2018年10月25日 更新

2019年の米国経済はパウエルFRB議長の顔次第?

まだまだ2018年を振り返るには少し早い気もしますが、徐々に2019年を見据えて残り2カ月を過ごしたいところです。株式市場における2018年の主なテーマは米中貿易戦争、米国中間選挙といつも通り米国の話題が中心でした。その経済運営の中心人物はトランプ大統領とパウエルFRB議長です。今回は、パウエル議長について考えてみたいと思います。

gettyimages (23979)

2018.10.24

議長内定時の下馬評は「ハト派」

gettyimages (23982)

2017年11月初旬、イエレンFRB議長の後任としてジェローム・パウエル氏が第16代FRB議長に2018年2月5日に就任することが発表されました。パウエル氏を選んだトランプ大統領は、「健全な金融政策運営において合意を形成できる人物で、知恵や指導力がある」と高評価し市場に対してこの内定を伝えました。
この時点、2017年末における市場からのパウエル氏の評価はすこぶる高く、
・ハト派もしくは中道穏健派
・イエレン議長の政策を継続
・極めて緩やかな利上げで運営
・バランスシート縮小も極めてゆっくりと進める
とされ、株式市場にはプラスの人選だとし歓迎ムードがまたたくまに浸透しました。さらに、米国の法人税の大幅減税と同時期であったことと相まって株式市場は好感。急騰の浮かれモードに突入しました。しかし、このような時にこそ正しい情報を把握すべきなのですが、この時の市場はといえば、パウエル氏のほんとうの本性をきちんと判断しようとはしませんでした。
実はこの時にはあまり取り上げられなかった報道がありました。
・トランプ氏とパウエル氏とが最終判断の面接をする際に中銀の独立性の観点から金利の方向性などについては一切話しをしていない
・あくまでトランプ大統領はパウエル氏の過去の経歴やFRBでの経験と自身との相性などで決めた
というものです。まさかこの程度の簡単な面談で世界で一番金融市場に影響を持つ議長が決まるとは。だれもが信じがたく、受け入れがたい報道でした。そのためでしょうか、市場関係者は自分たちのストーリーを信じたいために(つまりパウエル氏はハト派で株式市場にプラスの人材)、この報道を不要な情報として排除するという完全なるバイアスの掛かった判断をしてしまいました。
そして株式市場の熱狂とともに数ヶ月が過ぎます。

2018年2月の就任後に本領発揮

gettyimages (23981)

就任の3日前、2018年2月2日に米国株式市場は急変。ダウ工業株30種平均は約666ドル安となり、2016年6月以来最大の下げを演じました。株式市場の歴史においては新議長が就任して数ヶ月以内にお手並み拝見と言わんばかりの試練が訪れることは恒例ではありますが、今回は少しフライング気味に訪れました。
32 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

決算発表で投資成果を上げる方法

決算発表で投資成果を上げる方法

今は決算発表の真っ只中です。日経新聞の記事によると、上場企業の2020年3月期の純利益は28兆4,500億円程度と前期比で1.4%減となり、19年3月期に続いて2期連続での最終減益の見通しだそうです。さて、このように難しい局面で投資の精度が上がる、決算分析のコツをお伝えします。
地方銀行の相次ぐ合併|変わっていく銀行の役割とは

地方銀行の相次ぐ合併|変わっていく銀行の役割とは

ここ数年、合併のニュースが相次ぐ地方銀行。銀行合併というニュースを聞くと、「自分の貯金は大丈夫なのか」、「地域経済に影響はないのか」と心配になる方も多いでしょう。地方銀行はなぜ合併をするのでしょうか。そして、利用者である私達にはどのような備えが必要なのでしょうか。
お金 |
株式投資において積極的にリスクを取ってもいい時期とは

株式投資において積極的にリスクを取ってもいい時期とは

資産運用で最も重要なのは、リスク管理(リスクのコントロール)です。 たとえば、資産を株式で運用する場合、いつも積極的にリスクを取っていては、期待できる結果を得ることは難しいでしょう。積極的にリスクを取っていいのは、次の3つのケースにおいてのみだからです。
経済情報のファスティング・ダイエット

経済情報のファスティング・ダイエット

GWが始まる前に資産運用で成功している富裕層の方にGW活用術を聞いてみたところ、「日々の経済動向を追わない」、「数年先に思いをめぐらせる」「歴史を振り返る」といったコメントが多くありました。それを信じて最新の経済情報に極力触れない情報ファスティング・ダイエットを試した結果、ある面白い気づきがありました。
仕事や日常生活に使える行動経済学|アンカリング効果

仕事や日常生活に使える行動経済学|アンカリング効果

行動経済学には「アンカリング効果」という法則があります。人間の心理行動を利用した効果的な法則で、マーケティングや営業などのビジネスの現場ではよく利用されているものです。今回は、日常生活や自分自身にも応用できる「アンカリング効果」を取り上げます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

渋谷 豊 渋谷 豊