2019年4月17日 更新

デジタルデトックスで脳の疲れを解消しパフォーマンスを上げよう

スマホやタブレットなどのモバイル端末を持たずに過ごす。デジタルデトックスは、1日でもハードルの高いことではないでしょうか?脳の疲れを解消し、情報管理能力を更新するため、挑戦してみました。どんな不安と解放感が待っていたのかお伝えします。

gettyimages (36071)

2019.4.17

モバイル端末断ちのきっかけ

gettyimages (36067)

モバイル端末断ちをしようと思ったきっかけは、2つありました。ひとつは、SNSやブログで定期的に見かける「スマホ断ち」「ネット断ち」という言葉です。経験者の皆さんがあまりにも幸福そうに元の居場所(SNSやブログ)へ戻ってくる様子を、とてもうらやましく感じたのです。
もうひとつは、情報の取捨選択、管理能力を更新したかったからです。便利そうなアプリは、とりあえずインストール。あとで読み返すつもりで、手当たり次第にブックマーク。にもかかわらず、翌日には熱が冷めて、一切合切削除する。私の脳は、まるでアップデートしていないOSにそっくりでした。
では、実際にモバイル端末断ちを実行した際の環境、日数、条件について説明します。
  • 環境 在宅勤務なので主に自宅 民放と光テレビあり 固定電話あり
  • 日数 1週間
  • 条件 タブレットは完全に封印 スマホは在宅時のみ封印で外出時はメールのみ
    デスクトップパソコンは業務のみ
仕事の関係上、完全にネットとメールを中断することは不可能ですが、「プライベートな目的でネットとメールを使わない」というミッションは実行できました。ちなみに、ご近所付き合いは活発なので、災害時の連絡は心配無用という環境です。

不安感の次に訪れたもの

gettyimages (36075)

モバイル端末を持たずに過ごすと、お気に入りのニュースサイトもキューレーションサイトも見られません。最初は不安でしたが、やがて慣れ親しんだ「自分向けの情報」が手元になくても、「みんなのための情報」には不自由しないのだと気が付きます。
国民が健康で安全な生活をおくるために必要な情報は、テレビで知ることができます。どこかの飲食店に入れば、ラジオ、雑誌、新聞から、ニュースや娯楽が得られます。もちろん、自分向けに編集された情報ではないので、下品なバラエティ番組に毒づくこともあれば、シンプルな旅番組で感動することもありました。
印象的なのは、民放テレビの企業コマーシャルの多さと、通販コマーシャルのしつこさに辟易したことです。子どもの頃は我慢できたはずなのに、大人になってから「コマーシャルへの耐性」が薄れてしまったようです。ポップアップ広告が無限に続くような苛立ちを覚えました。
自分向けの情報が手元にない不安の次には、きっと退屈が訪れるのだろうと思いましたが、訪れたのは強烈な焦燥感でした。原因不明の焦燥感に駆られるたびに、衝動的にドライブに出かけて、気になっていたお店を軒並み巡回して、読みかけの小説を手に取りました。
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

伝えたと伝わること

伝えたと伝わること

僕はクラシック音楽が好きで、50年近く前の中学生の時から、LPやCDのコレクターです。また機会があればコンサートにもよく行きます。 外国から来日する有名音楽家やオーケストラは、チケットが高額なので、日本の音楽家中心に行きます。
富裕層は休日でもダラダラしない?サザエさん症候群と無縁の過ごし方

富裕層は休日でもダラダラしない?サザエさん症候群と無縁の過ごし方

富裕層の休日の過ごし方には、いくつか共通のスタイルが見られます。休日の終わりは、いわゆる「サザエさん症候群」に悩まされる一般ビジネスパーソンも少なくないですが、富裕層には無縁です。富裕層に近付きたければ、彼らの休日の過ごし方を真似るのも一手ですね。
Uberがお手本?高齢者ドライバーが送迎してくれる「ささえ合い交通」

Uberがお手本?高齢者ドライバーが送迎してくれる「ささえ合い交通」

高齢者ドライバーによる痛ましい死亡事故が起きて運転免許証の自主返納が話題になっていますが、京都府京丹後市には高齢者ドライバーが高齢者をマイカーに乗せて送迎する「ささえ合い交通」があります。電話で依頼でき現金払い可のアナログなUberです。
経済 |
自宅で仕事がはかどる!在宅ワークを快適にする家具の選び方

自宅で仕事がはかどる!在宅ワークを快適にする家具の選び方

働き方改革で在宅勤務を命じられたら、あなたは自宅の中のどこで仕事をしますか? その環境は、自分の健康を守るためにも大事です。「在宅勤務用」の机やいすが売られていますが、仕事をするための家具はどんな点に気をつけて選べばいいのでしょうか?
「いつかは住みたい」南アフリカでの生活費

「いつかは住みたい」南アフリカでの生活費

アフリカ大陸最南端に位置する南アフリカは“虹の国”と称され、多彩な魅力に溢れています。「アフリカ」と聞くと野生動物や大自然を想像する方も多いと思いますが、それだけでなく、華やかな街並みや近代都市が共存していることが大きな特徴です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

白戸 春 白戸 春