2019年4月17日 更新

「いつかは住みたい」ストックホルムの生活費

スウェーデンは、ノルウェーとフィンランドの中間に位置する北欧の国です。スタイリッシュな雑貨や衣類などでも知られており、「IKEA」や「H&M」などもスウェーデン発祥のブランドです。

gettyimages (36276)

2019.4.17
首都・ストックホルムは北欧を代表する都市で、世界中から多くの金融機関が集まっています。14の島からできており、都市が水辺に浮かんでいるような景観を持っていることも特徴で、「水の都」「北欧のヴェネツィア」などとも称されています。
そこで、将来的にストックホルムへ移住したいという方のために、実際に生活する際に掛かる生活費などを紹介します。1カ月あたりどのくらいのお金が必要なのか? 日本の暮らしとの相違点は何なのか? 今後の人生設計の参考にしてみて下さい。
(※ 記事では、1SEK(クローナ)=12円として計算しています)

気になる物価 消費税は驚きの“25%”

gettyimages (36283)

まず、スウェーデンで暮らす際に認識すべきなのが消費税の高さです。その税率は“25%”で、現在10%への増税で議論が起きている日本と比べても、倍以上の差があります。
一方で、軽減税率は“12%”と安く定められているため、スーパーで買う食材や日用品などは、日本と同じような価格帯で購入することができます。
市内の一般的なスーパーなどを例に取ると…牛乳 1ℓ・約10SEK(120円)、パン1kg・約12SEK(144円)、豚肉1kg・約80SEK(960円)、チーズ1kg・約80SEK(960円)、りんご1kg・約25SEK(300円)、ジャガイモ1kg・約12SEK(144円)が相場です。ただし、缶詰やレトルトのような加工食品は、軽減税率対象外となるので注意が必要です。
レストランなどでの外食での消費税は、全て25%となります。そのため、カジュアルなカフェでコーヒーを1杯飲んでも、約40SEK(480円)以上することも珍しくありません。また、気軽に入れるようなお店でランチをしても1食・約80SEK(約960円)、ディナーに至っては最低でもその倍近くの値段がすると考えて良いでしょう。
以上を考えると、なるべく軽減税率の恩恵に預かり、自炊を心がけることをオススメします。

充実した社会福祉

gettyimages (36287)

これだけ税金が高いスウェーデンですが、不思議と国民からの不満の声はあまり聞こえてきません。それは…これらのお金が「社会福祉」に十分充てられているからです。
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「いつかは住みたい」クロアチアでの生活費

「いつかは住みたい」クロアチアでの生活費

近年、日本でも人気急上昇の旅先となっているのがクロアチアです。アドリア海に面するバルカン半島に位置しており、その美しい自然と中世の街並みが調和した景観は、ヨーロッパ随一とも。特にドブロブニクは“アドリア海の真珠”とも称され、映画「紅の豚」のモデルになった街としても有名です。
「いつかは住みたい」セブ島での生活費

「いつかは住みたい」セブ島での生活費

白い砂浜に広がるエメラルドグリーンの海…セブ島は、世界中から観光客が集まる有数のリゾート地として知られています。マリンスポーツを楽しめるビーチやフォトジェニックなスポットが多いこともあって、近年はハネムーンの旅行先として日本でも人気を博しています。
「いつかは住みたい」ミラノでの生活費

「いつかは住みたい」ミラノでの生活費

ファッションの中心地、ミラノ。ミラノコレクションの開催地であり、中心街には一流ブランドの本店や旗艦店がずらり。洗練されたショーウィンドウを見ているだけでも気分がアガります。
カナダ ワーキングホリデー体験談 救急歯科で仕事してみた

カナダ ワーキングホリデー体験談 救急歯科で仕事してみた

ワーキングホリデーでイギリス、オーストラリアに並び大人気のカナダ。その理由は、「安全」「親日」「移民大国のため英語が苦手でも何とかなる」などが挙げられます。新たな体験を求め、カナダでのワーキングホリデーを選んだ理由や、一味違ったワーキングホリデー経験までご紹介します。
「いつかは住みたい」モスクワでの生活費

「いつかは住みたい」モスクワでの生活費

日本の約45倍の面積を誇る、世界で最も大きな国・ロシア。広さや気候などに関する知名度はもちろん、近年では盛り上がりを見せるフィギュアスケートの話題でも耳にすることが多いのではないでしょうか。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部