2019年2月1日 更新

〈高木琢也|OCEAN TOKYO代表〉インタビュー/聞いて学ぶ。

原宿1番の人気美容師が、ついに独立。サロン激戦区の原宿で、経営者として成功するために必要だったのは、「髪を切る」だけの才能だけではなかった。 今、若者に「兄貴」と慕われる存在となった、カリスマサロンOCEANTOKYO代表の高木琢也さんに迫るインタビュー第2回。

2019.2.1
STAGE編集部:美容師から、美容師兼「経営者」になってどうでしたか?
高木:やってみて、やっぱり大変だな、と。仕事している時間が圧倒的に長いです。美容師は営業中だけが仕事だけど、経営者は朝打ち合わせして、店で営業して、夜ミーティングして、関係ない飲み会に顔を出して。日本人好きじゃないですか、忘年会とか。「いります?それ」と思ってました。でも、魅力あるアーティストや、その職業でご飯を食べている特化した人たちと話している内に「その企画おもろいよね。じゃ、このメンバーでやっちゃおうか」という展開になったりします。他社だし、全然違う職業だけど、アイディアを出し合ったり、悩んでいることを相談して「自分だったらこうする」という意見が聞けるようになってきました。だから無駄じゃない。けど、長い(笑)。家に帰ると2時、3時。でも自分の時間は欲しいから、1時間半くらいドラマか音楽か聞いて…ソファーで気絶しちゃっているときは多いですね。
結局、経営者の場合は休みの日でも、どこの店舗の売り上げとか、どこどこの店舗の誰々とか、次のアイディアは何にしようとか、24時間寝ている時間以外はずっと営業中なんです。それをみんなにやらせたいとは思わないです。独立したかったらしていいけど、数年経って「うわ、残っていればよかった、あそこに」って後悔させたくない。独立が全てではないしね。今、店舗を任せている子は独立したいとかだんだんなってくるかもしれないけど、その時はその子の判断に任せようと思っています。
今後的には、独立して失敗しちゃったな、という人も必要だな、とも思います。そんなに簡単なものじゃないから。だから、「誰かいけよ」と言っています(笑)。誰かが失敗例をつくってくれないと、みんな学べないですから。厳しいけどね。
STAGE編集部:高木さん自身は、「3年やってだめだったら諦めよう」と立ち上げました。
高木:美容師と、美容室経営はまたちょっと違うから。僕らは、経営なんて勉強していないんです。髪の毛切ることしかやっていないのに、社員を養っていかないといけない、お店にも投資しないといけない、見たこともない、未だに100万円の束なんて見たことないけど、本当にあるのか?っていう架空のお金を借りて銀行に入れて、それを会社に投資して。
高木:経営を学ぶ人は大学も行って、何年も働いてから、自分の会社を経営して、となるわけじゃないですか。僕たちはその間ずっと髪切っていただけ。とはいえラーメン屋の人も、僕の母も社員2名だけど美容室の経営できていたし、できるだろう、と思っていた部分はありますけど。
できなくはないけど、暗いお店は嫌だなと思っていたから、3年やって結果を出せないんだったら、自分の中で見切りをつけたほうがいいな、とは思っていました。
どうせやるなら「徹底的にやる」。その覚悟を持てるかどうか。だらだらなんとなくやるのが一番意味ない。
STAGE編集部:経営はどこで学びましたか?
高木:相方のトメ吉はすごい本読んでますね。僕は、外の経営者と話すことが多いので、聞きます。本とか、映画もそうだけど、「どうだった?簡単にあらすじ言ってみて」と言ったら、2時間半の映画が10分もかからないでしょう? それと同じで、その人が勉強してきた何時間もの結果として、「ぶっちゃけどれがいいんですか?」と聞いたら、返ってくるじゃないですか。「困ったのでこれどうしたらいいですかね」と言ったら、それも返ってくるじゃないですか。だから、「勉強いらなくない?」大事なのは結果だもん、と。僕は聞きながら学ぶタイプです。ただズボラなんです。勉強はいりますよね(笑)。
高木:簡単な話、僕は、いっぱい稼いで、スタッフにもいっぱいお金払って、国にもいっぱい払う。それでも余っちゃうんだけど、これどうする?となったら、1番いいじゃん、という考え方です。それをやっている内に、ここはこうしたほうがよかったね、というところでちょっとずつ学んでいくならいいけど、はなっからグレーゾーンなことを学んでも仕方ない。まず経営よりも目の前のお客様をどう幸せにするかを考えるべき。
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?
〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

2003年、地元への愛と自虐を込めた歌『佐賀県』でブレイク。近年は柔道に奮闘する3兄弟を育てる姿もお茶の間で人気の芸人はなわさん。さらに妻の誕生日に贈った歌『お義父さん』をライブで披露した映像は感動を呼び、公開からわずか20日間で100万回再生を突破。ベストファーザー賞も受賞しました。世間の注目を集め、惹きつける「はなわ家族」を育んだ独特な子育て術とは?
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部