2020年1月21日 更新

あなたの時間的価値を引き上げる「自分時間の投資」とは

自分の時間を投資し、能力やスキルを身につければ、将来「時間的価値の上昇」として返ってきます。そのためには、インプットの時間をつくることが大事。あなたは普段の生活の中で、時間の投資をどのくらいできるでしょうか?(泉正人著『TIME DESIGN(タイムデザイン)』より抜粋。)

gettyimages (51645)

2020.1.13

人生の減価償却

gettyimages (51656)

減価償却とは、時間の経過につれて、経済的な価値や将来収益を生み出す力が減少していくことです。
新築で買った寿命50年のマンションは、一般的に年々価値が下がっていき(つまり減価償却していき)、50年後に価値がゼロになると考えられます。

それを私達人間に置き換えてみると、人生80年という寿命が決められているとすれば、時間的視点でみると年々減価償却していると考えられます。

当然、知性は高まり、経験値が深まり、人としての価値はでてくるのですが、「時間」だけをみると毎年減価償却しているのです。

時間として減価償却されつつも、時間とともに中身まで劣化していくよりは、年々希少価値が高まっている自分自身の時間をより楽しく有意義に、そして自由な時間としていくことは、とても大切だと思います。
「時間を浪費してはいけない。人生は時間の積み重ねなのだから」と、アメリカの政治家ベンジャミン・フランクリンが言うように、時間は浪費するよりも投資することで、楽しい人生を送ることができるようになります。

同じ1日でも昨日より今日、同じ1週間でも先週より今週、同じ1カ月でも先月より今月と、中身を充実させることによって、経過した時間ぶん以上のものが手に入るのです。

1日1時間続ければ、3年で1000時間になる

gettyimages (51657)

せっかく自分の時間を投資するのなら、できれば時間的価値が高まり付加価値がつく能力やスキルを身につけたほうがいい私たちは考えてしまいます。
なぜなら、付加価値がつく能力やスキルは、一度身につけたら、その後の長い人生の中で時間をさらに充実したものにしてくれるからです。

その時間的価値を高めるには、まず自分の時間を投資しなければいけません。
ぼーっとして待っていれば、時間的価値が上がっていくことはありません。
時間的価値の高い人は、かならず過去に時間の投資をし、価値を高めた経験のある人です。
10年間素振りをやり続けた野球選手も、何年も毎晩料理の勉強をした人も、2年間MBAの勉強に費やした人も、スキマ時間でも絵を書き続けた漫画家も、同じ「時間の投資」をしています。

では、あなたは今の生活の中で、その時間的投資をする時間はどのくらいつくれるでしょうか?
1日1時間の時間は、頑張れば、つくれる人は多いと思います。
では、1日に3時間ずつつくれるでしょうか?
その時間の投資は、かならず近い将来の自分に「時間的価値の上昇」として跳ね返ってきます。その時間を取れない場合、現状維持、もしくは下降していってしまうのが、移り変わりの激しい今の時代かと思います。
そのためにまず行うことは、時間的価値を高めるためのインプットの時間(時間の投資)をつくること。
そこでも、自分自身の時間コントロール力は生きてくるのです。
この時間コントロールで一番簡単で続けられる方法は、時間を先にブロックすることです。
21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

タイムマネジメント能力を高める方法|現在と未来に使える時間を考える

タイムマネジメント能力を高める方法|現在と未来に使える時間を考える

「時間がもっとあればなぁ」と思ったことがありませんか? やりたいことが全部できれば人生は楽しくなります。何かを得るためには、何かを明確化する。時間の管理(タイムマネジメント)は自分自身で行わないと本当の自由は手にはいりません。(泉正人著『TIME DESIGN(タイムデザイン)』より抜粋。)
時間を上手に使うためには?短期 中期 長期3つのスパンで考える

時間を上手に使うためには?短期 中期 長期3つのスパンで考える

「忙しい」がつい口からでてしまう人は、時間の使い方が苦手になっているかもしれません。時間を生かすためには短期・中期・長期といった3つのスパンで考え、自分自身のビジョンに向かってシナリオをデザインしてみましょう。第4回目は「先をイメージする」です。(泉正人著『TIME DESIGN(タイムデザイン)』より抜粋。)
時間を増やす2つの方法|自分らしく生きるための人生設計

時間を増やす2つの方法|自分らしく生きるための人生設計

人生を楽しく生きるための時間をどう活用するか。そのために必要な時間を考え、設計することが「タイムデザイン」です。重要なのは、自分自身でコントロール可能な時間がどれだけあるのかを知ること。第3回目は「時間をデザインする」です。(泉正人著『TIME DESIGN(タイムデザイン)』より抜粋。)
時間の価値とは何か?自分でコントロールできる時間とできない時間

時間の価値とは何か?自分でコントロールできる時間とできない時間

お金と時間──この2つが、私たちが自由で幸せに生きるためのカギだと思います。仕事や家事で忙しくても、楽しむ時間を自分で作り出すことで人生は豊かになります。無形財産である時間について考える連載第2回は「時間の価値について」です。 (泉正人著『TIME DESIGN(タイムデザイン)』より抜粋。)
「自由な時間」について考える|人生が変わるタイムデザイン

「自由な時間」について考える|人生が変わるタイムデザイン

時間とはなにか。投資家・経営者として「有限な時間」をどう使うか徹底的に考え抜いてきた事をこの連載でお伝えします。目標は時間にしばられないライフスタイルをデザインすること。第1回目は「自分の時間と自由について」です。 (泉正人著『TIME DESIGN(タイムデザイン)』より抜粋。)

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

泉正人 | ファイナンシャルアカデミー 泉正人 | ファイナンシャルアカデミー