銀行合併というニュースを聞くと、「自分の貯金は大丈夫なのか」、「地域経済に影響はないのか」と心配になる方も多いでしょう。地方銀行はなぜ合併をするのでしょうか。そして、利用者である私達にはどのような備えが必要なのでしょうか。
お金 |
キャッシュレスで税金が払える!メリットや注意点はある?

キャッシュレスで税金が払える!メリットや注意点はある?

税金の支払いと言えば、現金が一般的でした。しかし、2017年から国税をクレジットカードで支払いできるようになり、地方税もキャッシュレスで支払うことができる自治体が増えています。今回は、キャッシュレスでの地方税の支払い方法、メリットや注意点を詳しくお伝えします。
お金 |
不動産市場が低迷期に入る初期の兆候

不動産市場が低迷期に入る初期の兆候

近年、不動産投資がブームであったのは、地方銀行が金融緩和により溢れたマネーをリスク度外視で不動産投資を始める人々に融資してきたからです。
金価格が示す市場心理

金価格が示す市場心理

実は、あまり認識されていませんが金価格が上昇しています。2018年8月以降、徐々に値段を切り上げて約半年で約10%を超える上昇です。今回の金相場は市場の見通しと心理を示している可能性が高いため今回は分析をしてみたいと思います。
資産を10倍に増やす堅実な投資スタイルとは(前編)

資産を10倍に増やす堅実な投資スタイルとは(前編)

私の基本的な投資スタンスについては、2007年に出版した『株式市場「強者」の論理』という著書のなかの「長期的な計画を立てる」という項目のなかで、その原型ともいえる文章を書いております。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部