2019年3月25日 更新

東大生が実践する主体的な読書とは?インプットに差がつく読書法

読書をしていても、「理解できない」「すぐに忘れてしまう」という経験はありませんか。どうしたら、読書習慣を身につけられるのでしょうか?そこで今回は、日本一番の学力を誇る東大生が実践している読書法をご紹介します。

3.客観的思考

「客観的思考」とは、意見の偏りを防ぎ、多面的なモノの見方ができることです。本というのは、あくまで著者一人の見解に過ぎません。質の高い知識を求めるのであれば、同時並行で複数の本を読むことです。マネジメントについて知りたかったら、それに関する本を2冊以上、同時並行で読んでいきます。すると、マネジメントに関する客観的思考が身につくのです。

東大生が本を読み終わった後にしていること

gettyimages (23909)

よっぽど興味のある本でない限り、本は読んだらそこでおしまいです。しかし、東大生は本を読み終わってから「仮説の答え合わせ」をします。仮説の答え合わせとは、本を読んでいる時に浮かんだ疑問の答えが、正しかったかどうかを調べることです。
具体的には、モチベーションアップの本を読んでいる場合、自分の中で「どうやらモチベーションには、動機づけが必要らしい」と自分の中で仮説が浮かびます。最後まで本を読んだら、その答えが正しいかどうかが判断できるので、そこで答え合わせをします。答え合わせをすることで、本から得られる効果が倍増し、地頭力と読み込む力を身につけることができるのです。
本を読んでも仕事に活かせなかったり、本の内容を忘れたりするのは、本を読んだ後のアウトプットがないからです。漢字練習は読むだけでは身につきません。書くことで身についていきます。それと同じで、読むという受け身だけでなく、書くというアウトプットを行うことで、内容が記憶に残るのです。読んだあとの「答え合わせ」も、まさにアウトプットです。

茂木悠

ビジネス書・自己啓発本を読むこと9年、延べ900冊ほど。 ブログ歴9年 ビジネス書  ビジネス法則 仮想通貨 自己啓発書などの記事を書くことが得意です。
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「我」を磨けば個性に変わる

「我」を磨けば個性に変わる

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。
自己確立 多数の成功体験から自分のかたちをつくっていく

自己確立 多数の成功体験から自分のかたちをつくっていく

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。
声で印象は決まる!ビジネスで大切な「人を動かすいい声」の磨き方

声で印象は決まる!ビジネスで大切な「人を動かすいい声」の磨き方

自分の考えをもっとスムーズに伝えられたら、ビジネスはもっとスムーズに流れていくのかもしれません。実は、人に与える印象は、内容だけではなくどんな声で話すかということにカギがあるようです。 近藤名奈著『一流の人は、なぜ話し方よりも「声」を大切にするのか』 より、正しい姿勢で印象のいい声を出すコツをご紹介します。
自分から売り込まない 人生100年時代に小さく始める大人の週末起業

自分から売り込まない 人生100年時代に小さく始める大人の週末起業

人生100年時代、定年後に少しでも自分で稼ぐ力をつけておきたいと考え始めている人は多いのかもしれません。とはいえ、何をどう始めたらいいのかがわからないという一面もあることでしょう。 藤井孝一著『大人の週末起業』より、大人が始めるにあたって知っておきたい週末起業の考え方をご紹介します。
ビジネスリーダーが知るべきモノを売るより重要な「ブランディング戦略」

ビジネスリーダーが知るべきモノを売るより重要な「ブランディング戦略」

ブランディングという言葉は、既に耳慣れた印象です。しかし、クリエイティブやアートに関わる分野ではない限り、自分と関係がないような気がしてしまうのも実情です。 小山田育・渡邉デルーカ瞳著『ニューヨークのアートディレクターがいま、日本のビジネスリーダーに伝えたいこと』 より、ビジネスにおけるブランデイングの重要性についてご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部