2019年7月16日 更新

音楽の力で仕事を効率化する!その効果と実例とは

音楽を利用することで、仕事を効率化させようという取り組みがあります。これは音楽が心理的に作用することで、集中力が高まりミスが減るといった効果があるからです。実際にどのような音楽を流すと仕事を効率化できるのかをご紹介します。

2019.7.16

1 仕事効率化のために必要な「音楽の力」とは 

gettyimages (42409)

音楽を流すことで、なぜ仕事を効率化できるのかを説明します。

1-1 音楽が仕事を効率化させる理由 

イギリスのコンサルティング会社Mindlab Internationalの調査によると、オフィスに音楽を流すことでデータ入力やコンサルティング業務などのスピードと正確性が向上したそうです。
実験では88%の人にその効果が現れたとしています。
さらにこの調査結果では、無音な環境では集中力が持続せずミスが目立つとしています。
BGMを流す環境では、単純作業の効率が高まるそうです。これは音楽を流すことで、適度にドーパミンが分泌されるからです。

1-2 仕事効率が上がる場合と上がらない場合がある

ただし同じ音楽でも、仕事の効率を高めるものと、そうではないものとがあります。たとえば歌の場合、その歌詞に注意が向いてしまうので仕事効率は逆に落ちてしまいます。
音階の起伏が少なく、適度なテンポのクラシック、あるいはヒーリング音楽などが仕事の効率を高めてくれます。

1-3 モーツアルト効果は仕事に有効か

1993年に学術誌「ネイチャー」で発表された論文により、モーツァルトの「2台のピアノのためのソナタ ニ長調」K.448を聴いた学生が、聴かなかった学生よりも空間認識テストで高い点数を出したそうです。
43 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「巻き込み力」はデキる人の必須条件!職場の完璧超人はもう時代遅れ?

「巻き込み力」はデキる人の必須条件!職場の完璧超人はもう時代遅れ?

かつて「仕事がデキる人」といえば、自分の仕事を一人でこなす「完璧超人」のようなイメージだったかと思います。しかし、最近は働き方の変化により、仕事がデキる人の定義が少しずつ変わってきているのです。 今回は今の時代にこそ必要とされる「仕事の巻き込み力」について紹介していきたいと思います。
良い会議は「30分、少人数、資料は1枚」段取りとネクストステップが重要

良い会議は「30分、少人数、資料は1枚」段取りとネクストステップが重要

『最高品質の会議術』を著した前田鎌利氏は会議の生産性をアップさせるためには、「30分以内に終える」「参加者は少人数に絞る」「主要資料は1枚だけ」「段取りに手間と時間をかける」「報告にネクストステップを加える」という5つのポイントがあるといいます。
Evernoteを仕事で活用する方法|効率が上がる使いこなしのコツ

Evernoteを仕事で活用する方法|効率が上がる使いこなしのコツ

2010年頃には非常に話題となったデジタルノートEvernoteですが、価格改定があったり、Google keepなどの競合製品が話題になるなどして、いまでは下火になっているようにも思えます。今回は、Evernoteの使いこなしについてご紹介します。
仕事ができる人の特徴は?できない人にならないための注意点4つ

仕事ができる人の特徴は?できない人にならないための注意点4つ

仕事をスピーディーかつ正確にこなす人には憧れるものです。そんな「仕事のできる人」にはいくつかの共通点があります。反対に、仕事ができない人にも特徴があるようです。それぞれの特徴を把握して、職場で意識して動くことで仕事のスキルアップができます。
アウトプットで試されるリベラルアーツ力|企業が期待する教養

アウトプットで試されるリベラルアーツ力|企業が期待する教養

クリティカル・シンキングの力や国際性が重視されるビジネス環境となった今、リベラル・アーツ研修や講習に参加する社会人が増えています。リベラル・アーツの知識を深めることも大切ですがその知識をアウトプットする力が重要です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部