2018年9月26日 更新

幕末の英傑・井伊直弼には報われない「世捨て人」時代があった

幕末の混乱期に、幕府大老として開国を断行し「安政の大獄」で大粛清した井伊直弼ですが、その前半生の大半が、実は「世捨て人」の身であったことは余り知られていません。その生き様から何を学んでいったのか、その軌跡を辿ってみましょう。

gettyimages (21979)

世捨て人・井伊直弼の生き様を検証する

江戸幕府大老であった井伊直弼は幕末の混乱期を取り仕切った英傑ですが、その活動を支えたのが世捨て人として過ごしたその前半生で培った「自己修養(学問を修め精神を磨き、人格を高める)」の賜であったと言えます。

(1)井伊直弼の出自 ― 用済み人間だった十四男坊

井伊直弼は、文化一二年(1815年)に十一代彦根藩主・井伊直中の十四男として彦根城に生まれました。出自としては庶子(側室の子)であり世継ぎとなる可能性がある兄弟も多く、万が一の安全牌(藩主の後継者)としての稀少性は低いものでした。
不幸なことに井伊直弼が出生した時点で、藩主の家督は兄・直亮が相続していて、その人間的存在価値(安全牌)はほとんど霧消し、単なる用済み人間となっていました。

(2)井伊直弼の不遇時代 ―「埋木舎(うもれぎのや)」の日々

天保二年(1831年)父・直中の逝去に伴い、井伊直弼は彦根藩の「庶子養育制度」に従い、藩から米三百俵の「捨て扶持(役に立たない者に与える扶持米)」を与えられ、尾末町の藩御用屋敷に居を定めました。他家や家臣の養子にも行かない庶子はわずかな「捨て扶持」を与えられ質素な一生を送るしかありませんでした。
このような井伊直弼にも不遇の身から抜け出すチャンスがありました。天保五年(1834年)藩主・直亮のはからいで、井伊直弼は弟・直恭とともに他家の大名の養子候補として江戸に向かいました。
しかし、この幸運をつかんだのは弟・直恭でした。直恭は日向延岡藩主・内藤政順(まさより)の養子となり家督を継いで一躍七万石の城主となりました。
井伊直弼は他の養子縁組口を期待していましたが思い叶わず、失意のうちに江戸藩邸で一年間虚しく過ごした後、彦根に戻りました。

苦節32年に耐えた井伊直弼

尾末町の藩御用屋敷に戻った井伊直弼は、心境を歌で詠み、その陋屋(ろうおく)を「埋木舎(うもれぎのや)」と名付けました。
「世の中を よそに見つつも うもれ木の 埋もれておらむ 心なき身は(意訳:世捨て人のような身の上であるが、このまま埋もれていないなどと言わず、自然体で生きていきたいものだ)」

(1)心折れることなく4時間睡眠で武芸・学問に励んだ井伊直弼

39 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

〈龜石太夏匡〉お金とは、道具になって欲しい。

〈龜石太夏匡〉お金とは、道具になって欲しい。

社会的事業を多く手がけるリバースプロジェクトは、株式会社として利潤も追求します。そこに存在するジレンマとは? そして、同社代表である龜石太夏匡氏の波乱万丈な人生から導き出した「お金」とは?を問います。価値観が揺さぶられるインタビュー後半。
〈DaiGo〉 お金とは、自由と交換するための引換券。

〈DaiGo〉 お金とは、自由と交換するための引換券。

動画サイトやブログで圧倒的なフォロワーを集め、書店では山積みにされた著書が 次々に売れていく── 若くして多くの人が 知る存在となったDaiGoさん。しかし、その生業を正確に知る人は多くないのではないでしょうか。
キャリアアップか?チェンジか?「チェンジ」して「アップ」した渋沢栄一

キャリアアップか?チェンジか?「チェンジ」して「アップ」した渋沢栄一

「キャリアアップ」「キャリアチェンジ」の違いがわかりますか? 専門性を磨くキャリアアップと比べると、専門性をご破算にして一から出直すキャリアチェンジは覚悟とエネルギーが必要ですが、幕末、明治の激動の時代、両方やってのけたのが渋沢栄一でした。
英会話勉強法:本気で上達したい人のための海外ドラマ・映画6選

英会話勉強法:本気で上達したい人のための海外ドラマ・映画6選

海外からの観光客や外国人労働者が増え、東京2020も控える日本。そろそろ本気で英会話を何とかしたいと考えていても、なかなかスクールでは上達しなかった人もいるかもしれません。そこで、自宅でできる海外ドラマや映画を用いた勉強法とレベル別おすすめ作品を紹介します。
日本人ノーベル賞受賞者が出た「電池」次世代電池の研究開発最前線は?

日本人ノーベル賞受賞者が出た「電池」次世代電池の研究開発最前線は?

11月11日は「電池の日」。10月9日、「リチウムイオン電池」開発の功績で吉野彰博士がノーベル化学賞を受賞しました。「全樹脂電池」「リチウム空気電池」「全固体電池」など次世代電池の開発競争もますます盛んで、最前線では日本人科学者も活躍しています。
経済 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座
お金と投資のセミナー情報(無料)

お金の教養講座

おすすめ

お金の教養講座

⼤⼈として知っておきたいお⾦の知識。
⼈⽣そのものを充実させるためのお⾦の基礎講座

月5万円で資産1億円を目指すゴイチセミナー

1億円を作った人が実践してきた「資産運用のルール」を真似しよう


ファイナンシャルアカデミー公式SNS