2018年10月9日 更新

3Dプリンターの可能性とは(住居問題や宇宙開発に貢献/銃製造法は公開すべきか)

話題の3Dプリント技術。その最大の特徴は、金型を必要としない造形技術であることです。そのため工程を大幅にカットし、製造コストを削減できるメリットがあります。3Dプリンター製フィギュアの精巧さに感心していたら、もはや家やロケットの製造にも取り入れられていました!

gettyimages (22907)

2018.10.9

3Dプリンターで建つ家が、世界の住居問題を解決

3Dプリンターの可能性を語るなら、まず「家を建てることができる」が筆頭にくるでしょう。早く安く建てることができる3Dプリンターの家は、米ICON社の場合はわずか1万ドル(約110万円)で建ってしまうのです。ICON社創設者のジェイソン・バラード氏によると、この家は経済的な支援を必要としている地域でも簡単に建てられるそうです。

New Story + ICON : 3D Printed Homes for the Developing World

ICON社によれば、60平方メートルのセメント製の家が3Dプリンターで出力可能で、時間にして約12~24時間ほどで建ってしまうそうです。
米オースティンには、3Dプリンターで建設された家がデモンストレーションされています。ポーチ、リビングルーム、コンパートメント、ベッドルーム、トイレがある立派な家です。
世界の住宅問題の解決をミッションとして掲げるICON社ですが、それを達成したのちの目標もあるそうです。それは
「地球外の惑星に、居住可能な家を3Dプリンターで建設する」
というもの。地球だけではなく、将来の宇宙時代の住居問題も見据えているのですね。
しかし地震大国日本に住む我々としては「世界では普及されても日本ではどうなの?」と思ってしまいます。手法は既に現場で取り込まれているそうですが、3Dプリンター製住宅が日本で広く普及されるにはリスクが高いようです。
出典:Gigazine

3Dプリンター製エンジンを搭載したロケットが、打ち上げに成功

gettyimages (22913)

ロケットエンジンも、今や3Dプリンターで製造できる時代です。Rocket Lab社が製造するロケットエンジン「ラザフォード・エンジン」は、主要コンポーネントに3Dプリンター製の部品を使っています。それにより納期は短縮され、低コストでのエンジン製造を実現しているのです。
ロケットエンジン製造は、従来であれば数カ月を要しました。しかし3Dプリンター技術を用いれば、24時間毎にエンジン部品をプリントすることが可能に。コスト的にも非常に競争力が高いのです。
彼らのライバルといえばイーロン・マスク氏のSpaceX社ですが、同社の「Falcon 9」の打上げ費用は約6,200万ドル(約70憶円)です。それに対しRocket Lab社は、約500万ドル(約5億6,500万円)。実に12分の1の低コストなのです。

28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

令和時代のライフハックとは?自分自身をアップデートして時代を乗り切る

令和時代のライフハックとは?自分自身をアップデートして時代を乗り切る

令和という新時代を迎え、働き方の変化を少しずつ肌で感じる昨今です。取り残されないためにも、私たちはもっと意識的に自身をアップデートしていかなくてはなりません。 小山龍介著『仕事のスピードを上げながら質を高める 最強のライフハック100』 より、今すぐにでもできそうなライフハックをご紹介します。
音楽の力で仕事を効率化する!その効果と実例とは

音楽の力で仕事を効率化する!その効果と実例とは

音楽を利用することで、仕事を効率化させようという取り組みがあります。これは音楽が心理的に作用することで、集中力が高まりミスが減るといった効果があるからです。実際にどのような音楽を流すと仕事を効率化できるのかをご紹介します。
問題を正しく速く解決できる人の4つのステップとは

問題を正しく速く解決できる人の4つのステップとは

変化の激しいスピード感あるビジネスの現場において、さまざまな問題を正しく適切に解決していくということは簡単ではありません。 寺下薫著『世界一速い問題解決』 より、どんな問題であってもスピーディーに実行できるメソッドをご紹介します。
時間管理のコツ〜時間の使い方を見直して生産性を高めよう

時間管理のコツ〜時間の使い方を見直して生産性を高めよう

仕事ができる人は時間の使い方も上手です。どんなに忙しくてもプライベートの時間を削ることなく、きちんとスケジュール管理して仕事を終わらせています。時間管理のコツをつかんで効率よく日々の業務をこなしましょう。
上司と部下の関係性でカギとなるのは「ほどよい距離感」

上司と部下の関係性でカギとなるのは「ほどよい距離感」

上司が部下との関係を良好なものにしたいと思うあまり、距離が近づきすぎるケースもあります。距離が近いことは、メリットになる場面もあれば、一方でさまざまな弊害を生み出すことも。今回は、上司と部下の関係で重要ないくつかのポイントをご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部