2019年4月12日 更新

観光型MaaSで観光地の交通革命|JTB、トヨタら企業の挑戦

「MaaS」への取り組みが日本でも本格的になってきました。本業に絡ませたユニークなMaaSを開発し新規事業に力を入れる企業が増えているなか、最近JTBもより効率的な観光の実現のため「観光型MaaS」を普及することを発表しました。

gettyimages (35555)

2019.4.12

「MaaS」とは?人と環境に優しい新たな交通手段

昨年あたりから「Mobility-as-a-Service」の略、「MaaS(マース)」という言葉を目にするようになりました。
gettyimages (35535)

国土交通政策研究所によると、一概に「MaaS」といってもはっきりした定義はないが「2015年のITS世界会議で設立された「MaaS Alliance」では、『MaaSは、いろいろな種類の交通サービスを、需要に応じて利用できる一つの移動サービスに統合することである』とされている」そうです。
例えば、フィンランドでは「MaaS Global」という会社が政府や大学などの協力を得て「Whim」というアプリを開発しました。
Door to Doorで移動できるマイカーの便利さを公共交通、配車サービス、シェアリングシステムなどで実現させるため、移動が必要な時に交通運営会社に関係なく、最適な経路や時刻を組み合わせ手配し支払うという一連のサービスをアプリが提供してくれるのです。
マイカーは便利ではありますが、維持費、渋滞、交通事故、駐車場などの問題もあり、その点MaaSでは必要な時に最適な移動サービスが利用でき、時間的にも経済的にも無駄を省けるという利点があります。
MaaSは、環境への意識の高い北欧から始まったアイデアで、マイカーによる環境へのダメージを軽減するという目的もあります。また、移動にまつわる社会問題の解決にも役立つというポテンシャルもあり、世界中でその取り組みが益々進められております。

少子高齢化対応の日本型「MaaS」

gettyimages (35563)

日本ではまだ「Whim」のような、「MaaS Alliance」の言うところの「統合型」のサービスの展開は遅れているようです。しかし、地方自治体、交通会社、自動車会社など、移動に関わる企業では積極的に研究開発実験を行い、本格的にMaaS事業の取り組みに力を入れています。
2016年には公立はこだて未来大学が中心となるベンチャー企業、「株式会社未来シェア」が設立され、日本の少子高齢化による「公共交通が抱える課題の解決に向けて」、「効果的な配車手段の提供」、「移動手段利用格差の解消」、「環境保全、地域経済の活性化」を目的とした、日本流のMaaSの開発がすすめられています。
未来シェアでは、「SAVS(Smart Access Vehicle Service)」という、タクシーと路線バスの長所をそれぞれ活かし、AIを利用して需要に合った配車サービスを企業や地方自治体と提携し普及を目指す方針です。
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ゴールデンウィーク前に把握しておきたい3つの投資家目線

ゴールデンウィーク前に把握しておきたい3つの投資家目線

残すところ1週間でゴールデンウィークに突入しますね。長い人で10連休ということですが、その間の証券市場取引がほぼ停止することが投資家の間で話題になっています。巷では若干投資家を煽るようなレポートやコラムも見かけますが、ここでは事実にフォーカスしてGW前に把握しておくべき3つの目線をお伝えします。
バフェットの苦悩が映し出す米国株の割高感

バフェットの苦悩が映し出す米国株の割高感

伝説の投資家であるウォーレン・バフェットは現在、かつてないほどに投資に苦しんでいます。その内容というのは、バフェットがバークシャー・ハザウェイの株主に宛てている「株主への手紙」(手紙は1年に1度公表される)に示されています。
2月の元FRB議長グリーンスパン氏のコメントに注目

2月の元FRB議長グリーンスパン氏のコメントに注目

3月20日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で2019年の利上げ見通しが「ゼロ」となる見通しが示されました。市場の期待通りにFRBがハト派的な姿勢を示したにもかかわらず市場は落ち着きを見せていません。市場の不安定さの原因の一つが2月に報じられたグリーンスパン氏のコメントの中で見つけることができました。
今こそ投資家がすべき単純なこと

今こそ投資家がすべき単純なこと

3月4日〜8日の米国ダウ工業平均、S&P500、ナスダックの3指数が1週間で2%を超える下落となり昨年末から継続してきた楽観ムードが一転しました。久しぶりに投資家心理が冷え込んだかなぁと思いましたが、11日〜15日の1週間で前週の下げ幅を上回る上昇し悲観ムードは一転。ボーイング問題など悪材料をよそに年初来高値を更新し市場には再び楽観ムードに戻りました。このような楽観相場で改めて意識したい極上の名言をご紹介したいと思います。
世界経済の大きな流れを俯瞰する(後編)

世界経済の大きな流れを俯瞰する(後編)

さらに世界経済の先行きを不透明にしているのは、米国が金融引き締め路線の修正を明確にしたということです。2019年に入ってFRBは利上げの停止と保有資産縮小の計画見直しを表明し、利上げに関しては早ければ2019年のうちに終了するかもしれません。FRBは十分な緩和余地をつくるため、政策金利の3.5%までの引き上げを目指していましたが、足元では2.25~2.50%にとどまっています。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

K. ブリーン K. ブリーン