2018年10月6日 更新

富裕層の好みは「シンプル」?~セレブ婚ができる女性になる方法~

あなたもセレブ妻への仲間入りができるかもしれない?!「富裕層男性」に見初められるかもしれない、魅力的な容姿とはどんな容姿でしょうか。作り方も含めて伝授していきたいと思います。

2018.10.6
ごく一般的な家庭で育った女性が、ある日突然金持ちセレブ妻としての地位を手に入れた…そんなシンデレラストーリーは、この世の中に多く存在しているものです。
日々婚活に励んでいると、どうしても気になってしまうのは「相手男性の年収」でしょう。中でも、小さいころからの育ちが良く、人としてのスペックが高い「富裕層男性」には、世間一般的なお金持ちとは一味違った魅力があるもの。
あなたはそんな「富裕層に気に入られる女性」と聞くと、どんな女性をイメージするでしょうか?スラっとモデル体型の美人さんでしょうか?女優さんのような独特のオーラのある女性でしょうか?ハイブランドに身を固めた気品漂う女性…?
違います。
「富裕層男性」を手に入れることのできた女性には、富裕層を虜にする、ある方程式が存在しています。
そこで今回は、「富裕層男性」を手に入れることが出来るかもしれない、魅力的な容姿の作り方を伝授していきたいと思います。
気に入られるきっかけは、意外と簡単な心がけで掴めるもの。是非今日から実践してみてくださいね。

徹底した「ナチュラル志向」を好む富裕層男性たち

富裕層と呼ばれる男性は「女性は男性の一歩後ろを歩くべき」という、昔ながらの価値観を持っている人が多いように感じます。
日頃日本の最先端で活躍している人達だからこそ、彼らが妻や彼女に望むのは「安らぎ」であり「安定」なのです。よって富裕層の彼らが、一貫して持ち合わせているのは「自己主張のすくない控えめな女性が好み」であることでしょう。
富裕層に気に入られるうえで大切なのは「ナチュラル美人」である言う事です。
もちろん、富裕層が結婚する相手の顔の偏差値が、世の中の平均値よりも高いというのは当たり前の統計結果です。しかしながら、それ以上に大切なのは「ケバさのない純粋な女性」であることなのです。
まぶたの上に目いっぱいラメを乗せたり、発色の良いリップやプルプルに潤わせた唇では、真の富裕層に気に入られることは難しいでしょう。
また、まつエクやカラコンも自然体ではないという意味であまり効果的ではないようです。
一度、細いアイライン1本に薄くマスカラをつけたのみの「ナチュラルメイク」をして、婚活に挑んでみてください。
素敵なご縁が切り開けるかもしれません。

富裕層男性は指先美人を探している

31 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

幸せじゃないお金持ちも?それでもお金がなくて幸せはあり得ない理由

幸せじゃないお金持ちも?それでもお金がなくて幸せはあり得ない理由

お金持ちは皆が皆、幸せな人ばかりでしょうか。幸せじゃないお金持ちは存在しないのでしょうか。このような素朴な疑問を持つ方も少なくないはずです。お金持ちは、基本お金持ち同士で付き合いますから、外には余計にその実態(精神面も含む)は見え難いのですね。
どうやって5,000万円貯金する?準富裕層になる方法

どうやって5,000万円貯金する?準富裕層になる方法

富裕層を目指すならば、まずは準富裕層入りを果たさなければ始まりませんね。野村総合研究所(NRI)による定義では、準富裕層とは預貯金含む金融資産が5,000万円以上1億円未満の世帯のことです。今のご時世、5,000万円をどうやって貯金すればよいのでしょうか。
インドの大富豪から教わった「運がいい人」になる習慣のコツ

インドの大富豪から教わった「運がいい人」になる習慣のコツ

成功するためのコツや方法について、誰しも知りたいものです。サチン・チョードリー著『「運がいい人」になるための小さな習慣』 より、ちょっとだけ習慣を変えることで運がいい人になるための思考の方法をご紹介します。
【3つの知恵】賢いお金の使い方を知りたければ富裕層を見習う?

【3つの知恵】賢いお金の使い方を知りたければ富裕層を見習う?

富裕層のお金の使い方にこそ、誰もが参考にできる知恵が詰まっています。所得や資産が桁違いの富裕層のお金の使い方など、一般層にはとても参考にならないと思われがちですね。ところが、そのようなことは全くなく、日々のくらしに活かせることも少なくないのです。
お金持ちになるために「捨てる」べきこと3つ

お金持ちになるために「捨てる」べきこと3つ

お金持ちになるためには、すべてに労力を割くのではなく、資産を増やすための労力にすべてを注がなければなりません。そのためには、すでに習慣にしていることもやめる決断も必要です。そこでお金持ちになるために捨てるべきものを3つご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

かなろっぴ かなろっぴ