2018年3月3日 更新

「天下が取れるお金のケチり方」を稀代のケチ男!? 徳川家康に学ぶ

あなたは徳川家康という人物を知っているでしょうか? 江戸幕府を開いたとして授業で習いましたが、近年それだけではなくその経済政策やお金に対する考え方などが、話題になっているのです。

istockphoto (11066)

2018.3.3

徳川家康とは何をした人物?

gettyimages (11069)

徳川家康は戦国時代をコツコツと生き抜いた人物です。天文11年12月26日(1543年1月31日)に生まれ、織田信長や豊臣秀吉といったトップとかかわりました。のちに戦国の世を終わらせたことで知られています。
慶長5年9月15日(1600年10月21日)に行われた関が原の戦いに勝利したことでその功績を認められ朝廷から征夷大将軍の地位を得たのち、慶長8年(1603年)に江戸幕府を開き数々の経済政策を行ったのです。

何かと落ち着きのない幼少期

thinkstock (11074)

幼少期の家康(竹千代)が生まれた三河国は、敵国からの総攻撃を危惧していました。三河国は織田と今川に挟まれる形で存在していて、いつ攻撃されてもおかしくなかったからです。
そんなおり織田からの総攻撃の知らせを受けた父弘忠は、今川に協力してもらう代わりに当時6歳であった家康を人質として差し出します。
その後仲間の裏切りによって織田に売り飛ばされ今川にて再び人質になるなど、波乱万丈の幼少期を送るのです。大名たちの家で人質になることで、それぞれの家の事情を垣間見た家康。
このときの経験がのちに、彼の生き方に大きく影響したのではないでしょうか。

徳川家康は徹底した倹約家

gettyimages (11078)

あまり知られていない家康の特徴として、倹約家ぶりが挙げられます。人質生活の中で人生はいつどうなるか分からないと学んだであろう家康が、お金のことにシビアになるのはある意味当然といえるでしょう。
43 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

なぜキャッシュレス化を進めるのか。日本の狙いとは

なぜキャッシュレス化を進めるのか。日本の狙いとは

日本では政府主導でキャッシュレス化を推進しています。なぜそこまでキャッシュレスを普及させる必要があるのでしょうか。
経済 |
Facebookの仮想通貨「Libra」はどうなる!?

Facebookの仮想通貨「Libra」はどうなる!?

Facebookは6月18日、独自の仮想通貨「Libra」を2020年に発行する予定だと発表しましたが、その後世界中からの注目と共に、懸念や批判など厳しい声が相次いでいます。 さて、今後Libraはどう展開していくのでしょうか?
お金 |
起業家を助ける「エンジェル投資家」はどこにいる?探し方や注意点は

起業家を助ける「エンジェル投資家」はどこにいる?探し方や注意点は

資金を出して起業志望者を手助けする「エンジェル投資家」はどこにいるのでしょうか?どこを探せば見つかるのでしょうか?もし見つかって「資金を出すよ」と言われても、それが本当に信用できる人物なのかどうか、どう判断すればいいのでしょうか?
お金 |
孤独が人を滅ぼす?

孤独が人を滅ぼす?

経済コラムニストの大江英樹氏は、著書「定年楽園」で、定年後の最大の不安は、孤独になること、と書かれています。 その本を初めて読んだ時、僕は老後を乗り切るのはやっぱりお金でしょ、なんて考えていたので、孤独?と多少疑問に思いました。
経済 |
世界各国が傾斜する金融緩和と為替の関係

世界各国が傾斜する金融緩和と為替の関係

最近の経済指標を見ていると世界的な景気の減速傾向が確認できます。そのため、各国の中央銀行より金融緩和を進める発言や、実際にいくつかの国においては緩和策(利下げなど)が採用されています。ところで、金融緩和策の打つ手が限られている日本円の今後の見通しはいかに。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部