2018年4月15日 更新

「自分は思い込みで判断したりしない!」そんな人ほど要注意。アインシュテルング効果(構え効果)とは。

生産性を高めるために定石化した手法は、時に新しいアイデアの邪魔になってしまうこともあります。これは、心理学で言われる「アインシュテルング効果(構え効果)」が示した、思い込みによる弊害。アインシュテルング効果の悪影響を乗り越えるには、どうすればよいのでしょうか。

gettyimages (13316)

たとえば仮説を立ててデータを集め、検証を行う場合。仮説で想定していることを「結論」として導こうとすれば、確証バイアスが生じる可能性が高くなります。すなわち、「結論」と整合的なデータを重視し、「結論」と矛盾するデータを無視する可能性が高くなるのです。そのような時は、仮説に合致すると思われるデータよりも、仮説に反するデータや見解にこそ、じっくり向き合うよう意識しましょう。
また、自分が慣れ親しんだ分野に関わる問題に取り組む場合も要注意。無自覚のうちに自分の知っていることが全てだと思ってしまうかもしれないからです。たとえあなたが知っていることを総動員した上で「おかしい」と思われることでも、
• 自分が知っているのは事象や事象の分析の一部かもしれない
• 新しい視点が提示されているのかもしれない
• 新しい事象が生じているのかもしれない

と考える余地を常に残しておく必要があります。
もし自分が何かに囚われて一歩を踏み出せないと感じたら、あるいは周囲との衝突を感じたら、とにかく自分とは異なる立場の人に意見を求めるのも手。異性や自分とは異なる世代(子ども、親、祖父母、上司や部下など)、別の部署の人、同業の異なる部門で働く人、異業種の人など、自分とは違う立場で社会を生きている人は数多くいるでしょう。そうした人々の視点が、あなたの持つ何らかのバイアスを打ち破ってくれるかもしれません。

思考やアイデアは時代とともに変わるもの

thinkstock (13336)

「普遍の真理」や「哲学」という言葉で、時を経ても場所が異なっても変わらない何かを求める人々もいます。しかし、実際に生きている中で変わらないものというのは、そうそうお目にかかれません。世の中の価値観は変わるし、もてはやされる対象も変わる。一度廃れても、またどこかで復活することだってあります。たとえば、男女の生き方や平等についての問題提起がなされたのは、性と役割に関する価値観の変化があったから。じっと座って教師の言う事に従って学習する方法よりも、様々な体験を通して主体的に学習する方法を重視するようになるのも1つの社会の変化ですし、日本における仕事・労働における「働き方改革」も近い将来における変化の要請です。
こうした様々な変化に対して身構えてしまったり、最初から相手にしないという態度をとるなら、そこには何らかのバイアスがあるかもしれません。アインシュテルング効果を乗り越え、新しい見方、アイデア、もっと効率的な解決方法を探るなら、そうしたバイアスは障害になり得ます。

「自分と反対の意見に出会ったらチャンスと考える」といった見方を無理にする必要はありませんが、少なくとも「自分が見落としていることがあるのではないか」と気づくきっかけとして、そうした意見やデータを有効に活用していきたいところです。

Anshi

より充実した素敵な生き方に——一過性のブームに流されない「選ぶ生き方」を掲げ、世の中に氾濫する雑多な情報から本当に役立つものをご紹介しています。
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?
7月開戦と噂さされる日米貿易戦争の真実

7月開戦と噂さされる日米貿易戦争の真実

FFR(日米首脳会談で合意した新しい通商の対話の枠組み)が7月末の開催で調整が始まりました。あまり聞き慣れない協議の通称である「FFR」。今年の経済見通し、株式市場にもしかしたら一番大きなインパクトを与える可能性があるこのFFRに注目してみたいと思います。FはFree(自由)、FはFair(公正)、RはReciprocal(相互的)の頭文字です。日本としては、日米2国間のFTA(自由貿易協定)の締結を避けたいところですが、米国は2国間協定を推し進めてくることでしょう。
高齢化社会を幸せに生き抜くヒントは「ライフ シフト」にあり!

高齢化社会を幸せに生き抜くヒントは「ライフ シフト」にあり!

本のタイトルは『LIFE SHIFT~100年時代の人生戦略~』です。全世界で大ヒットし、日本でも2013年ビジネス書大賞を受賞した『WORK SHIFT』の著者、リンダ・グラットン氏の新著という触れ込みで、こちらもベストセラーに。そのテーマは「日本人は、人生100年時代をどう生きるべきか?」というものです。
イタリアの成人男性は71%親と同居している!マザコンを助長する強い母性とは

イタリアの成人男性は71%親と同居している!マザコンを助長する強い母性とは

イタリア男といえば、典型的な女たらしであると同時にマザコンとしても世界的に有名です。お料理が上手でふっくらとした体型のイタリアンマンマ像と、そのマンマに頭が上がらないイタリア男、という構図は定番化しています。 実際の親子関係とは、どんなものなのでしょうか。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座