2018年9月17日 更新

「美術研修」を導入する企業が増えている?! 30代からの感性解凍エクササイズ

初めまして。かってんともこと申します。 美術展用映像・コンテンツ企画製作という、 “美術展のクロコ業”十余年。 広告から日本語教師、面接官等々、流浪の末にたどり着いたこの仕事には、離れられない魅力あり・・美術展にまつわる“クロコなお話”、お届けいたします。

gettyimages (21196)

2018.9.17
「美しい」を感じる細胞、フリーズしていませんか?仕事も人生もじんわりあたためる「ひとり研修」のお誘いです。

ビジネスマンが美術研修?

“この絵、何が描いてあるか教えていただけませんか?”
2年ほど前、仕事先の美術館学芸員さんからこんなお話を伺いました。
近年、一般企業管理職の研修を受入れている―――え、美術館で研修って、何をしていらっしゃるのですか?
研修で最初に行うのは「作品を見て」、「何が描かれているかを伝える」。または「一番好きなものを選ぶ」。そして「他の参加者に理由を伝える」。講義や創作も行いますが、まずはこれ。
まずは予備知識なしで「見る」「伝える」
これは“Visual Thinking Strategy(VTS)”という鑑賞教育法だそうです。
しかし、なんだか子供向け夏休み企画のような、やさし気なカリキュラム・・・企業研修で大人相手に、それでいいんですか?
「それがなかなか難しくて、皆さんもじもじするんですよ」

見に覚え、あり

gettyimages (21197)

もじもじ・・・身に覚え、あります。
社会人生活10年と少し、今の仕事(美術展用コンテンツの企画製作)を始めた当時、仕事先で、答えるのがとても苦手な質問がありました。それは、学芸員さんからの「どの作品が好きですか?」。
もちろん正解はなく、思うまま答えればよい場面。
美術的評価の低い方を選んでしまうんじゃないか・・同僚の出方を待ちたい・・正解は何?・・研修参加者の心の声が想像できます。
時にみなさんは、何かに対して、好きか?美しいか?を自分に問うた事・伝えた事、この一年でどのくらいありましたか?
私がこの時初めて気づいたのは、“自分の感性しか根拠のない事柄を伝える”のを怖がる自分。この機会、大人の日常で驚くほど少ない。そうしている間に、美しいと感じる細胞さえフリーズしてないか?ほうっておいたら永久凍土じゃない?・・これ、まずくない?
29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

会議の生産性を高めるためにすべき時間管理術とは

会議の生産性を高めるためにすべき時間管理術とは

近年は残業や労働時間削減の取り組みが活発化しており、会議時間の管理は今まで以上に重要になっています。そこでこの記事では、会議の生産性を高めるためにすべき時間管理術について、簡単に取り入れられる事例を中心に解説したいと思います。
仕組み化のポイントは?仕事効率化のための仕組み作り

仕組み化のポイントは?仕事効率化のための仕組み作り

仕事の無駄を省きたいと思っても、どうやって省けばいいか分からないことも多いのではないでしょうか。無駄を省いて仕事を効率化するのにおすすめなのが「仕組み化」です。この記事では仕組み化のポイントやメリットなどについて解説します。
良い会議は「30分、少人数、資料は1枚」段取りとネクストステップが重要

良い会議は「30分、少人数、資料は1枚」段取りとネクストステップが重要

『最高品質の会議術』を著した前田鎌利氏は会議の生産性をアップさせるためには、「30分以内に終える」「参加者は少人数に絞る」「主要資料は1枚だけ」「段取りに手間と時間をかける」「報告にネクストステップを加える」という5つのポイントがあるといいます。
手帳でのタスク管理の方法とは?無理なく仕事の効果を上げるコツ

手帳でのタスク管理の方法とは?無理なく仕事の効果を上げるコツ

手帳を使ってのタスク管理はアナログな方法ですが、実は最も効果的だったりします。デジタルツールを活用したタスク管理に手を出しても、私も含め結局は手帳でのタスク管理に戻ってくることも珍しくありませんね。手帳での効果的なタスク管理の方法やコツを紹介します。
Evernoteを仕事で活用する方法|効率が上がる使いこなしのコツ

Evernoteを仕事で活用する方法|効率が上がる使いこなしのコツ

2010年頃には非常に話題となったデジタルノートEvernoteですが、価格改定があったり、Google keepなどの競合製品が話題になるなどして、いまでは下火になっているようにも思えます。今回は、Evernoteの使いこなしについてご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部