2018年11月4日 更新

混乱する仮想通貨の行方ーウォーレン・バフェット やビル・クリントンの影響は

行方の不安定な仮想通貨。ウォーレン・バフェットやビル・クリントンのような著名人の発言による影響や、10月11日には仮想通貨に関する上院委員会の公聴会も開かれ有識者が議論を交わし合うなど、益々注目されるアメリカでの仮想通貨の動向について探ります。

gettyimages (24043)

2018.11.4

ビル・クリントンの不安定な前向姿勢

10月2日、リップル社(決済システムソフトウェアー開発)が主催する、仮想通貨や決済システム関連の国際会議で、米元大統領ビル・クリントン氏が基調講演に登壇しました。
クリントン氏は自身が大統領時代にインターネット関連の規制を緩和したことで、ITを発展させた経験から仮想通貨の推進に一役買ったようです。リップル社側も、先見の明がある政治家として、基調講演を依頼したのでしょう。
gettyimages (24026)

クリントン氏はブロックチェーンや仮想通貨のテクノロジーは素晴らしく、それを無駄にしてしまうような規制は緩和すべきだ、という考えを述べました。

しかし、講演内容は本題とはあまり関係のない社会問題や自分の新書の紹介などでまとまりがなく、ブロックチェーンや仮想通貨がどのように銀行産業を変えていくのかなどに焦点を当ててはいないようだったと、アメリカの経済誌Forbesでは指摘しています。
正直なところクリントン氏は擁護派というよりも中立という立場なのではないでしょうか。今回の講演はリップル社にとっては効果があったようには思えません。翌日のリップル(XRP)の価格は上がるどころか下がってしまいました。

ウォーレン・バフェットは仮想通貨が大嫌い

天才投資家、ウォーレン・バフェット氏は仮想通貨について否定的で、仮想通貨は単なるギャンブルであって投資ではない、思わしくない結末となる、などとメディアインタビューで厳しく非難しているのは有名です。
元々、バフェット氏はIT関連には消極姿勢で、今回も自分自身は仮想通貨についてよく理解していない事を認めています。その為、理解していないのに否定するのはおかしいという仮想通貨擁護側からの反論も少なくありません。
gettyimages (24032)

ウォーレン・バフェット氏が、公の場でよく理解してもいない仮想通貨を否定する理由として、高いリターンをだしている仮想通貨を横目に、株式投資の地味なリターンに疑問を抱く株主達からのプレッシャーがある為、はったりを言ている、という意見もあります(IBT)。
確かに、バフェット氏は時代遅れな一面もあるかもしれませんが、約20年前のドットコム・バブルを予測したのはバフェット氏だという事を忘れてはいけないでしょう。

今後のカギとなる米政府の動向は

22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

今こそ投資家がすべき単純なこと

今こそ投資家がすべき単純なこと

3月4日〜8日の米国ダウ工業平均、S&P500、ナスダックの3指数が1週間で2%を超える下落となり昨年末から継続してきた楽観ムードが一転しました。久しぶりに投資家心理が冷え込んだかなぁと思いましたが、11日〜15日の1週間で前週の下げ幅を上回る上昇し悲観ムードは一転。ボーイング問題など悪材料をよそに年初来高値を更新し市場には再び楽観ムードに戻りました。このような楽観相場で改めて意識したい極上の名言をご紹介したいと思います。
世界経済の大きな流れを俯瞰する(後編)

世界経済の大きな流れを俯瞰する(後編)

さらに世界経済の先行きを不透明にしているのは、米国が金融引き締め路線の修正を明確にしたということです。2019年に入ってFRBは利上げの停止と保有資産縮小の計画見直しを表明し、利上げに関しては早ければ2019年のうちに終了するかもしれません。FRBは十分な緩和余地をつくるため、政策金利の3.5%までの引き上げを目指していましたが、足元では2.25~2.50%にとどまっています。
NTTが米スマートシティ化で高評価の理由 Googleは難航

NTTが米スマートシティ化で高評価の理由 Googleは難航

「スマートシティ」への取り組みが遅れ気味だった日本ですが、昨年はNTTが米ラスベガス市のスマートシティ化に技術を商用提供することが決まるなど、日本企業の取り組みが目立つようになりました。一方、注目のGoogleトロントスマートシティ計画は難航しているようです。その理由とNTTが評価された理由に迫ります。
経済 |
成功したIT起業家の親子関係(ザッカーバーク・孫正義・堀江貴文)

成功したIT起業家の親子関係(ザッカーバーク・孫正義・堀江貴文)

親になったら、子どもにたくさん愛情を注いで才能を開花させたい。すべての親がそう思うでしょうが、現実にはそう上手くはいきません。「毒親離れ」「育てなおし」など、まず自分の生い立ちの穴埋めが必要な場合も。天才的なIT起業家達の親子関係はどうだったのか調べてみました。
アマゾン社ニューヨーク進出断念 地元民・政治家の反対理由は?

アマゾン社ニューヨーク進出断念 地元民・政治家の反対理由は?

なぜ、米アマゾン社は第2本社にニューヨークを選び、そして、3カ月後その計画を撤回することになったのか。資本主義の象徴、米アマゾン対ニューヨーク労働者階級層の戦いは、アメリカの政治、経済、社会問題、それぞれの現状の縮図として全米で注目の的となりました。
経済 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

K. ブリーン K. ブリーン