2018年10月6日 更新

富裕層の好みは「シンプル」?~セレブ婚ができる女性になる方法~

あなたもセレブ妻への仲間入りができるかもしれない?!「富裕層男性」に見初められるかもしれない、魅力的な容姿とはどんな容姿でしょうか。作り方も含めて伝授していきたいと思います。

2018.10.6
ごく一般的な家庭で育った女性が、ある日突然金持ちセレブ妻としての地位を手に入れた…そんなシンデレラストーリーは、この世の中に多く存在しているものです。
日々婚活に励んでいると、どうしても気になってしまうのは「相手男性の年収」でしょう。中でも、小さいころからの育ちが良く、人としてのスペックが高い「富裕層男性」には、世間一般的なお金持ちとは一味違った魅力があるもの。
あなたはそんな「富裕層に気に入られる女性」と聞くと、どんな女性をイメージするでしょうか?スラっとモデル体型の美人さんでしょうか?女優さんのような独特のオーラのある女性でしょうか?ハイブランドに身を固めた気品漂う女性…?
違います。
「富裕層男性」を手に入れることのできた女性には、富裕層を虜にする、ある方程式が存在しています。
そこで今回は、「富裕層男性」を手に入れることが出来るかもしれない、魅力的な容姿の作り方を伝授していきたいと思います。
気に入られるきっかけは、意外と簡単な心がけで掴めるもの。是非今日から実践してみてくださいね。

徹底した「ナチュラル志向」を好む富裕層男性たち

富裕層と呼ばれる男性は「女性は男性の一歩後ろを歩くべき」という、昔ながらの価値観を持っている人が多いように感じます。
日頃日本の最先端で活躍している人達だからこそ、彼らが妻や彼女に望むのは「安らぎ」であり「安定」なのです。よって富裕層の彼らが、一貫して持ち合わせているのは「自己主張のすくない控えめな女性が好み」であることでしょう。
富裕層に気に入られるうえで大切なのは「ナチュラル美人」である言う事です。
もちろん、富裕層が結婚する相手の顔の偏差値が、世の中の平均値よりも高いというのは当たり前の統計結果です。しかしながら、それ以上に大切なのは「ケバさのない純粋な女性」であることなのです。
まぶたの上に目いっぱいラメを乗せたり、発色の良いリップやプルプルに潤わせた唇では、真の富裕層に気に入られることは難しいでしょう。
また、まつエクやカラコンも自然体ではないという意味であまり効果的ではないようです。
一度、細いアイライン1本に薄くマスカラをつけたのみの「ナチュラルメイク」をして、婚活に挑んでみてください。
素敵なご縁が切り開けるかもしれません。

富裕層男性は指先美人を探している

31 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

夏の過ごし方でわかる富裕層の3つの習慣

夏の過ごし方でわかる富裕層の3つの習慣

もう数日もすると彼岸を迎えますね。彼岸を過ぎると急に秋らしくなりますが、その前に今年の夏の過ごし方を振り返りつつ良い習慣を身につけてみてはいかがでしょうか。今後の過ごし方のヒントになるかもしれません。
お金持ちは言葉を選んでいる!金運を逃す口グセには要注意?

お金持ちは言葉を選んでいる!金運を逃す口グセには要注意?

お金持ちの成功者ほど言葉を大切にする、としばしば耳にします。「言霊(ことだま)」とも言われ、言葉には想像以上のパワーがあると言われます。そうであれば、お金持ちを目指す人が使ってはいけない言葉もありそうです。今日は、お金持ちが避けている言葉を調べてみました。
なぜ富裕層はゴルフをするのか|情報収集でき人柄も見定められる?

なぜ富裕層はゴルフをするのか|情報収集でき人柄も見定められる?

ゴルフと言えば富裕層の趣味、と巷間では思われているフシがあります。確かに、紳士のスポーツとも言われ、比較的お金もかかりますし、汗だくになってプレーするものでもありませんね。それでも、富裕層にとってのゴルフとは、実益に適ったスポーツなのです。
アメリカの超富裕層が富裕税を希望するわけ

アメリカの超富裕層が富裕税を希望するわけ

日本では10月から消費税が10%と増税が予定され、税金についての話題も多い中、アメリカでは19人の超富裕層たちが富裕層に特別課す「富裕税」の導入を2020年の大統領選候補者に嘆願しました。あえて自分たちへの更なる課税を希望する一部超富裕層達の考えとは。
富裕層はなぜ会員制リゾートホテルを好む?別荘持ちでも利用する理由

富裕層はなぜ会員制リゾートホテルを好む?別荘持ちでも利用する理由

富裕層向けの会員制リゾートホテルについて、耳にされたことがある方も多いでしょう。実際、別荘所有者が少なくないにも関わらず、富裕層は会員制リゾートホテルも好んで利用していますね。リゾートトラスト社の会員権などは、取引市場も実質的に確立しているようです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

かなろっぴ かなろっぴ