2019年4月17日 更新

デジタルデトックスで脳の疲れを解消しパフォーマンスを上げよう

スマホやタブレットなどのモバイル端末を持たずに過ごす。デジタルデトックスは、1日でもハードルの高いことではないでしょうか?脳の疲れを解消し、情報管理能力を更新するため、挑戦してみました。どんな不安と解放感が待っていたのかお伝えします。

gettyimages (36071)

2019.4.17

モバイル端末断ちのきっかけ

gettyimages (36067)

モバイル端末断ちをしようと思ったきっかけは、2つありました。ひとつは、SNSやブログで定期的に見かける「スマホ断ち」「ネット断ち」という言葉です。経験者の皆さんがあまりにも幸福そうに元の居場所(SNSやブログ)へ戻ってくる様子を、とてもうらやましく感じたのです。
もうひとつは、情報の取捨選択、管理能力を更新したかったからです。便利そうなアプリは、とりあえずインストール。あとで読み返すつもりで、手当たり次第にブックマーク。にもかかわらず、翌日には熱が冷めて、一切合切削除する。私の脳は、まるでアップデートしていないOSにそっくりでした。
では、実際にモバイル端末断ちを実行した際の環境、日数、条件について説明します。
  • 環境 在宅勤務なので主に自宅 民放と光テレビあり 固定電話あり
  • 日数 1週間
  • 条件 タブレットは完全に封印 スマホは在宅時のみ封印で外出時はメールのみ
    デスクトップパソコンは業務のみ
仕事の関係上、完全にネットとメールを中断することは不可能ですが、「プライベートな目的でネットとメールを使わない」というミッションは実行できました。ちなみに、ご近所付き合いは活発なので、災害時の連絡は心配無用という環境です。

不安感の次に訪れたもの

gettyimages (36075)

モバイル端末を持たずに過ごすと、お気に入りのニュースサイトもキューレーションサイトも見られません。最初は不安でしたが、やがて慣れ親しんだ「自分向けの情報」が手元になくても、「みんなのための情報」には不自由しないのだと気が付きます。
国民が健康で安全な生活をおくるために必要な情報は、テレビで知ることができます。どこかの飲食店に入れば、ラジオ、雑誌、新聞から、ニュースや娯楽が得られます。もちろん、自分向けに編集された情報ではないので、下品なバラエティ番組に毒づくこともあれば、シンプルな旅番組で感動することもありました。
印象的なのは、民放テレビの企業コマーシャルの多さと、通販コマーシャルのしつこさに辟易したことです。子どもの頃は我慢できたはずなのに、大人になってから「コマーシャルへの耐性」が薄れてしまったようです。ポップアップ広告が無限に続くような苛立ちを覚えました。
自分向けの情報が手元にない不安の次には、きっと退屈が訪れるのだろうと思いましたが、訪れたのは強烈な焦燥感でした。原因不明の焦燥感に駆られるたびに、衝動的にドライブに出かけて、気になっていたお店を軒並み巡回して、読みかけの小説を手に取りました。
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

人間関係のストレスが改善される感情コントロール術

人間関係のストレスが改善される感情コントロール術

30代から、部下や上司との関わり合いが増え、悩みが増えてきます。人間はより困難な状況で複雑な感情を抱く時ほど、内面に隠す傾向があると精神科医は語ります。悩みを解決するための方法を紹介します。
幸せで豊かな黒字の人生を歩むために 必要な考え方とは

幸せで豊かな黒字の人生を歩むために 必要な考え方とは

この春、新しく社会人になった人、転職して新天地で頑張っている人。この時期はそんなビジネスパーソンが多いのかもしれません。そして、お金に対する認識も、生活とともに変わる一面があることでしょう。
弁護士に訊く「逮捕されない限り逃げきれるのか」

弁護士に訊く「逮捕されない限り逃げきれるのか」

日産のカルロス・ゴーン会長の逮捕や、芸能人の逮捕など、多くの逮捕案件がマスコミで取り上げられています。逮捕まで行かないまでも、警察に出頭を求められる場合も多々あります。 万が一そういう事態になったときには、どうするのが良いのか? 刑事事件に詳しい弁護士に訊きました。
1,000円値上げするAmazonプライムサービスのクオリティとは?

1,000円値上げするAmazonプライムサービスのクオリティとは?

現在の世界長者番付第1位・ジェフ・べソス率いるAmazon。買いたいものがあったらまずAmazonで検索する人は多いでしょう。商品購入だけでなく動画や音楽配信も楽しめ、食品販売もおこなうAmazonは、この度プライム会員費の値上げを発表しましたが、そのサービスのあれこれを調べてみました。
成長する人・しない人の違いはたった1つだけ?質問力の考え方

成長する人・しない人の違いはたった1つだけ?質問力の考え方

成長する人・しない人の違いは、突き詰めればたった1つしかありません。一向に成長しない部下や後輩を眺めて、日々悩んでいる方も少なくないのではないでしょうか。仕事で成長する人・しない人の違いがどこから来るのかを解き明かし、どのように捉えれば良いのかを考えてみます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

しらとはる しらとはる