2018年11月4日 更新

混乱する仮想通貨の行方ーウォーレン・バフェット やビル・クリントンの影響は

行方の不安定な仮想通貨。ウォーレン・バフェットやビル・クリントンのような著名人の発言による影響や、10月11日には仮想通貨に関する上院委員会の公聴会も開かれ有識者が議論を交わし合うなど、益々注目されるアメリカでの仮想通貨の動向について探ります。

gettyimages (24043)

2018.11.4

ビル・クリントンの不安定な前向姿勢

10月2日、リップル社(決済システムソフトウェアー開発)が主催する、仮想通貨や決済システム関連の国際会議で、米元大統領ビル・クリントン氏が基調講演に登壇しました。
クリントン氏は自身が大統領時代にインターネット関連の規制を緩和したことで、ITを発展させた経験から仮想通貨の推進に一役買ったようです。リップル社側も、先見の明がある政治家として、基調講演を依頼したのでしょう。
gettyimages (24026)

クリントン氏はブロックチェーンや仮想通貨のテクノロジーは素晴らしく、それを無駄にしてしまうような規制は緩和すべきだ、という考えを述べました。

しかし、講演内容は本題とはあまり関係のない社会問題や自分の新書の紹介などでまとまりがなく、ブロックチェーンや仮想通貨がどのように銀行産業を変えていくのかなどに焦点を当ててはいないようだったと、アメリカの経済誌Forbesでは指摘しています。
正直なところクリントン氏は擁護派というよりも中立という立場なのではないでしょうか。今回の講演はリップル社にとっては効果があったようには思えません。翌日のリップル(XRP)の価格は上がるどころか下がってしまいました。

ウォーレン・バフェットは仮想通貨が大嫌い

天才投資家、ウォーレン・バフェット氏は仮想通貨について否定的で、仮想通貨は単なるギャンブルであって投資ではない、思わしくない結末となる、などとメディアインタビューで厳しく非難しているのは有名です。
元々、バフェット氏はIT関連には消極姿勢で、今回も自分自身は仮想通貨についてよく理解していない事を認めています。その為、理解していないのに否定するのはおかしいという仮想通貨擁護側からの反論も少なくありません。
gettyimages (24032)

ウォーレン・バフェット氏が、公の場でよく理解してもいない仮想通貨を否定する理由として、高いリターンをだしている仮想通貨を横目に、株式投資の地味なリターンに疑問を抱く株主達からのプレッシャーがある為、はったりを言ている、という意見もあります(IBT)。
確かに、バフェット氏は時代遅れな一面もあるかもしれませんが、約20年前のドットコム・バブルを予測したのはバフェット氏だという事を忘れてはいけないでしょう。

今後のカギとなる米政府の動向は

22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

<おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表・高橋晋平> 生まれながらの弱々しさが起業に役立った。

<おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表・高橋晋平> 生まれながらの弱々しさが起業に役立った。

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?
〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

2003年、地元への愛と自虐を込めた歌『佐賀県』でブレイク。近年は柔道に奮闘する3兄弟を育てる姿もお茶の間で人気の芸人はなわさん。さらに妻の誕生日に贈った歌『お義父さん』をライブで披露した映像は感動を呼び、公開からわずか20日間で100万回再生を突破。ベストファーザー賞も受賞しました。世間の注目を集め、惹きつける「はなわ家族」を育んだ独特な子育て術とは?
元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

K. ブリーン K. ブリーン