2018年11月4日 更新

混乱する仮想通貨の行方ーウォーレン・バフェット やビル・クリントンの影響は

行方の不安定な仮想通貨。ウォーレン・バフェットやビル・クリントンのような著名人の発言による影響や、10月11日には仮想通貨に関する上院委員会の公聴会も開かれ有識者が議論を交わし合うなど、益々注目されるアメリカでの仮想通貨の動向について探ります。

gettyimages (24043)

2018.11.4

ビル・クリントンの不安定な前向姿勢

10月2日、リップル社(決済システムソフトウェアー開発)が主催する、仮想通貨や決済システム関連の国際会議で、米元大統領ビル・クリントン氏が基調講演に登壇しました。
クリントン氏は自身が大統領時代にインターネット関連の規制を緩和したことで、ITを発展させた経験から仮想通貨の推進に一役買ったようです。リップル社側も、先見の明がある政治家として、基調講演を依頼したのでしょう。
gettyimages (24026)

クリントン氏はブロックチェーンや仮想通貨のテクノロジーは素晴らしく、それを無駄にしてしまうような規制は緩和すべきだ、という考えを述べました。

しかし、講演内容は本題とはあまり関係のない社会問題や自分の新書の紹介などでまとまりがなく、ブロックチェーンや仮想通貨がどのように銀行産業を変えていくのかなどに焦点を当ててはいないようだったと、アメリカの経済誌Forbesでは指摘しています。
正直なところクリントン氏は擁護派というよりも中立という立場なのではないでしょうか。今回の講演はリップル社にとっては効果があったようには思えません。翌日のリップル(XRP)の価格は上がるどころか下がってしまいました。

ウォーレン・バフェットは仮想通貨が大嫌い

天才投資家、ウォーレン・バフェット氏は仮想通貨について否定的で、仮想通貨は単なるギャンブルであって投資ではない、思わしくない結末となる、などとメディアインタビューで厳しく非難しているのは有名です。
元々、バフェット氏はIT関連には消極姿勢で、今回も自分自身は仮想通貨についてよく理解していない事を認めています。その為、理解していないのに否定するのはおかしいという仮想通貨擁護側からの反論も少なくありません。
gettyimages (24032)

ウォーレン・バフェット氏が、公の場でよく理解してもいない仮想通貨を否定する理由として、高いリターンをだしている仮想通貨を横目に、株式投資の地味なリターンに疑問を抱く株主達からのプレッシャーがある為、はったりを言ている、という意見もあります(IBT)。
確かに、バフェット氏は時代遅れな一面もあるかもしれませんが、約20年前のドットコム・バブルを予測したのはバフェット氏だという事を忘れてはいけないでしょう。

今後のカギとなる米政府の動向は

22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

金融界で注目!SDGsのための「ポジティブ・インパクト・ファイナンス」とは

金融界で注目!SDGsのための「ポジティブ・インパクト・ファイナンス」とは

「ポジティブ・インパクト・ファイナンス」は国連の「SDGs(持続可能な開発目標)」を達成するための投融資で、第1号は日本で行われました。金融企業もファイナンスを受ける企業もイメージアップし、中・長期的な企業価値の向上につながるといわれています。
経済 |
この秋のマーケットにおけるリスクの芽

この秋のマーケットにおけるリスクの芽

多くの投資家はとても直感的な判断を行うことがあります。株価が連騰していると異常に強気になり、一方で連日の下げを受ければただただ意気消沈するばかり。そうならないためにも日頃から今はさほど大きく取り上げられていないけれどいずれマーケットで話題の中心になるようなマーケットの芽を事前に把握しておく習慣を身に付けていれば不足の事態でもしっかりとした判断ができます。
なぜキャッシュレス化を進めるのか。日本の狙いとは

なぜキャッシュレス化を進めるのか。日本の狙いとは

日本では政府主導でキャッシュレス化を推進しています。なぜそこまでキャッシュレスを普及させる必要があるのでしょうか。
経済 |
日EUのEPAで“高級天然塩”の輸出入が活発化?食文化の交流に期待

日EUのEPAで“高級天然塩”の輸出入が活発化?食文化の交流に期待

今年2月、日本とEUの間のEPA協定が発効しました。ワインが安くなりましたが「天然塩」の関税も撤廃されました。岩塩、海水塩など欧州産高級天然塩の輸入が増えそうですが、海外で日本食が定着しているので、日本産の天然塩にも輸出拡大のチャンスです。
経済 |
米国ハイテク株の動向に注目

米国ハイテク株の動向に注目

サマーバケーションに入り世界の株価と為替相場が乱高下を繰り返しています。乱高下を繰り返しながら徐々に株安、ドル安に水準を切り下げる中、未だ強気派と弱気派の数は拮抗しているようにみえます。私達はどのように考えるべきなのでしょうか。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

K. ブリーン K. ブリーン