2019年2月26日 更新

〈はなわ〉柔道3兄弟を立派に育てる『はなわ流の子育て術』とは?

「お金とは、家族のためのもの(はなわ)」

2018.11.12

再び訪れたピンチを救ってくれたのは佐賀県だった

STAGE編集部:芸人を目指す際、佐賀から飛び出したはなわさん。戻ってからの生活は?
はなわ:家族の仕事も終わったから佐賀に移住して、僕は仕事があれば単身赴任というカタチ。もう家族の仕事はするつもりもなかったんです。でも、逆に佐賀に住んでいるから面白いという事になって、当時始まった『有吉ゼミ』という番組がわざわざ佐賀に来て取材してくれることになりました。
うちの子供たちデカくてご飯をいっぱい食べるので、僕が家族の料理を業務用のフライヤーを使って作っているのを取材に来たんですが、そういうタイミングで長男が柔道で全国3位になって。しかも、東京の強豪校からスカウトが来たのに佐賀の高校に行くと。地方の普通の県立高校の柔道部が、全国でどこまで戦えるか?ってドラマがあるからこそコーナーが育って行ったんです。
計算ではなく、偶然がいろいろ重なりましたが、自分も『佐賀県』の歌で仕事がもらえるようになったし、うちの家族は佐賀県に恩返しをしないといけないと常に言っています。

はなわ流の子育て。自立を促す「自学自習」とは

STAGE編集部:はなわ一家の教育はどんなもの?
はなわ:絶対的に大事なのは「自立」で、親の言う事なんか聞いているやつは駄目だと思っています。僕自身、受験勉強などから逃げていたからすごく後悔してますけど、一方であのとき学校に行かなかったから今があるわけですし。だから息子はずっと柔道をやっていますけど、全然辞めても良いと思ってるんです。あえて「柔道だけの人生ってなんだ?」みたいなことを言ったりもします。だけど長男はすごいと思いますよね。僕とはまた全然違う人生というか、あんなきつい練習に毎日行って、汗だくになっているんですから。


STAGE編集部:好きだからこそ、あえて放任している?
はなわ:そうですね。実際、僕のところに大学推薦の話も来ていますけど、嫁には伝えるけど子供には一切言ってません。そんなのもし言って、僕のせいで曲がったりしても困るから。高校進学のときも、長男から佐賀工業に行くと聞いたときは夫婦で「マジかよ、やばいじゃん。工業行っちゃうじゃん!」と(笑)。普通に他の強豪校からもスカウトが来てたし、うちらの時代は佐賀工業って、ちょっと不良がいっぱいのイメージだったんです。でも、これも結果的には大成功。先生が素晴らしい方でした。礼儀なんかは僕よりも先生の影響が大きいぐらい。


34 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

〈村上佳菜子〉ソチオリンピック後、浅田真央と「引退」について語った日

〈村上佳菜子〉ソチオリンピック後、浅田真央と「引退」について語った日

2010年「世界ジュニア選手権」に優勝して頭角を現すと、「ソチオリンピック」シーズンには序盤の不調を覆す大逆転劇を演じて代表切符を獲得。輝かしい成績を残して2017年にフィギュアスケート競技生活からの引退を表明しました。現在はプロとしてアイスショーに出演しながら、その笑顔をバラエティ番組で見る機会も日に日に増えている村上佳菜子さんの人生の軌跡とは?支えてくれた家族との絆、そして同じリンクで育った浅田真央さん、宇野昌磨選手とのエピソードも明かしてくれました。
日本とアーティストを元気にする私なりのやり方〈三木アリッサ〉

日本とアーティストを元気にする私なりのやり方〈三木アリッサ〉

2018年Forbes JAPAN「地球で輝く女性100人」に最年少で選出された三木アリッサさん。 イスラエル専門商社勤務時代に立ち上げた「イスラエル女子部」が大当たりし、三木さん自身もインフルエンサーとして、脚光を浴びました。その三木さんが、次にジョインしたのはプログラミング教育ベンチャーのLife is Tech !。アメリカ法人を立ち上げる準備の真っ最中にお話を伺いました。
インフルエンサーが必要なら、自分がなろう〈三木アリッサ〉

インフルエンサーが必要なら、自分がなろう〈三木アリッサ〉

2018年Forbes JAPAN「地球で輝く女性100人」に最年少で選出された三木アリッサさん。 イスラエル専門商社勤務時に「イスラエル女子部」を立ち上げ、自らをインフルエンサーに育てて注目されました。現在はプログラミング教育ベンチャーのライフイズテック株式会社にジョインし、アメリカ進出に向け準備中。キャリアを作るとはなにか?を三木アリッサさんにききました。
〈高木琢也|OCEAN TOKYO代表〉インタビュー/買って学ぶ

〈高木琢也|OCEAN TOKYO代表〉インタビュー/買って学ぶ

5年前、原宿の美容業界のお洒落エリート一辺倒路線に反旗を翻し、ライバルスタイリストとともにサロンOCEANTOKYOを立ち上げた高木琢也さん。現在6店舗を展開する経営者であり、長らくカリスマ不在だったの台風の眼のような存在だ。そんな高木さんの「お金観」とは。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部