2018年10月25日 更新

2019年の米国経済はパウエルFRB議長の顔次第?

まだまだ2018年を振り返るには少し早い気もしますが、徐々に2019年を見据えて残り2カ月を過ごしたいところです。株式市場における2018年の主なテーマは米中貿易戦争、米国中間選挙といつも通り米国の話題が中心でした。その経済運営の中心人物はトランプ大統領とパウエルFRB議長です。今回は、パウエル議長について考えてみたいと思います。

gettyimages (23979)

2018.10.24

議長内定時の下馬評は「ハト派」

gettyimages (23982)

2017年11月初旬、イエレンFRB議長の後任としてジェローム・パウエル氏が第16代FRB議長に2018年2月5日に就任することが発表されました。パウエル氏を選んだトランプ大統領は、「健全な金融政策運営において合意を形成できる人物で、知恵や指導力がある」と高評価し市場に対してこの内定を伝えました。
この時点、2017年末における市場からのパウエル氏の評価はすこぶる高く、
・ハト派もしくは中道穏健派
・イエレン議長の政策を継続
・極めて緩やかな利上げで運営
・バランスシート縮小も極めてゆっくりと進める
とされ、株式市場にはプラスの人選だとし歓迎ムードがまたたくまに浸透しました。さらに、米国の法人税の大幅減税と同時期であったことと相まって株式市場は好感。急騰の浮かれモードに突入しました。しかし、このような時にこそ正しい情報を把握すべきなのですが、この時の市場はといえば、パウエル氏のほんとうの本性をきちんと判断しようとはしませんでした。
実はこの時にはあまり取り上げられなかった報道がありました。
・トランプ氏とパウエル氏とが最終判断の面接をする際に中銀の独立性の観点から金利の方向性などについては一切話しをしていない
・あくまでトランプ大統領はパウエル氏の過去の経歴やFRBでの経験と自身との相性などで決めた
というものです。まさかこの程度の簡単な面談で世界で一番金融市場に影響を持つ議長が決まるとは。だれもが信じがたく、受け入れがたい報道でした。そのためでしょうか、市場関係者は自分たちのストーリーを信じたいために(つまりパウエル氏はハト派で株式市場にプラスの人材)、この報道を不要な情報として排除するという完全なるバイアスの掛かった判断をしてしまいました。
そして株式市場の熱狂とともに数ヶ月が過ぎます。

2018年2月の就任後に本領発揮

gettyimages (23981)

就任の3日前、2018年2月2日に米国株式市場は急変。ダウ工業株30種平均は約666ドル安となり、2016年6月以来最大の下げを演じました。株式市場の歴史においては新議長が就任して数ヶ月以内にお手並み拝見と言わんばかりの試練が訪れることは恒例ではありますが、今回は少しフライング気味に訪れました。
32 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

日EUのEPAで“高級天然塩”の輸出入が活発化?食文化の交流に期待

日EUのEPAで“高級天然塩”の輸出入が活発化?食文化の交流に期待

今年2月、日本とEUの間のEPA協定が発効しました。ワインが安くなりましたが「天然塩」の関税も撤廃されました。岩塩、海水塩など欧州産高級天然塩の輸入が増えそうですが、海外で日本食が定着しているので、日本産の天然塩にも輸出拡大のチャンスです。
経済 |
米国ハイテク株の動向に注目

米国ハイテク株の動向に注目

サマーバケーションに入り世界の株価と為替相場が乱高下を繰り返しています。乱高下を繰り返しながら徐々に株安、ドル安に水準を切り下げる中、未だ強気派と弱気派の数は拮抗しているようにみえます。私達はどのように考えるべきなのでしょうか。
日本伝統の井戸掘り技術「上総掘り」がアフリカの水問題を救う

日本伝統の井戸掘り技術「上総掘り」がアフリカの水問題を救う

国連も問題視する途上国の「水」問題の解決は「井戸」の建設に託されています。日本の伝統の井戸掘り技術「上総掘り」は、機械を使わないので途上国向き。アジアで、アフリカで、上総掘りで掘った井戸が現地の人たちの生活や社会を変えようとしています。
経済 |
世界のファッション業界が「アフリカ」に向かっている理由

世界のファッション業界が「アフリカ」に向かっている理由

世界のファッション界で「アフリカ」の存在感が増し、富裕層向けラグジュアリー・ファッションでもアフリカンテイストが浸透しています。アフリカ発の優れたデザインもさることながら、ファッションの巨大市場に成長する可能性も、その背景にあります。
経済 |
今回の消費増税はタイミングが悪すぎる

今回の消費増税はタイミングが悪すぎる

私は「消費増税の時期は、その時の世界経済の状況や国内の所得環境によって決めるべきだ」という考えを持っています。そういった意味では、増税の景気に与える悪影響がいつも過大に喧伝されていることはおかしいと思っております。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

渋谷 豊 渋谷 豊