2019年3月19日 更新

「いつかは住みたい」クロアチアでの生活費

近年、日本でも人気急上昇の旅先となっているのがクロアチアです。アドリア海に面するバルカン半島に位置しており、その美しい自然と中世の街並みが調和した景観は、ヨーロッパ随一とも。特にドブロブニクは“アドリア海の真珠”とも称され、映画「紅の豚」のモデルになった街としても有名です。

gettyimages (33833)

2019.3.19
「プリトヴィツェ湖群国立公園」は“世界一美しい滝”がある場所としても知られており、小さな国ながらこのような世界遺産が数多く存在していることも、魅力を物語っています。
そんなクロアチアに憧れて、いつか暮らしてみたいと思った人のために、実際に生活する際に掛かる生活費などを紹介します。1カ月あたりどのくらいのお金が必要なのか?日本の暮らしとどんな点が異なるのか? 今後の人生設計の参考にしてみて下さい。
(※ 記事では、1クーナ(HRK)=16円として計算しています)
(※ 2019年3月時のレート)

クロアチアの家賃相場は?

gettyimages (33893)

国内でオススメの居住先としては、北西部の首都・ザグレブや、南部の観光地・ドブロブニクなどが挙げられます。
家賃を賃貸アパートで見ると、1部屋タイプの場合、ザグレブは3,000クーナ(約4万8,000円)程度で、ドブロブニクは3,500クーナ(約5万6,000円)程度が相場です。広いファミリータイプの場合、ザグレブは5,000クーナ(約8万円)程度ですが、ドブロブニクでは8,000クーナ(約12万8,000円)近い物件もあります。ドブロブニクの方が若干高いですが、観光地のため旅行者用に貸し出されるアパートが多く、長期で暮らす人向けの物件が少ないことが、一因と見られます。
また、クロアチアの気候は、内陸の大陸性気候と、海沿岸の地中海性気候の2つに大きく分けられます。どちらも晴天続きで湿度が低く快適な気候ですが、やはり真夏はクーラーが必須となります。一方で冬場は、ザグレブのような内陸の都市では平均気温は5度を下回ります。光熱費に関しては、暖房を多く使う分、ザグレブの方が若干高くつくと言えるでしょう。

果物・野菜などは安い

gettyimages (33902)

食料品に関してですが、特に果物や野菜は、日本よりも安く手に入るものが多いです。街の青空市場では、毎朝たくさんの新鮮な食材が売られています。
例えば…トマトは1kg・10クーナ(約160円)、ジャガイモは1kg・6クーナ(約96円)、リンゴは1kg・10クーナ(約160円)程度が相場。他にも、オリーブオイル、ハーブ、生ハム、チーズなども手頃な価格で買うことができます。
一方で、レストランでの外食費は、他のヨーロッパ諸国や日本と同程度の価格帯です。ザグレブには良心的な価格の店もありますが、それに比べてドブロブニクは全体的に高い店が多いです。人気観光地だけあって、一般的なお店でも1食・1,000円以上はすると考えておいて下さい。ハイシーズンとなる7〜8月ごろになると値上げするレストランも珍しくありません。
26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「いつかは住みたい」ストックホルムの生活費

「いつかは住みたい」ストックホルムの生活費

スウェーデンは、ノルウェーとフィンランドの中間に位置する北欧の国です。スタイリッシュな雑貨や衣類などでも知られており、「IKEA」や「H&M」などもスウェーデン発祥のブランドです。
「いつかは住みたい」セブ島での生活費

「いつかは住みたい」セブ島での生活費

白い砂浜に広がるエメラルドグリーンの海…セブ島は、世界中から観光客が集まる有数のリゾート地として知られています。マリンスポーツを楽しめるビーチやフォトジェニックなスポットが多いこともあって、近年はハネムーンの旅行先として日本でも人気を博しています。
「いつかは住みたい」ミラノでの生活費

「いつかは住みたい」ミラノでの生活費

ファッションの中心地、ミラノ。ミラノコレクションの開催地であり、中心街には一流ブランドの本店や旗艦店がずらり。洗練されたショーウィンドウを見ているだけでも気分がアガります。
カナダ ワーキングホリデー体験談 救急歯科で仕事してみた

カナダ ワーキングホリデー体験談 救急歯科で仕事してみた

ワーキングホリデーでイギリス、オーストラリアに並び大人気のカナダ。その理由は、「安全」「親日」「移民大国のため英語が苦手でも何とかなる」などが挙げられます。新たな体験を求め、カナダでのワーキングホリデーを選んだ理由や、一味違ったワーキングホリデー経験までご紹介します。
「いつかは住みたい」モスクワでの生活費

「いつかは住みたい」モスクワでの生活費

日本の約45倍の面積を誇る、世界で最も大きな国・ロシア。広さや気候などに関する知名度はもちろん、近年では盛り上がりを見せるフィギュアスケートの話題でも耳にすることが多いのではないでしょうか。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部