2019年3月18日 更新

仕事を効率化できる方法は3つだけ? デキる人はここを外さない

仕事を効率化できる方法は、突き詰めれば3つだけです。PCやノートなどビジネスツールを有効活用する方法を含め、様々な情報粒度で仕事を効率化する方法論を紹介したメディアは無数に存在します。しかし、以下3ポイントを外してしまうと、高い確率で仕事の効率化に失敗します。

gettyimages (32419)

2019.3.4

仕事を効率化する方法1:全体像を俯瞰する

gettyimages (32454)

仕事を効率化する方法で最も有効なのは、まず仕事の全体像を俯瞰してから、各タスクを処理するPriority(優先順位)をつけるクセをつけることです。「緊急性よりも重要性」を意識することがコツです。この方法では、自身の仕事・役回りの位置付けを、組織や業務全体の中で常に把握しておくことが大切になります。こうすれば、仕事の段取りが上手になって計画的に作業を進捗できますので、抜けや手戻り工数も発生しにくくなります。効率化の結果、手持ちの工数に余裕値も生まれ、緊急対応する余力も確保しやすくなります。
あなたの周りにいる、段取りよく仕事を進められる先輩や上長を眺めてみてください。彼らは仕事の全体像を常にイメージしているはずです。加えて、プロジェクトスキームや社内での自らの役回り・立ち位置もよく理解しているでしょう。このため、仮にチームの仕事の一部に何か問題が生じたとしても、効果的なリカバリー方法をすぐに思い付き、必要な手を素早く打つことができるのですね。ゆえに、仕事を効率化する方法を分かっている先輩や上長は、とても頼りになる存在と映ります。
他方、仕事の全体像が見えていない人というのは、仕事を効率化する方法を理解できていないはずです。各タスクを処理するPriority(優先順位)をつけることが不可能なため、その場その場で思い付きベースの仕事をするか、周りから言われて理解できた範囲の仕事をするかしかなくなります。「気が利かない人」「指示待ち族」になりますから、作業の抜けや手戻りも増えがちです。結果的に、期日までに仕事を終えられないケースが多発します。

仕事を効率化する方法2:細部にコダワリ過ぎない

gettyimages (32458)

仕事を効率化する方法で次に挙げたいのが、100点主義・完璧主義を捨てることです。完璧な仕上がりこそが必要とされる一部の仕事を除いては、80点主義に徹するようにするのですね。「細部にはこだわらず、ポイントは絶対にハズさないこと」がコツになります。期日より早めに仕事を仕上げやすくなり、相手からの微調整の要望に対応する工数(時間)を確保できます。結果的に、完成度の高い(相手の要望に適う)仕事ができることになるのです。
社内やクライアントからの評価が高い先輩や上長の仕事振りを見ると、仕事を効率化する方法として80点主義を採用しているものです。例えば、プレゼンで使うパワーポイントの資料なども、ある程度骨組みと目次を作ったところで相手のチェックをもらい、ポイントになるところ(Priorityが高い箇所)から徐々に作り込んでゆく方法を採っていることが多いものです。8割方できたところで、相手のフィードバックをもらってしまいます。
一方、「私は頑張っているのに評価されない!」と嘆く人は、仕事を効率化する方法を理解していない可能性が高いです。1つの作業を必要以上に丁寧に行っていることが多いですね。細部にコダワリ過ぎると、当初の想定を上回る工数(時間)を要することになりがちです。挙げ句の果てに期日までに仕事を終えられず、相手が求めるポイントすら押さえ切れていない、という悲惨な結果を招きます。そもそものお話、上長やクライアントが重視しない部分にこだわって心血を注いでいたとすれば、その人の評価が上がる訳もないのです。

仕事を効率化する方法3:目的や目標を意識して取り組む

gettyimages (32480)

仕事を効率化する方法として最も見落とされがちなのは、今自分が取り組んでいる仕事が「何のためにやるのか」「○○の目標に到達するために今この作業が絶対に必要」といった観点です。長くモチベーションを維持し、ダレないで積極的に仕事をこなすためには必須の観点だと言えます。上でも触れましたが、業務や組織の全体像を俯瞰できるようになると、仕事の目的・目標を意識しやすくなります。
19 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

忙しい時こそ休憩を!仕事ができる人は脳の働き方改革をしている

忙しい時こそ休憩を!仕事ができる人は脳の働き方改革をしている

常に向上心を持つビジネスパーソンは当然のように、効率的に仕事をこなしていることでしょう。しかし、もし無駄な時間を作ることなく常に全力投球している人であれば、さらに生産性を高めることが可能です。実はちょっとした休息時間を取ることで、脳の機能をフルに活用することができます
リフレクションとは?リーダー職にもたらす好影響や重要性を解説

リフレクションとは?リーダー職にもたらす好影響や重要性を解説

「リフレクション」という言葉をご存知ですか?ビジネス、特に人事の分野ではよく耳にするこの言葉。人材育成の面で重要な考え方ですが、スタッフはもちろんリーダーにも大切な課題です。 今回は、リーダー職としてさらにステージアップするために心がけたいリフレクションについて解説します。
部下と「良い関係」を築く3つのコツ

部下と「良い関係」を築く3つのコツ

部下との関係はうまくいっていますか?仕事にも少なからず影響する上司と部下の関係。良好に付き合っていくためにはちょっとした気遣いや配慮も必要です。 部下との関係を良好にしたい方へ、3つのコツをご紹介していきます。
PDCAサイクルからはイノベーションは生み出せないのか

PDCAサイクルからはイノベーションは生み出せないのか

中国のイノベーションが世界でも注目されていますが、ユニコーン企業(評価額10億ドル以上のテクノロジー企業)数も日本を上回っています。理由は多々ありますが、日本で広く普及しているPDCAサイクルがイノベーションを生みにくくしているとの意見もあります。それは本当なのでしょうか。
日本起業家1位は「宇宙の掃除屋」アストロスケールCEO岡田氏

日本起業家1位は「宇宙の掃除屋」アストロスケールCEO岡田氏

経済誌Forbes JAPAN2019年の日本起業家ランキング1位のAstroscale(アストロスケール)創業者の岡田光信氏は、宇宙ゴミを除去する宇宙の掃除屋ビジネスを立ち上げました。エリート官僚出身ですが、ものづくり企業を結集する過程は人情溢れる物語でした。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部