2018年4月8日 更新

近い将来、お金は「稼ぐ」ものではなくなる

今回紹介する本は『新しい時代のお金の教科書』(山口揚平著)。”教科書”といっても、堅苦しい内容ではありません。仮想通貨の登場をはじめ、お金を取り巻く環境が変わりつつある現在、その歴史と未来に迫り、これからの時代にふさわしい生き方を考える一冊です。

istockphoto (12801)

2018.4.8
もしも今、あなたが『お金持ちになる方法』のような本で必死にお金の稼ぎ方を勉強しているなら、本書を読みはじめたとたん、思わずのけぞってしまうかもしれません。
なぜなら著者は次のように断言しているからです。「今までのお金の稼ぎ方は、近い将来通用しなくなる」、それどころか「お金は稼ぐものではなくなる」と。

仮想通貨はやがて破たんする

thinkstock (12802)

お金はもともと価値を交換するための「手段」でした。それがいつのまにか「目的」となり、人びとはお金そのものを求めたり、お金でお金を増やしたりするようになっています。まるで人間を支配する王様のような存在。しかしその王位も、別の「あるモノ」の力によってやがて失墜するだろう、というのが著者の考えです。
というと、「仮想通貨のこと?」と思われるかもしれませんが、違います。著者いわく、「仮想通貨はあくまで、お金が電子上の世界に溶け込んだ世界に過ぎません」。短期的には盛り上がっても、円やドルにおける”国家”のような信頼基盤の欠如と、高度な流動性が生みだす投機的動機によって、早晩破たんは免れないだろうとも語っています。
実は「あるモノ」とは、仮想通貨よりも、もっと古くから私たちに馴染みのあるものです。なにかわかりますか?

新しいかたちの経済が生まれる

Two teddy bears, arm on sho...

Two teddy bears, arm on shoulder, back view on wood

答えは「信用」です。社会や経済の変化、技術の進歩などによって、人びとは人生を豊かに過ごすために、お金よりも信用を増やすことが必要になるというのが著者の予測です。

大量生産でモノが余っている先進国では、現在のようなお金を使ったやりとりは、衣(医)・食・住にかかわる生活必需品や生活インフラの領域だけになります。やがてそれらも、シェアリング・エコノミーの拡大やベーシックインカムの導入によって、限りなく低コスト化・無償化へと向かってゆきます。
一方で人びとの欲求も変わります。モノではなく、自尊・所属・承認欲求といった「社会的欲求」や、そのベースとなる人との「つながり」を求めるようになります。そして社会の構造は、お金のパワーを利用した「支配・依存」関係を軸とするタテ型から、信用を介した「つながり」が軸のヨコ型へと比重が移ってゆくのです。
そのとき、今のお金中心の経済とは別に、信用を基軸にした新しいかたちの経済が生れてくるというわけです。
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

幸せ度が高い人に共通する3つのお金の使い方とは

幸せ度が高い人に共通する3つのお金の使い方とは

お金の使い方次第で人生の幸せ度合いが決まります。誰しも実感するように、お金は幸せな人生を送るために必要不可欠な要素です。しかし、お金それ自体が人生に幸せをもたらしてくれる訳ではありません。お金は目的ではなく、幸せになるためのツールだからです。
お金持ちは「節約」でなく「倹約」している!資産を増やす鉄則とは

お金持ちは「節約」でなく「倹約」している!資産を増やす鉄則とは

お金持ちの多くが「倹約」を心掛けています。質素に生活するお金持ちが少なくないということは、広く知られるようになってきました。それでも、「節約」と「倹約」との違いはあまり知られていません。お金持ちが「倹約」によって資産を増やす心得を紹介します。
人生が変わるお金の秘密|幸せな人がしているお金の使い方

人生が変わるお金の秘密|幸せな人がしているお金の使い方

世の中には、いいお金とあまりよくないお金の二種類があるようです。自分が手にしたお金や出しているお金は、はたしてどちらであるといえるのでしょうか。 KenHonda著『一瞬で人生を変えるお金の秘密happy money』 より、過去を見つめ直してより良い未来に向かうHappy Moneyを作り出す考え方をご紹介します。
お金 |
富裕層の欲しいものは目に見えない?お金に糸目をつけない「3つのもの」とは

富裕層の欲しいものは目に見えない?お金に糸目をつけない「3つのもの」とは

富裕層が欲しいものと聞いて、何を思い浮かべるでしょうか。都心部の高級マンションやクルーザー、節税対策にもなる高級リゾートホテルの会員権でしょうか。ところが、実際の富裕層が欲しいものは、「目に見えないもの」が大半なのですね。一般層とは発想から異なっています。
お金持ちが寄付を積極的に行う理由|日本とアメリカで価値観が違う?

お金持ちが寄付を積極的に行う理由|日本とアメリカで価値観が違う?

お金持ちほど寄付行為に熱心なのは、昨今広く知られるようになってきました。とりわけ、アメリカ(米国)などキリスト教文化圏では、成功したお金持ちがDonation(寄付・献金)を行うことは当然と看做されてもいますね。お金持ちがなぜ寄付行為を積極的に行うのかを考えます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部