2019年9月7日 更新

【書評】世界一を目指さなければ面白くない

本書は、自分の好きなことや強みをいかして仕事を作り出した著者の戦略とその情熱について書かれたものである。本書を読むことにより、好きなことだけで生きていくための方法がわかる。

本書は、自分の好きなことや強みをいかして仕事を作り出した著者の戦略とその情熱について書かれたものである。本書を読むことにより、好きなことだけで生きていくための方法がわかる。

また本書は、著者が所属するオンラインサロン箕輪編集室のメンバーの協力により作られた。きっと多くのメンバーの熱い思いにより、出来上がったに違いない。オンラインサロンならではの面白い取り組みだ。

著者は子供の頃からボードゲームに魅せられ、何百個もコレクションするほど夢中になっていた。その魅力を多くの人に伝えたいという思いから、各イベントや人が集まる場所へ出向き、その面白さを伝えていった。その数なんと5000人。その様な地道な活動により、二度にわたるクラウドファンディングの成功へと繋がっていった。

当初は「好き」なものを仕事にできるとは思わず、紆余曲折していたと言う。そんなことができるのは、一握りの限られた人。平凡な暮らしをし、何のコネもない著者にはとても想像もできない世界だったようだ。

しかし、知人の経営者に言われた「なぜ世界一を目指さないの?」という言葉に刺激され、一度はあきらめて就職したものの、ボードゲームに対する著者の情熱は冷めることはなかった。

著者は自分の好きなことで「ボードゲームソムリエ」という世の中にはない職業を自ら作り出し、スティーブン・R・コーヴィ氏の『7つの習慣』のボードゲーム化の制作に携わることになったが、そこには著者ならではの影ながらの努力があった。

趣味を仕事にしたいと考えた著者であったが、競争相手の少ないブルーオーシャンでさえも、後々レッドオーシャンになる可能性があると考え、そもそも競争相手が誰もいない「ブラックオーシャン」を目指した。それが著者の考えた戦略だ。

本書を読んでいると著者のボードゲームに対する熱い思いがひしひしと伝わってくる。そして、本書を読み終わる頃には、素敵な世界観のある、またビジネスの面白さが伝わるボードゲームをやってみたいと思えてきた一冊である。 

戦略と情熱で仕事をつくる 自分の強みを見つけて自由に生きる技術

戦略と情熱で仕事をつくる 自分の強みを見つけて自由に生きる技術

HIU公式書評ブログ

堀江貴文イノベーション大学校(通称HIU)公式の書評ブログです。様々なHIUメンバーの書評を毎日更新中。 http://bookrev.horiemon.com
3 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【書評】伊勢角屋麦酒の破天荒社長が行く!ビール天下統一の道

【書評】伊勢角屋麦酒の破天荒社長が行く!ビール天下統一の道

この本は、1代にしてクラフトビールの大家「伊勢角屋麦酒」を築き上げた鈴木社長の熱く破天荒なサイエンスの物語である。
自己確立 多数の成功体験から自分のかたちをつくっていく

自己確立 多数の成功体験から自分のかたちをつくっていく

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。
声で印象は決まる!ビジネスで大切な「人を動かすいい声」の磨き方

声で印象は決まる!ビジネスで大切な「人を動かすいい声」の磨き方

自分の考えをもっとスムーズに伝えられたら、ビジネスはもっとスムーズに流れていくのかもしれません。実は、人に与える印象は、内容だけではなくどんな声で話すかということにカギがあるようです。 近藤名奈著『一流の人は、なぜ話し方よりも「声」を大切にするのか』 より、正しい姿勢で印象のいい声を出すコツをご紹介します。
【書評】仕事のスケールがデスクから半径2メートルの人は、大きな仕事ができない。

【書評】仕事のスケールがデスクから半径2メートルの人は、大きな仕事ができない。

本書は、読書を人生最大の楽しみにしている著者だからこそわかる、理想の本棚の作り方、書店の歩き方、面白い本との出会い方、読み方について詳しく説明している。
自分から売り込まない 人生100年時代に小さく始める大人の週末起業

自分から売り込まない 人生100年時代に小さく始める大人の週末起業

人生100年時代、定年後に少しでも自分で稼ぐ力をつけておきたいと考え始めている人は多いのかもしれません。とはいえ、何をどう始めたらいいのかがわからないという一面もあることでしょう。 藤井孝一著『大人の週末起業』より、大人が始めるにあたって知っておきたい週末起業の考え方をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部