2019年6月21日 更新

米FRBの決断はいかに

この記事が出ているときには、6月18~19日の米連邦公開市場委員会(FOMC)が開催され結果は公表されているであろう。今回、政策金利引下げは見送られ、もし利下げになるとサプライズとされるであろう。7月以降のFRBの政策と米国経済の見通しを考えてみたい。

2019.6.21

低インフレが利下げを促すか

gettyimages (40660)

6月18日時点における6月以降のFOMCでの利下げ、フェデラルファンドレート(FF金利先物市場)の見通しは、現在の2.25%〜2.50%から年3回、各0.25%ずつ引き下げられることを織り込んでいる。ちなみに、7月、9月、12月に引き下げられることを想定している。
しかし、この見通しには確固たる根拠はなく、今後の経済、金融情勢次第であることは間違いない。
実体経済は、5月の米国非農業部門就業者数が7万5,000人増と予想を大きく下回ったが、6月8日終了分の失業保険申請者数は、222,000人と今までとほぼ変わらずなので、6月以降の雇用統計にも大きなマイナスは想定しにくい。また、米国5月の小売売上は、前月比プラス0.5%、前年同月比でプラス3.2%と順調。さらに、アトランタ連銀が発表するGDPナウは、今四半期のGDP成長率を+1.4%から+2.1%と上方修正と経済指標は好調を維持しているようにみえる。
一方、米中の関税問題、中東情勢などの地政学リスクの高まりによる原油価格上昇など引き続き不確実要素が数多い。というよりも実は徐々に増えている。この不確実性は、インフレ率の上昇可能性を高めているが、需要サイドのマインド悪化も引き起こすことから政策運営をより難しくしている。
つまり、FRBはインフレ懸念とデフレ懸念の双方をにらみながら今後の政策決定を行う必要があるわけだが、現時点では低インフレを主眼において対応する可能性が高いとされている。それは、FRBがインフレ率の適正水準を+2%(年)と想定し、その判断基準とされているPCEコア指数が+1.5%にとどまり目標の2%を下回っているからである。このインフレ率の低さは、景気減速の兆候を示すインディケーターとされているため、FRBは何としてでも2%に近づけたいと考えていることはほぼ間違いない。そのために金利引き下げを行い物価の上昇を目指すであろう。さらに、パウエル議長も物価が上がりにくい状況を認めているいるため、早めの対応を行う可能性が高そうである。

FRBは政策カードをどこで切るのか

そもそも、現在の政策金利が2.25%〜2.50%であることからFRBの保有する政策カードは限られている。パウエル議長としては、出来れば今回の景気回復局面で4%まで持ち上げたかったのが本音であろう。しかし、2018年末の株価急落を受けて、というか、市場からの催促に負けてハト派になってしまったパウエル議長は、今後もハト派を継続する可能性が高そうである。それは、利上げを見送ったことで市場の信認を得た経験が作用していることと、政策のカードは限られていても前回のように後手にならずに先手として今後利下げするカードを切る可能性が高いと考えられる。
前述の通りFRBが低インフレに対して懸念していることが利下げの一番の理由ではあるが、それ以外にも理由はある。それは、トランプ大統領からのプレッシャーである。大統領は、ことあるごとにいFRBの政策を批判し、政策金利の引き下げを要求している。また、トランプ大統領は自ら指名したパウエル議長についても、経済のてこ入れに十分取り組んでいないと批判している。もし、トランプ大統領は2020年に再選しても、パウエル議長の継続はないと噂されている。
興味深いデータがある。英国バークレイズ銀行の報告によると、FRBが経済減速に対するヘッジ目的で先んじて利下げを行った場合、株価は大幅に二桁程度の上昇をするとしている。一方、景気後退に突入し追いかけるように利下げを実施した場合、株価は大幅に下落すると見ている。この報告は、2001年、2007年の利下げが、景気後退を受けて後追い的に行った結果、株式市場は大幅下落相場になったことを根拠に説明されている。
現在、3カ月物と10年物の米国債利回のイールドカーブが長短が逆転している、逆イールド状態にある。これは、景気後退への可能性についての示唆でしかないものの、それでもFRBの行動を促すには十分である。金融市場における金利示唆に対するFRBの対応が遅れること、つまり今後利下げを行わないことで、景気後退を招くことは現役のセントラルバンカーとして容認するとは到底考えにくく、先んじて利下げを行う可能性が高いと考える。
18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

日本人ノーベル賞受賞者が出た「電池」次世代電池の研究開発最前線は?

日本人ノーベル賞受賞者が出た「電池」次世代電池の研究開発最前線は?

11月11日は「電池の日」。10月9日、「リチウムイオン電池」開発の功績で吉野彰博士がノーベル化学賞を受賞しました。「全樹脂電池」「リチウム空気電池」「全固体電池」など次世代電池の開発競争もますます盛んで、最前線では日本人科学者も活躍しています。
経済 |
プチプラの次は?フォーエバー21の破綻に見るファッション業界の行方

プチプラの次は?フォーエバー21の破綻に見るファッション業界の行方

断捨離した後の服の行方を考えたことがありますか。経済的な成長の裏にはほとんど犠牲が伴い、堅調な成長を見せるファストファッション市場もその一例です。しかし今、利益追求を優先しすぎたファストファッション業者のモラルと、消費者の良識が問われる時期がきたようです。
経済 |
欧州経済の「日本化」が進んでいる?今後最も避けたい3つの恐怖

欧州経済の「日本化」が進んでいる?今後最も避けたい3つの恐怖

9月12日に欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が発表した総合的な金融緩和策では、欧州の低成長と低インフレの長期化を阻止するのに不十分であると市場の評価は冷ややかです。いかなる金融政策を講じても経済回復に至らない「低成長」「低インフレ」「デフレスパイラル」という日本化が本当に欧州圏で進んでいるのでしょうか。
今年の秋は10月からスタートする米国企業の業績発表に注目

今年の秋は10月からスタートする米国企業の業績発表に注目

最近では、トランプ大統領の中央銀行への圧力や世界的に広がる貿易戦争などのトピックスに対して反応が鈍くなっているように感じます。一方で、景気の弱さと企業業績の不透明感が徐々に台頭していることについてはニュースとしてあまり取り上げられてないので知られていません。
ウェルネスブームが世界中で止まらない!4兆ドルの経済効果と背景

ウェルネスブームが世界中で止まらない!4兆ドルの経済効果と背景

マインドフルネスをはじめとした、ウェルネス(健康を維持、増進させようとする生活活動)に興味を持つ人が増えつつあります。ウェルネスツーリズム、アプリなど新たな商品が出回り、今やウェルネス産業の市場規模は4.2兆ドル以上。このブームの実態や背景、昨今のトレンドについて解説します。
経済 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

渋谷 豊 渋谷 豊
お金の教養講座
お金と投資のセミナー情報(無料)

お金の教養講座

おすすめ

お金の教養講座

⼤⼈として知っておきたいお⾦の知識。
⼈⽣そのものを充実させるためのお⾦の基礎講座

「ビギ卒」株式投資セミナー

どんな株価相場でも、チャンスに変えて
安定した利益が出せる投資家になるための講座

お金の教養講座 for woman

ランチ時間にサクッと気軽に学べる⼥性のための
マネー⼊⾨講座です。


ファイナンシャルアカデミー公式SNS