2018年4月8日 更新

近い将来、お金は「稼ぐ」ものではなくなる

今回紹介する本は『新しい時代のお金の教科書』(山口揚平著)。”教科書”といっても、堅苦しい内容ではありません。仮想通貨の登場をはじめ、お金を取り巻く環境が変わりつつある現在、その歴史と未来に迫り、これからの時代にふさわしい生き方を考える一冊です。

istockphoto (12801)

2018.4.8
もしも今、あなたが『お金持ちになる方法』のような本で必死にお金の稼ぎ方を勉強しているなら、本書を読みはじめたとたん、思わずのけぞってしまうかもしれません。
なぜなら著者は次のように断言しているからです。「今までのお金の稼ぎ方は、近い将来通用しなくなる」、それどころか「お金は稼ぐものではなくなる」と。

仮想通貨はやがて破たんする

thinkstock (12802)

お金はもともと価値を交換するための「手段」でした。それがいつのまにか「目的」となり、人びとはお金そのものを求めたり、お金でお金を増やしたりするようになっています。まるで人間を支配する王様のような存在。しかしその王位も、別の「あるモノ」の力によってやがて失墜するだろう、というのが著者の考えです。
というと、「仮想通貨のこと?」と思われるかもしれませんが、違います。著者いわく、「仮想通貨はあくまで、お金が電子上の世界に溶け込んだ世界に過ぎません」。短期的には盛り上がっても、円やドルにおける”国家”のような信頼基盤の欠如と、高度な流動性が生みだす投機的動機によって、早晩破たんは免れないだろうとも語っています。
実は「あるモノ」とは、仮想通貨よりも、もっと古くから私たちに馴染みのあるものです。なにかわかりますか?

新しいかたちの経済が生まれる

Two teddy bears, arm on sho...

Two teddy bears, arm on shoulder, back view on wood

答えは「信用」です。社会や経済の変化、技術の進歩などによって、人びとは人生を豊かに過ごすために、お金よりも信用を増やすことが必要になるというのが著者の予測です。

大量生産でモノが余っている先進国では、現在のようなお金を使ったやりとりは、衣(医)・食・住にかかわる生活必需品や生活インフラの領域だけになります。やがてそれらも、シェアリング・エコノミーの拡大やベーシックインカムの導入によって、限りなく低コスト化・無償化へと向かってゆきます。
一方で人びとの欲求も変わります。モノではなく、自尊・所属・承認欲求といった「社会的欲求」や、そのベースとなる人との「つながり」を求めるようになります。そして社会の構造は、お金のパワーを利用した「支配・依存」関係を軸とするタテ型から、信用を介した「つながり」が軸のヨコ型へと比重が移ってゆくのです。
そのとき、今のお金中心の経済とは別に、信用を基軸にした新しいかたちの経済が生れてくるというわけです。
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

<おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表・高橋晋平> 生まれながらの弱々しさが起業に役立った。

<おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表・高橋晋平> 生まれながらの弱々しさが起業に役立った。

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?
〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

2003年、地元への愛と自虐を込めた歌『佐賀県』でブレイク。近年は柔道に奮闘する3兄弟を育てる姿もお茶の間で人気の芸人はなわさん。さらに妻の誕生日に贈った歌『お義父さん』をライブで披露した映像は感動を呼び、公開からわずか20日間で100万回再生を突破。ベストファーザー賞も受賞しました。世間の注目を集め、惹きつける「はなわ家族」を育んだ独特な子育て術とは?
元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部