2018年8月1日 更新

ホリエモンが語る未来経済圏…まだ日銀発行通貨〔現金〕だけで生活してるの?

堀江貴文氏には本のみならず動画チャンネル、メルマガ、オンラインサロン、SNSと多くの発信媒体があります。今回、最新書「これからを稼ごう」を取り上げます。ITや金融の専門用語が頻出し、注釈が付いています。その文体の向こうに、勉強家で検証を怠らない堀江氏の素顔が見えてきます。

gettyimages (18291)

2018.7.24

円(日銀発行の通貨)だけで生活するなんて、心許ない!

gettyimages (18303)

円が口座になくなってきたら、次はトークンで暮らせばよい。
このように、円だけに縛られずいろんな経済圏を選択できる時代がくると語る堀江氏。
トークンもすでに発行済だそうで、「HORIEMONCARD」はトレーディングカード感覚で売り買いの値幅を楽しむために、「HIE」はオンラインサロンでトークンエコノミーを実験するために発行されました。
「お金にならないけど価値があるものってたくさん存在するよね?」
佐藤航陽氏の「お金2.0」の一文を抜粋しながら、堀江氏はトークンによる評価経済が資本主義の限界を打破する可能性を示唆しています。
ちょうど今、若者の「いいね!」が経済効果を生んでいるように、評価や価値が指標となって富が集まる経済圏ができるからです。
堀江氏は既にライブドア時代に、ポイントやトークンを発行して円以外で取引可能な経済圏の構築を目指していたのも驚きました。
今特に海外で、仮想通貨やトークンで新たな経済圏が誕生し盛り上がっていますが、堀江氏は「僕がライブドア時代に言った通り」と、何ら驚きを感じないといいます。
その後の逮捕・収監によってこの構想は消滅してしまいますが、堀江氏は個人が経済圏を選べる社会の到来をとっくに見据えていたのです。

絶対に企業買収されない資金調達・ICO(新規仮想通貨公開 )

gettyimages (18308)

株式上場の初売り・IPO(新規上場株式)に対して、仮想通貨の初売りはICO(新規仮想通貨公開)と呼びます。
これまで巨額の資金調達への一番の近道はIPOでした。しかし、株を売ることは企業の一部を投資家に売ることでもあり、経営陣は株主総会で大株主から後退させられる可能性も孕んでいました。
しかしICOはトークンや仮想通貨を発行して資金調達を行うだけで、議決権は与えません。プロジェクトが買収されるリスクを孕まないのです。これは経営者にとっては魅力ではないでしょうか。
資金力にものをいわせるITジャイアントは、これまで買収で拡大してきました。
GoogleがYouTubeを買収
AmazonがWhole Foodsを買収
Facebookが WhatsApp、Instagramを買収
MicrosoftがSkypeやLinkedIn、GitHubを買収
堀江氏はICOによる巨額資金調達の例として、ロシアの暗号メッセンジャーアプリ「テレグラム」を取り上げています。暗号技術の完成度が高くISのテロリストも利用していると囁かれたテレグラムのICOは、AppleやGoogleクラスの数千億円もの調達金額になるとの評判で、これには堀江氏も驚愕したそうです。結局テレグラムの調達金額はプライベートセールだけで1800億円以上でしたが、それ以上にすごいのは大企業がこの企業を買収する術がない点だそうです。
Facebookといえども、ICOで資金調達を行った企業に対しては、WhatsApp、Instagramのようには買収できないというのです。
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

オリパラ登用の「分身ロボット」にみる人間とロボットの未来

オリパラ登用の「分身ロボット」にみる人間とロボットの未来

日本の最新AIロボットは知能に加えて生活をサポートできる「体」を持ったものが増えています。2019年に実証実験が始まったAIロボットや東京オリパラで活躍予定のロボット、重度障がい者の働きがいにつながる「分身ロボットカフェ」に注目が集まっています。
堀江貴文×西野亮廣の痛烈アドバイス!「バカと付き合うな」

堀江貴文×西野亮廣の痛烈アドバイス!「バカと付き合うな」

実業家・堀江貴文氏と芸人・西野亮廣氏の共著『バカと付き合うな』。2人とも日頃からいろんな発言が議論を呼び、もはや日本の炎上ツートップなのでは? と個人的に思っているのですが、彼らの炎上発言の特徴は「必ず賛否両論になる」こと。突飛なことを言い過ぎても興味を持たれないし、ただ悪口を言ったのでは叩かれるだけ。その炎上商法はいずれ通用しなくなるでしょう。
廃校スペースが起業オフィスに生まれ変わる!メリットや事例は?

廃校スペースが起業オフィスに生まれ変わる!メリットや事例は?

全国でいま年間約500校のペースで「廃校」が生まれています。それを利用し、起業家やスタートアップ企業にシェアオフィスを格安で貸す施設が増えています。その最大のメリットは月々1万円台から安く借りられ、起業の初期費用を抑えられることでしょう。
「いつかは住みたい」ブータンでの生活費

「いつかは住みたい」ブータンでの生活費

ブータンは、北は中国・南はインドに挟まれる南アジアの国家で、「世界一幸福度が高い国」とも言われています。独特の仏教文化を色濃く残しており、他の国にはない魅力で溢れています。
未来創造 「自分がどうなりたいか」のイメージを明確にする

未来創造 「自分がどうなりたいか」のイメージを明確にする

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部