2019年1月26日 更新

整理整頓で手に入れる!思考をジャマされない快適な暮らし

職場、自宅、デスクトップの中、気がつくと雑然としていませんか?探しものをする時間は、思考のジャマをしてモチベーションを下げます。整理整頓された快適な暮らしを手に入れるためのコツを、3つお伝えします。

gettyimages (29506)

2019.1.26

快適な空間は、見た目にこだわらなければ手に入れる

gettyimages (29504)

お片付け本には、「まずは不要なものを捨てましょう!」というアドバイスが載っています。でも、世の中は断捨離好きな人ばかりではありません。先に必要なものをピックアップして、捨てるのは後回しでもいいのです。
快適な空間は、見た目にこだわらない整理整頓で手に入ります。読まないのに、見栄えがいい本ばかり本棚に並べ、頻繁に読むマンガと雑誌は平積みにしていませんか?よく読む本が取り出しにくいと、元に戻すのが面倒になり、リビングやベッドに出しっぱなしになります。
生活感があるものは、よく使うということ。手の届く場所に出しておくのが正解です。生活感のないものを飾りたければ、手の届きにくい場所に飾り、使わないモノは段ボール箱にでもまとめておきましょう。
家具の配置は、インテリアより動線にこだわってください。自分が動くルートをジャマする家具は、配置が間違っています。例えば、ソファでドアが全開しない、何かをどかさないと引き出しが開けられない、体を斜めにしないと通ることができない通路などです。
よく使うものに手が届き、生活動線が復活すると、出したモノを戻す作業が楽になります。あとは、再び動線をふさがないよう、床にモノを置かないことです。そのためには、「とりあえずモノを入れておくカゴ」を設置すると便利です。

書類を時系列でまとめると、思考をジャマされない

gettyimages (29485)

書類は、今必要なものを封筒に入れて棚の左側に、使わなくなったら隣の封筒へ、もっと使わないものは、また隣の封筒へと、右に移動させます。一番左側の封筒の中身は、常に最新の「よく使うもの」になりますね。
大ざっぱと感じるかもしれませんが、不思議なくらいに「アレがない!」というシチュエーションが減るはずです。これは、経済学者の野口悠紀雄氏による「押し出しファイリング」という時系列でまとめる整理法です。
参考文献
「超」整理法―情報検索と発想の新システム (中公新書)
野口悠紀雄著
パソコンのデータは、とりあえず西暦別の大フォルダに入れてしまいましょう。とりあえず時間ができたらと、デスクトップに並べるから混乱するのです。パソコンには検索という素晴らしい機能があります。時期とタイトル(社名、案件名、健忘録など)さえわかれば、該当する西暦を検索すれば必ず見つかります。
26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

成功者に共通する意外な生活習慣3つ 

成功者に共通する意外な生活習慣3つ 

成功を目指す人は、成功者の生活習慣を参考にしてみるとよいでしょう。意外な生活習慣もありますが、そのいずれにしてもその理由を知れば納得するものばかりだと思います。そこで、ぜひ今日からでも取り組んでいただきたい生活習慣を3つご紹介します。
あのマイセンが動物園?300年の職人技と情熱を味わおう!

あのマイセンが動物園?300年の職人技と情熱を味わおう!

私の仕事場には、白茶ネコが一匹。福利厚生部長として、ワークライフバランスを重視した自由な毎日を送っています。
富裕層と一般人の暮らし決定的な違いとは|衣食住別に紹介 

富裕層と一般人の暮らし決定的な違いとは|衣食住別に紹介 

富裕層の暮らしと一般人の暮らしには、多くの相違点があります。これは行動の理由に違いがあるためですが、今回は衣食住でどんな違いがあるのかをみていきます。
伝えたと伝わること

伝えたと伝わること

僕はクラシック音楽が好きで、50年近く前の中学生の時から、LPやCDのコレクターです。また機会があればコンサートにもよく行きます。 外国から来日する有名音楽家やオーケストラは、チケットが高額なので、日本の音楽家中心に行きます。
富裕層は休日でもダラダラしない?サザエさん症候群と無縁の過ごし方

富裕層は休日でもダラダラしない?サザエさん症候群と無縁の過ごし方

富裕層の休日の過ごし方には、いくつか共通のスタイルが見られます。休日の終わりは、いわゆる「サザエさん症候群」に悩まされる一般ビジネスパーソンも少なくないですが、富裕層には無縁です。富裕層に近付きたければ、彼らの休日の過ごし方を真似るのも一手ですね。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

白戸 春 白戸 春